最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2014年6月8日日曜日

美保基地航空祭2014

朝6時半、友人M氏と連れ立ってホテルを出立。7時前には美保基地ボイラー門に到着です。しかし天候は小雨。強い降りではありませんが肌寒いような空模様。開門待ちの行列に並んで待機。ゲートが開くのは8時ごろかなと思っていましたが、ほぼ予想通り。8時10分より少し前に入場です。屋台で昼飯の弁当を仕入れて(島根牛の味噌味弁当でした)エプロンへ。流石にブルーの前は人だかりが多くて入り込む隙間なし。しかし離着陸を狙う以外は最前列はそれほど美味しくないと思うんですが。展示機が邪魔して撮れる角度も狭いし。

レッドクラブとファンシードリルの展示が行われるであろうエリアはまだそれほどの人垣なし。カバンと人の雨対策をしてここに陣取りましょうか。

ここで無情のアナウンス。T-400もC-1もYS-11も飛びません、と。去年の美保は雨でも飛んでくれましたが、あの日は降ってても視程は悪くなかったですからねえ。今日は雲も低いし山並が見えない程度の視界ですからやむなしか。

オープニングセレモニーは予定通り実施。今年は一日基地司令は任命なしですか、残念。航空学生の栄誉礼はきっちり決まって格好良いです。

天候の回復傾向も見られないまま、レッドクラブの展示もF-15の展示も中止が告げられます。お天道さまには勝てませぬ。そうなると午前中の動的展示はファンシードリルのみ。第69期航空学生さんの、雨をものともしないドリル展示を見せていただきましょう。先週の防府に引き続き、であります。
動画。


ぶらぶらと地上展示機を。海自P-3のコクピットに某クマさんのぬいぐるみが鎮座ましましているのはおなじみですが、今回は空自T-400や海保の機体にまでぬいぐるみが。流行ですかそうですか。個人的にはいつぞやF-2の後席に座っていたR2-D2が一番好きでした。

CH-47もUH-60も飛ばないようですが、海保救難のみ独り気を吐いて飛行展示を実施。ラペリングでの救難展示後、低空を我が物顔に飛び回ってました。しかしうっかり、気を抜いていたら最後のハイスピードローパスを撮り逃してしまいました。着陸まで油断しちゃ駄目ですね。
動画。


さて、ここでブルーインパルスのフライトについてアナウンスが。予定通りやるよ!とのこと。ただし天候次第で可否判断はあり。雨が上がって視程も回復しては来ましたが、それでもブルーのフライトが出来るかどうかは微妙なところ。素人目にも、4区分が出来れば御の字か。

さて予定時刻になってウォークダウン開始の模様。ってあれ、音楽がいつもと違う? テーマ曲変わったですか?

全機準備を整えて滑走路へ移動。ここで通常なら4機の編隊離陸か、個機出離陸後空中集合を見せてくれるのですが。昨年同様、5番機の単独離陸。天候偵察開始です。こうなるとあんまり期待できないんですが案の定。5番機が2回パスを見せてくれて、フライトは中止となりました。無理するより、ここは安全性を重視した判断と言う事でしょう。
動画。


と言う事で荷物をまとめて撤収。1340には車に戻って移動開始。美保からですと比較的近いので(それでも3時間かかりますが)、まあ楽と言えば楽な方です。翌日から再度2週間の南京出張が控えているのですが、静浜とか浜松だとこのスケジュールは辛いですもの。

2014年6月7日土曜日

美保基地航空祭2014 前日予行

5時過ぎに広島を出て8時過ぎに現地到着。米子空港でトイレを借りて売店でペットボトルの飲料を調達。滑走路の見える辺りに展開します。前日までのNOTAMでは、午前中にブルーインパルスの予行、昼過ぎに地元機の飛行が予告されていました。が、この時点でNOTAMが消えているとの情報が? どうらや地元機のフライトと時間帯が入れ替わったようです。取り敢えず一安心。

某T氏も近傍に展開中の模様。先週防府でお会いしたI氏も出陣しておられるとのことで、こちらは合流することに。I氏のご友人共々お会いすることが出来ました。

T-400、C-1、そしてYS-11。順次離陸と着陸。どうやら航空祭に備えての飛行と言うより通常の訓練だったのか。特に基地上空でのフライトではありませんでした。
離陸写真。




動画。

その頃には小雨もぱらぱらと落ちてきたので一時撤収。I氏とご友人は車の方に、私は小腹も空いたので空港で食事でもすべえかとそれぞれ移動。

空港2Fの食堂街でさてどちらのお店にしようかと思案していると何だか背負ったカバンが重いぞおいなんだこれはこなき爺か。いや、某T氏でありました。ではお昼を一緒にと言うことで、氏は海鮮丼、私はハーブチキンカツ何ぞを。今後の予定とか諸々お話を伺いつつのランチミーティング。しかしこのお店、空港レストランとしては美味しくてリーズナブル。

食事を済ませて、展望デッキを覗いてみます。なんだかパイプ椅子が幾つか出てますね。空港側の配慮? ほとんど荷物で支配権を主張されたり、おそらく午後のフライトまで待機してたるする人で埋まっていましたが。前回私もここから予行を見ましたが、フェンスが邪魔であんまりよく見えないのが難点です。

正午頃到着便で友人M氏が来るので私は到着デッキへ。某T氏とはここでお別れ(またすぐに会うんでしょうけれど)。スカイマークのフライトは少し遅れると掲示されていましたが、実際にはほぼ定刻に着陸したようです。預けた荷物を受け取ってM氏無事到着。

午後からのブルーに備えててくてく移動。ランウェイ東側エンド付近で某T氏と遭遇しましたが、もうちょっとずれたところへ。しかし午前は曇ってましたが天候ほぼ回復。日が射して青空が一部に見えます。

ここからだとおそらくC−2用と思われる格納庫が見えます。

時間になって、滑走路の向こうで上がるのは白いスモーク。ここからだと機体は見えませんが、ブルーの準備が整ったようです。そして4機の離陸で予行スタート。快晴とは行かない空の元、4区分なのかな。サクラはなかったけれど、奇麗なブルーインパルスの展示飛行を堪能できました。
写真。
ダイヤモンドテイクオフ。
5番機、ローアングルテイクオフの後にがっつり急上昇。
6番機、ダーティ形態のままロール。
4機のファンブレイク。
チェンジオーバーターン。

6番機、スローロールに入る直前。
レターエイト、4番機のブレイク。
集合。

レベルキューピッド。

オポジットトライアングル。
ボントンロール。
タッククロスでのハイレートクライム。
ローリングコンバットピッチ。
着陸。管制塔をバックに手を振ってくれています。


動画。

と言ったところで翌日の本番に備えて温泉に浸かってホテルにチェックイン。

2014年6月1日日曜日

航空自衛隊創設60周年記念 防府航空祭2014

昨日の南基地記念行事に続いて、防府北基地で開催される航空祭。今年からは基地内の駐車場がなくなって、車は潮彩市場横の臨時駐車場に停めてシャトルバスで。泊まったのが駅近くのホテルだったので、そこに置かせてもらって駅からのシャトルを使うつもりでいたのですが、ホテルで断られてしまいました。まあ潮彩市場まで数kmですのでたいした手間では無いのですが。

宿を7時前に出て7時過ぎには臨時駐車場に到着。ただし、バスが動き出すのは0740からだそうで。基地の開門が0800なのでそれに合わせてと言うことらしいです。それでも0730には乗車開始。乗り場を複数に分けて同時並行で乗り込ませるのは理に適ってますね。これなら効率が良い。0740に動き出して、ちょうど8時を過ぎた頃に基地に到着。良いタイミングでの運行です。

天気予報では今日は真夏日。ポカリスエットと水とお茶で1.8Lを用意。汗っかきで脱水を起こしやすいので要注意です。しかし黄砂の影響か空が白いですねえ。こんなに晴れてるのに青い空が恋しいなんて。

昼食を仕入れて空いているトイレで用を足したところで友人から電話。ドリル会場の真ん前で場所とってるよとの事。ありがたく便乗させてもらうことに。しばし待つ内に、0900オープニングセレモニー。基地司令の挨拶があって、オープニング飛行。
動画。T-7の3機編隊と、陸自からOH-6とUH-1が各1機。

そして地上では航空学生のファンシードリルが。昨年のように雨の中の演技も大変でしょうが、こんな暑い中で正装でのファンシードリルもさぞや。それでも乱れることのないドリルを披露してくれました。
動画。


続いてのフライトはT-7。先週の静浜では2機での機動飛行でしたが、ここ防府北では機動飛行を単機で見せます。旋回半径の小さな機体ですから、常に視界の中で動くこと動くこと。ゴーアラウンドでそのまま上昇するかと思ったら、滑走路上でかなり低いローパスを披露してくれました。
動画。


次いで、やはりオープニングフライトで航過したOH-6とUH-1が訓練展示。OH-6はちょっとした機動飛行、UH-1は放水消火展示です。あの水、こっちに降らしてくれーと言いたくなる暑さの中での水ぶちまけでした。
動画、OH-6。

UH-1。

航過飛行は空自の各種機体が。T-7は静浜に負けない大編隊。UH-60、T-400、C-1、T-4×4機、そしてもう一度T-7。
動画。

救難展示はUH-60。降下はリペリングではなくパラシュート降下です。静浜でもそうでしたが、U-125は姿を見せず。救難と言うとこのコンビだと言う印象があるのですが、UH-60単独でもその活動の一端を見せてくれる姿勢に変わりなし。
動画。


今日の空自F系唯一の登場、F-2です。海上迷彩のこの機体、好きだなあ。
動画。

次の展示飛行は、訓練飛行名目で4機のT-7による編隊飛行。
動画。


午前の展示はここまで。流石に陽射しがきついので格納庫に退避。用意されたブルーシートに上がってしばし休憩。ぼーっとしてるとtwitterでIさんから連絡が。昨年の福島でお会いして以来だったか知らん。顔を合わせてご挨拶。オープン2シーターで屋根を開けてここまで走ってきたと言うから剛毅です。

午後の展示は再度のファンシードリルからスタート。やはりきちんと決めてくれます。

そして、今日の目玉は活動復活なったPACAFのF-16。豪快に、水平系垂直系の科目を展開してくれます。昨年一年は米国予算削減の問題で活動停止であったけれど、やっぱり米空軍のデモは派手で良いなあ。
動画。

最後の展示飛行はやはりT-7。6機の航過飛行で締めくくりです。
動画。


全ての展示飛行が終わったところで撤収しようかな、と。歩いているところで場内アナウンス。

「T-5が帰投のため離陸します。」

小月のT-5、これは見逃す訳には行きません。小月の海自航空隊教官、何かやってくれるでしょう。と言う訳で翼フリフリのローパスを披露してくれました。
動画。


駐車場行きのバスは10分ほど並んで乗車、15時過ぎには移動開始。1530には自分の車に乗り込んでRTBとなりました。