最近の更新

最近の更新

2020/02/18 Singapore Airshow 2020 2日目 動画追加。 2020/02/18 Singapore Airshow 2020 初日 動画追加。 2020/02/15 Singapore Airshow 2020 2日目 記事掲載。 2...

2007年12月9日日曜日

航空自衛隊 那覇基地 エアーフェスタ


2007年最後の航空自衛隊行事に2年連続で参加。民間空港と共用で滑走路が一本しかなく、民間機の発着も頻繁なのでその合間を縫っての飛行展示です。飛行展示予定は以下の通り。

T-4
F-4
F-15または救難機
P-3
CH-47
F-4
ブルーインパルス
前述の理由で空域が立て込んでいるため展示飛行は水平航過が中心。F-4の前にちらっとCH-47が飛んだりF-15の後P-3が飛ばない代わりに救難ヘリ(UH-60)が飛んだり2度目のF-4は戦競塗装のまま編隊飛行だったりと、限られた条件下でも楽しませてくれました。個人的にはフルカラーのオジロワシ塗装の隊長機とロービジ塗装のF-4編隊飛行が素晴らしい。

ブルーも「那覇スペシャル」と言われる航過飛行主体の組み立てですが、数年前までは地上展示のみだったそうですしレベルキューピッドなどの水平系科目を取り入れて見せ方の工夫をしてくれています。

基地内の混雑の無さは航空祭随一。本土では考えられないほどのんびりしており、ブルーのパイロットの方々にサインをもらうのも気軽にお願い出来る雰囲気です。スキッターの革ケースにサインをしてもらいました。入場者数は公式発表で約2万1千人。

那覇基地は敷地内に海自・陸自が混在しているため陸海からの展示もあると言った特色があります。アクセスはゆいレール・赤嶺駅から歩いて5分程度。ゆいレールの沿線に宿を取れば便利でしょう。早朝に那覇空港に荷物を預けてしまえば当日夕刻の便で帰宅も可能。翌月曜に休みが取れるならもう一日沖縄観光を楽しむのもまた一興。

2007年12月2日日曜日

航空自衛隊 新田原基地 航空祭


本土で開催される最後の航空祭です。何より此処でしか見られないアグレッサーの展示飛行を見るために。飛行展示は以下の予定。

基地所属機による異機種編隊飛行
アグレッサー×2 機動飛行
F-4×1 対地攻撃
F-2×1 機動飛行
UH-60 U-125 救難展示
F-4×2 F-15×2 機動飛行
C-1 空挺降下
ブルーインパルス
息つく間もない飛行展示の連続です。繰り返されるファントムの地上攻撃や、パンフレットの記載より多い機体による展示飛行、アグレッサーの1機は増槽無しでの目一杯の機動、UH-60の低空での機動飛行等々。一部の予定が中止になりましたが不満を感じさせない内容でした。

ブルーは快晴の空をバックに第一区分を見せてくれました。ここ2年あまりブルーの写真を撮ってきて初めてクロスの交差の瞬間を収める事に成功しましたが、よりによって完全逆光の新田原で撮れなくとも…。

他基地からの展示機は航空祭終了後に各基地に帰投しますが、今回はバイバイフライトで皆さん翼を振って挨拶してくれました。小月からのT-5はハイレートクライムからの右旋回、美保からのYS-11は離陸後に再度基地上空に浸入、陸自のOH-1は急上昇と降下の繰り返し。早めに帰っても渋滞に巻き込まれるだけですし、(隊員さんの迷惑にならない程度に)ゆっくり帰って正解。入場者数は公式発表で約7万人。

新田原基地は公共交通機関では不便な場所ですが、宮崎空港などから臨時のシャトルバスが運行されます。基地隣接駐車場は事前に往復葉書で申し込んでの抽選。