最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2012年9月23日日曜日

小松基地航空祭 2012

写真は最後に。

5時にホテルを出ようかと思っていたけれど、朝から雨。5時半にホテルで朝食をとって、6時過ぎに出立。7時前に鉄工団地の駐車場に入ると、雨は小降りになっていました。この時間だとバス待ちはかなり長い。会場に入ったのは8時40分頃。オープニングフライトには間に合いませんでしたが、306飛行隊の機動飛行にはなんとか。このタイミングですと最前列は無理。まあ上がってしまえば多少後ろから撮っても影響ありませんので。最前列でも、展示機が邪魔になって離着陸が綺麗に撮れない事も多いので、あまり無理して前に出なくても良いかなと最近は思うようになりました。

低空での機動性ではF-2に及ばないとは言われますが、いやいや馬鹿力を発揮して機体を振り回す様はやはり迫力があります。ゴールデンイーグルズのフライト。

小松救難隊による救難飛行展示は、例年通りUH-60JとU-125のコンビネーション。模擬救難後の展示飛行が大人しめなのは残念ですがそれはそれ。機体の性能を発揮して多少の風があろうとピタリとホバリングで静止するヒーローと、民間機ベースのシンプルな機体形状ながら何故か頼もしく見えるアルテミス。今年のUH-60は空中給油用のブーム付き。

百里から来たウッドペッカー、偵察飛行隊によるRF-4飛行展示です。爺さん呼ばわりされる機体ですが、何の何の。元気な機動飛行を見せつけてくれます。世界的に見ても、F-4が現役で飛んでる空軍は数少なくなっています。後継機に置き換わるカウントダウンは既に始まっていますが、それまではこの特徴的な機体のフライトを見る機会は逃したくないです。

編隊飛行展示のF-15の離陸の合間を縫って、T-4が上がります。軽快な機動飛行。流石にブルー・インパルスでも使ってる機体。

イーグルの編隊機動飛行。ダイヤモンド、アローヘッド、シェブロン、デルタ、そしてコンバットブレイク。

次いでもう一つの飛行隊、303SQ、ファイティングドラゴンの機動飛行。306とは少し違うパターンでの展示を見せてくれました。


屋台で食べるとちょっと高いよなあと思う事もあるのですが、駅弁屋さんの出店はほぼ通常の値段通りなので、美味しそうな駅弁を買うのも悪くないかと。地元小松ではありませんが、飛騨高山は金亀館の駅弁を購入。

ブルーの飛行展示開始前に、駐車場近くまで移動。角度的に相当横から見る事になりますが、離陸が間近から撮れます。帰りが時間かかるので、撤収は早めにしたいと言う思案もあっての場所選択。
動画。

ブルーを撮り終えて、早々に撤収。

来年はもう一泊して、当日と翌日のRTBも狙ってみようか知らん。























2012年9月22日土曜日

小松基地航空祭 2012 予行

写真は最後に。

小松基地の航空祭は、私が始めてみた航空祭です。それだけに思い入れのある航空祭で、予行も含めて何度か足を運んでいます。その日の早朝に出発すると、10時くらいに現地に着いてもクルマを置く場所の確保が年々困難になっているので、今年は前夜に出立して車中泊、8時くらいに基地周辺に来れば小松航空プラザに停められるはず。

が、以前お世話になった方の定年記念の飲み会が前夜に入ってしまって大弱り。欠席する訳にも行かないので、アルコールは一滴も入れずで3時間ほどおつきあい。その後、日付が変わる頃まで高速を走ってパーキングエリアにて仮眠。4時頃に起きだして、小松までひとっ走り。予定通り8時前には航空プラザに到着。航空プラザのオープンは9時ですが、815には駐車場オープン。この時点で10台くらい並んでいました。9時の開場を待って、中のコーヒショップで一休み。トイレを借りてから、向い側の空港へ。レストランで隊員給食カレーなるメニューを頂きました。地元産のトマトをふんだんに使ったとの事で、野菜系の甘味と酸味のある旨さ、お肉もけちらずゴロゴロ入ってます。

テラスは入場制限があるとの話も出ていましたが、特に問題なくテラスへ。この日は快晴、気温も高いので水分補給は欠かさずに。

午前と午後の二回、スクランブルと思われるF-15二機の発進がありました。ソ連か中国か。最近多いですから。ご苦労様です。



総合予行は終わっていますが、前日到着してブルーインパルスの予行はこの日の予定。NOTAMにあった通りの時刻にブルーの飛行が開始されました。快晴の元の一区分を見るのは久しぶり。バーチカルキューピッドも、12-24mmで入りきらないスター&クロスもしっかりと。



3時間の待機で1Lの水分を消費しましたが、それでも若干の脱水を感じる始末。9月下旬とは言え快晴の炎天下、油断は禁物。

プラザに戻って水分を補給、売店で早々と出てきた空自仕様のF-35のTシャツを購入。ちょっと早いですが金沢に予約したホテルまで移動して一休み。明日の本番に備えます。

















2012年9月16日日曜日

岩国航空基地祭 2012

五月は米海兵隊のフレンドシップデイ、
この日は海上自衛隊の航空基地祭。
体験搭乗は事前の抽選で外れているので、
展示飛行をのんびり眺めるのと小月基地所属の航空学生によるファンシードリルの展示がお目当て。

フレンドシップデイとは違い、基地内の駐車場にクルマを停めさせてくれるのですが、
そのためにセキュリティチェックは却って厳重です。
一台一台停めて下回りを鏡で確認し、トランクまで開けて調べます。
運転免許証の提示と、基地内はカーナビの画面を消すよう指示も出ます。

以前、帰りに前の車について走ってたら実はそれが基地内居住者の車両で、
うっかり部外者立ち入り禁止エリアに入り込んでしまった事があるのは内緒。

五月に較べると、基地内はのんびりしたものです。
セレモニーが始まり、来賓の挨拶も自民党議員が多いです。
ヒゲの隊長も祝電のみですが寄せていました。

ファンシードリルは午前・午後と2回行われます。
午前はまずはドリル隊に向かって左側、最前列に座り込んで見学。
格好良いねえ。

ドリルの後は展示飛行。







地上展示機をのんびり眺めてみます。
自衛隊の装備に加えて、米海兵隊からもホーネットの展示を一機。
周辺に大量の搭載兵器を並べるのが迫力。
JSOWは初めて見ました。
投下後に翼を展開して滑空、GPSで誘導されて目標を破壊する精密誘導爆弾。
ピンポイントで命中する精度を有する事で、
周辺への被害を押さえる事が期待されています。





昼食は基地内の食堂で、カツカレー。
伝統の海軍カレーですな、金曜日じゃないですが。

午後からのファンシードリルに備えて、右側最前列に位置取り。
角度を変えてみるとまた違った見え方が。

午後のファンシードリルを見終えて、撤収。
ホントはRTBまで見ていたいのですが、
虫垂炎の手術跡がちと痛むので無理をしない事に。

2012年9月15日土曜日

「しらせ」境港一般公開

二代目しらせ、全国巡業のひとつで境港港に来ていました。
広島からですと3時間半の距離ですので、ちょっと見に行ってきました。

夢みなと公園の臨時駐車場にクルマを停めてシャトルバスで港湾エリアに移動。
バスは大型5台マイクロ6台を用意したそうですが、乗車待ちは30分ほど。
しかし現地にトイレは無いから先に済ませてねってのはちょっと辛いかも。

先代はちょっと離れた浜田港での公開時に見ましたが、更に大きい。
新しい分きれいです。
艦内の照明もソケットに蛍光灯が入ってました。
流石にLEDではありません。


先代の公開時はツアーがあって艦内を案内付きで見て回る事が出来たのですが、
今回はそれは無いようです。
運用する自衛官の方も忙しいですしあんまり無理は言いますまい。
予定では1200-1300は昼休みになっているのですが時間だからと切ってしまう事なく、
港湾エリアに来た人についてはそのまま公開してくれてました。
ありがたい限りです。

空荷のせいで喫水が上がっており、
乗降用のタラップの角度がかなり急になっていました。
写真は階段ですが、見学客用のタラップは段のない滑り止め付きの斜面。
うっかりすると滑ってしまいそうな急斜面。

艦橋の後ろにはコンテナ収納スペース。
クレーンで吊って、ガイドレールに沿って貨物コンテナを計56個積めるそうです。
甲板に重いもの積んだら重量バランス大丈夫かなと思ったのですが、
機関も重いし艦内に貨物倉がありますから余計な心配ですね。

飛行甲板は護衛艦のそれと雰囲気が似ていなくも無い。
いや、はるかに広いですが。

しらせは搭載ヘリとしてCH-101を2機搭載可能ですが、
1機は修理の目処が立たず当面2号機のみの運用となっているそうです。
文科省の予算も厳しいんですねえ。
但し、民間の小型ヘリをチャーターして使う事もしているそうで、
知恵を絞って少ない予算をやりくりしているとの事。

因にCH-101は翌日の海上自衛隊岩国航空基地祭で展示されていました。

前部甲板に回ると、貨物倉の大きなフタ(前後二分割)と、
貨物を出し入れするためのクレーンが。


ぐるっと回って階段を上り、艦橋へ。
左に副長席、右に艦長席。
先代と同じくラッパもここに鎮座しています。
先代では55°まで傾きました、と言う記録がメーターに記されていましたが、
二代目の艦橋にはそれはありませんでした。
艦の構造や減揺システムのおかげか、
3度ほど暴風圏を通過したけれど22°までしか傾かなかったので、
表示していないそうです。



船室や集会場を兼ねた食堂などを見つつ、艦外へ。
最後に全容を見て終了。