最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2019年5月12日日曜日

Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り

坂出から岡山へ移動。イベント会場付近に複数の駐車場を用意してくれているようで、無事駐車出来ました。会場入りして、いささか暑いのでハンドドリップのアイスオレなどいただきます。生ビールも売ってて実にココロ魅かれるのですが、帰れなくなるので我慢我慢。いわゆる旧車とかスーパーカーの類いも展示されています。時間があればじっくり見たいのですが、いやいや内海さんのフライトまで1時間ほどしかないのでどこがショーセンターなのかとかよく考えないと。

昨夜地図を見てみましたが、周辺は宅地と畑。その上で展示飛行は難しいでしょう。しかし、すぐ近くに旭川があります。この上なら飛べるのかな?会場南側、こっちの空かなーとかつぶやいてみたら、twitterで旭川ですよと教えて頂きました。あ、内海Pご本人からも。ありがたい限り。

会場の案内板には1440から「セスナの航空ショー」とありました。セスナ??? 何か間違えてるの???

旭川上空のフライトですと、会場からだと明らかに逆光。どうすっかな、旭川の川べりまで出てみましょうか。10分ばかりてくてくと。ここまで来ると、風も通るので心地良いですねえ。うん、良い感じだ。

さて定刻少し前、エンジン音が聞こえてきますがちょっと静かだな。あ、白い機体が上空に。ってホントにセスナだ。会場側の上空を旋回してます。JA172Gは岡山航空株式会社に所属する機体のようです。これで展示飛行するの?でもこれではアクロ出来ませんよねえ…。

と思ってたら、南側に移動して上空へ。あれこれでお終い?

しばらくすると再びエンジン音が。この音は…来た来た、エクストラ登場。なるほどセスナ航空ショーは嘘ではないし、ウイスキーパパのアクロ展示もちゃんとやると。微妙な説明ですがなにかオトナの事情でも合ったのか知らん。

流石に大きめな河の上空とは言え宅地近傍のこの場所では高度制限があるのでしょうね。普段でしたらローパスで披露する科目もそこそこ高いところで水平飛行。
















動画。

ここでも橋が見えるなあ。いやここでなくても、例えば瀬戸大橋でも、誰か橋げたくぐりを日本でやらかしてくれないかなあ。いや許可が下りないだろうなあ。何とかならないものかなあ。

さて展示飛行終了。しかしセスナのフライトもちらっとだけど展示してたけど、あれはGIONさんが乗ってたのか知らん。あ、待機してたのかな。

と言う訳で、ウイスキーパパのアクロバットダブルヘッダーを堪能した一日でした。

Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり 28th

公式サイトを見ていたら。ウイスキーパパ、この日は午前午後のダブルヘッダーなんですか。午前中はさかいで塩まつり。ここは例年展示飛行を実施しているイベントですね。いつもは午後からだったと思いますが、今年は午前中。朝からお出かけしてみますか。

会場から少し離れた展望の効く場所から見ようとしましたが、今年はクルマが入れません。塩まつりと同時に開催されてる別イベントの関係のようです。仕方がないので、本会場の駐車場に置いて歩くとしましょう。

なんかね、海岸沿いを歩いてると毛虫がいっぱい上から垂れてるんですけど。やだなあ。かわしながら目的地までてくてく。瀬戸大橋が見えるところまで到達。

風が涼しいなあとか思いながらしばし待機。予定時刻の1050に5分ほどの時刻で、風に乗って会場からのアナウンスが聞こえてきます。あ、そろそろかな。聞きなれたエクストラのエンジン音が。来ましたよー、ウイスキーパパ。

まずは瀬戸大橋と平行に、と言うか更に低く。そこから急上昇してハンマーヘッドかな?アナウンスとか聞き取れないので次の科目なんかは分かりませんが、会場とは違ったアングルで見ることができます。正面からの突っ込みとか、ほぼ真上での上昇とか。いや頭上での演技は撮影が辛いのですが。真上にカメラを構え続けるってある意味拷問。腕が腕が、握力があ。
写真。














10分ほどで演技は終了です。黄色と青のエクストラがベースに向けて帰投していきました。お疲れさまでした。
動画。

さて岡山へ向けて移動。

2019年5月5日日曜日

海上自衛隊/米海兵隊岩国基地 フレンドシップデイ2019

時差ボケで早朝4時前に目が覚めてしまって、これなら行かなきゃならんかなあ。幸か不幸かカメラバッグは帰国した状態にちょっと手を加えてそのまま岩国まで出かけれられる様にはなってる。軽食をお腹に入れて、天気予報だと夏日になりそうなのでそれなりの対策をして、広島駅6時の電車に乗ります。

岩国到着は7時。歩いても良いけど急ぐことはないからバス待ちに並びます。0709に山陽本線跨線橋を越えた最後尾に着いて、じりじり前進するので結構な台数を投入しているのですね。0829には搭乗。乗り場では3台縦列で同時乗車させてましたから、中々効率的です。

基地内で降りて、手荷物検査を待ち時間なしでクリアしたのが0850。お腹が空いたのでバーガーとコーラとチップスを買い食い。展示機をぼちぼち眺めながら、飛行展示開始時刻の10時までにはエプロンに移動。

スタートはお馴染パラシュート降下から。高度を下げてから、日米両国の国旗を展開します。国歌の演奏に合わせて起立と脱帽のお願いが放送されるので、この間は撮影もせずに。

次いで海上自衛隊の固定翼機による航過飛行。最初はP-3CとU-36Aの2機編隊。更にUS-2が単機で。

海自機の着陸後に、陸自が登場。UH-1からのラペリング降下を展示します。

ぷらぷら歩いて、twitterのフォロワーさんと合流。どもーっとご挨拶。

さて、米太平洋空軍から三沢基地のF-16が。パイロットはプリモさん。切れっ切れの機動飛行を見せてくれます。デディケーションパス、来るのが分かってても追い切れません。

さて黄色と青の塗装、EXTRA300Lを駆るウイスキーパパアクロバットチームの内海Pです。アストンマーチン・ヴァルカンとのゼロヨン対決に始まり、アドバイザーを務めている「荒野のコトブキ飛行隊」のBGMを鳴らして劇中の戦闘機動を再現とか。後者は実現出来ないかなーとtwitterの質問箱で質問投げたりしてたのでびっくり。

築城から、航空自衛隊F-2。最初のパスの次に、ナイフエッジを…って、え?高いよ?機体が横向いてないよ?あー、ドクターヘリですか。これは如何ともしがたい。流石にどうにもなりません。

気を取り直してMV-22オスプレイ。もうすっかりお馴染ですねこの変態変型機。高速パス、低速パス、ヘリとしての離着陸などオスプレイならではのフライトを見せてくれます。

スーパーホーネット、F/A-18F。派手に飛ぶよねえ。

そして、ある意味今日の大本命F-35B。レベル3デモとのこと。あーでも、垂直着陸は見せてくれないのですねちょっと残念。

チーム・ヨシムロヤが飛ばす銀色のLEXUS塗装、EXTRA300SCはシリーズの中でも最も機動力のある機体と言っていいのかな。室屋さんはこの機体の時が確かに一番魅せるフライトを展示している気がします。ここしばらく、レッドブルエアレースが本業でエアショーアクロは今一つ大人しめな気がしてましたが、この日はそんな先入観を吹き飛ばしてくれました。そうそう、この切れ味鋭いアクロが室屋さん。マイナスGで振り回すのはウイスキーパパが得意とするところですが、室屋さんも負けてない。てか、背面外側で水平旋回ってラファールみたいなことを、しかもエクストラならではの極小の回転半径でぐいぐいと回して見せるなんて。

F-16、再度のフライト展示。ハイスピードパスも速い速い、って当たり前か。いや遷音速0.94とのことですが、機体周囲の一部の空気の流れが音速を越えたのか「バン!」って衝撃波が。これはびっくり。

ウイスキーパパも2度目のフライト。今度は少し短い。

MAGTF、海兵空地任務部隊のデモが実施されます。KC-130、F/A-18、MV-22が離陸。タンカーとホーネットの模擬空中給油から始まり、オスプレイとホーネットが飛び回る。陸海空を全て賄う海兵隊ならではのデモンストレーション。

ここ岩国では初めてとなる、グローブマスターC-17がその巨体を空に上げました。でかいよねえこいつは。だからそんなにがっつり機動できる訳ではありません。実にゆったり、優雅なものです。

トリを務めるのはスパホ。さてがっつり見せてもらいましょうか…。
って、えーっと飛行中に機体を点検? なんか不具合でもおきましたか。残念。


展示飛行はここまでですか。ぼちぼち、地上展示を見ながら撤収するといたしましょう。

2019年5月2日木曜日

7年目のMach Loop, BWLCH again

木曜日も前日に続き坊主。

朝起きるとやっぱり雨。

荷物を車に放り込んで、今日も珈琲屋でラテなぞ頂いてからゆっくりお出かけ。BWLCHの駐車場、今日は止まってる車がいましたが中で待機している模様。降り続いてますしねえ。


threeのsimを入れたiPad、3Gだったり4Gだったりどっちにしてもアンテナは一本立ったり消えたり。なんとかネット接続できてるときは暇も潰せるのでありがたい限り。

そのうち他の待機組も撤退、これは今日もダメかなあ。上の方は真っ白なままだし。


4時前、もうあかんかな。と言う訳で撤収。昨年だったかにできたスターバックスでコーヒーを一杯。トールを頼んだけどこんなにデカかったっけ。って、コーヒー飲んでるうちに晴れてきやがった。今更登る気にもならんし、恨めしい限り。

夕食はステーキハウスで8オンスのお肉を。


2019年5月1日水曜日

7年目のMach Loop, BWLCH

結論、惨敗。

水曜日は天気予報で午前中は降雨確実。なので午前中ゆっくりして、昼前にドルゲラウの街中の珈琲屋でラテなんぞ飲んでから昼前に出立。BWLCHのパーキングに来たけど誰もいないねえ珍しく。まあこの天気だし最近F系は飛んでないし仕方ないかなあ。

汗をかくのは分かってるので上半身は上着を羽織らずザックに結わえて、下半身はオーバーパンツも着込んで登ります。今日はあまり期待してないので最上段まで行かず、途中のポイントまで15分ほどかけてゆっくりと。

ほぼ正午に目的の場所まで到達。カメラをセットしてさて待ちますかの体勢。えーっと、なんか視界が霞んで白くなりました。綺麗な眺めですが全然嬉しくありません。

しばらくすると雨粒が。上だけ雨具を着込んで機材にも袋をかけて。幸い本降りになることなくすぐに止みましたが、風も出ているのでシャツの上にフリースを着込んで寒さ対策を。

地元の人がおひとり上がってこられました。どもーっと挨拶をして再び待機。と言いますかこの視界では飛ばないよなあ多分。この方は3時過ぎにダメだねえとのことで下山。

んー、谷は霞んだままですので今日は無理か。諦めて降りることにします。

駐車場で、プジョーのステーションワゴンがボンネットを開けてなにやら往生している様子。乗っているのは老夫婦、おじいさんが聞いてきました。あんた、車のこと分かる?

分からんとも言えないのでどうしたのと。エンジンがね、パワー出なくなったのって。登りで2速まで落とさないと走らない。ターボが力出してくれないのって。ありそうなのはターボからインマニまでのホース/パイプで高圧の新気がリークしているとか。いやざっと見た限り裂けたり穴が開いたり外れたりはしてなさそうですね。ここのパーキングはロードサービス?のSOS電話があるので、そちらで連絡取った方が良いのではないかとお答えしてそこまで。

この日の夕食は宿の近くの持ち帰りのフィッシュ&チップス。宿の朝食スペースをお借りしていただきます。コンビニで買ったサラダも添えて。宿の方がフォークとナイフを貸してくれました。ついでに紅茶もポットでサービスしてくれます。ありがたや。


2019年4月30日火曜日

7年目のMach Loop, Corris Corner

(Mach Loopへの行き方などはこちらの記事を参照下さい。)

少なくとも朝は天気がよろしい。予報を見ると午後からは曇るようですが、いやいや朝のうちだけでもこれならCorrisへ行ってみるべ。さくさく移動して車を止めて、装備をしてると現地の人らしき二人連れも到着。ほぼ同時にスタート。

足が長いだけあってとっとと先に行かれてしまいますが、途中で立ち止まってなんか話し込んでますね。ここだと近いなとかなんとか言ってるみたいです。うん、そこだとちょっと低いと思う。お先に。

さーてこの辺かな。フラットなところまで登り切って、広げたシートにカメラバッグを置いて。んー、いい天気で暖かい。のんびりくつろげますなあ。ほんとにのどかで、頼むからもうちょっと忙しくなって欲しいんですけど。

もう少し下にいると谷間を入ってくる機体の音が聞こえて準備しやすいんですが、ここまで上がると音が抜けてしまうのかな、近くに来るまで気がつきにくい。1141にHawkが来た!ファインダで追っていると、あれこの音はもう一機いる?後続機がいました。2機とも左に巻いて行きます。さて昨日は皆さん一周だけでしたが今日はどうかしらん。もう一周してくれるかな?


おー来た来た、3分後に2周目です。ありがたや。

りんごとシリアルバーをかじってお昼代わりに。ぼーっとしてると、朝の二人連れのうちのお一人が登ってきました。今日は少ないねーとか、下だと近過ぎてちょっと辛いとか、そんなことをぽちぽちと。昨日はCad Eastに行っていたそうです。

1408、再度Hawk。今度も2機編隊ですが、先頭機はちょっと高いかな。

これも3分後に2周目が来てくれました。


1438、今度はTucano。左へ回り込んだので、さてもう一回くるかな?


5分ほどで来た来た来た、って違うよHawkじゃないですか。紛らわしいねえこのタイミングで。



次は1454に再度Hawk。んー、これは高いね。



15時過ぎに雨粒がぱらぱらと。雲は薄いのでそんなに激しくはならないでしょう。天気予報も曇りのままですし。

1544にもっかいHawkです。今日はここまでかなあ。

降りて、令和元年の新時代でも祝いましょうか。
昨日Cad West でご一緒したお二人と、Royalshipで夕食を。

動画はまとめて以下に。