最近の更新

最近の更新

2018/10/19 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  写真追加。 2018/10/16 平成30年度 芦屋基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2018/10/13 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  記事掲載、動画追加。 2018/10/0...

2018年10月14日日曜日

平成30年度 芦屋基地航空祭

さて本番当日。宿の朝食が0730からってそれは食べてる時間ないよね。前日の内にコンビニで仕入れた食料で早朝に済ませて、0630にチェックアウト。駐車場には7時過ぎに到着して結構ぎりぎり。トイレに入っている間に満車になりました。

北門で開門待ちをしていますが行列はかなり長い。このままだと開門予定時刻の8時には後ろの交差点を過ぎてしまうのではなかろうか。と思っていたら30分早めたようです。しかし、流れ始めた列に後から来た人が横から合流するのってどうよ。今一つ納得がいかない。

昼食用に東築軒のかしわ飯を購入して、エプロンへ。どうせ最前列を取る気はないので気楽なものです。地上展示をぼちぼち撮ってると、そろそろオープニングフライトの時間です。アナウンスが元気よくカウントダウン。U-125Aを先頭にT-4が2機従うデルタで航過。U-125Aはそのまま救難展示で物資降下などを披露します。って、UH-60Jとコンビ展示ではないのね。
動画。

次いでT-4が2機×2編隊での訓練飛行を展示。学生役と教官役をどちらも教官が演じてのフライト。先導機に対して位置取りを変える訓練やトレール隊形の維持、タッチ&ゴー等々。
動画。

ブルーインパルスの前は撮影通路を設置しましたって言ってますが、人が滞留してます。いやスペースを作るだけでなくてちゃんと運営して欲しいです。人を流さないとせっかく沢山に人にブルーインパルス撮影してねって企画が企画だけで終ってしまいますがな。

今度はT-4が7機で順次の離陸。イルミネーションフライトですよっと。その前に7機の傘型編隊で航過を披露。そして会場やや左正面から隊形を維持して進入。着陸灯を使ってのイルミネーションフライト、相変わらずお見事。
動画。

新田原の第23飛行隊、飛行教育航空隊のF-15が2機編隊で飛来。ここのイーグルはそれぞれ入れ違いに機動飛行を展示してくれるので飽きさせてくれません。こちらが行ったらほらあちら、と言った具合。
動画。

更に築城の第6飛行隊、F-2の登場。いきなりかよ! 事前に予告がないと準備が間に合いませんってば。いや楽しいけど。しかしピークはあれですね、360度水平旋回だよって言うからまた会場正面だろうなあ背中見せてくれるけど遠いよなあと思ってたらあに図らんや。左から入ってきて背中見せたままぐいっとこっちに来るのかエプロン側を周回ですか!!! 

びっくりした。

最後のご挨拶でもう一回エプロン側を回ってくれましたよ笑いが止まりません。すげえなこれ。
動画。

警備犬訓練展示は多分もう人がいっぱいだろうからファンシードリルに行ってみましょうか。会場どこだっけとちょっとうろうろしてしまったので最前列は取れず。しかしドリル展示はアナウンスのおかげもあって最前列は座ってくれる事が多いので、2列めでも座ったまま見る事が出来ます。大助かり。

待機しながら横目でUH-60Jの救難展示をちらちら眺めてるのですが、なんだよアレ結構振り回してるなあ。あっち見に行ってても良かったかもいや二兎を追うものはなんとやら見なかった事にしましょう。

5月の防府基地での公開が最初でしたが、随分こなれてきたように思います。がんばれ73期航空学生。
動画。

かしわ飯で腹ごしらえも済ませて、エプロンに戻ります。午前中は奇麗な青空だったのに、残すところブルーインパルスの展示だけとなると安定の曇り空。なんですかこれは。

いやまあそれでも時間が来てインディビジュアルでの離陸から展示飛行スタート。順調に一区分を見せてくれていたのですが。んが、サンライズが何故か展開せずにまっすぐ航過。あれ、何が起きたの? なんか飛行空域に他の航空機が進入したですと。モーターパラが飛んでるとの噂も。いややめてよお願い。

編隊は一時展示飛行を中断して空中待機中。さてどうすっかな。諦めて撤退すると再開したりするんだよなあ。しかしこのまま中止になって帰りに渋滞に巻き込まれるのもドツボだよなあ。うむ、きっぱり諦めるか。

一応カメラは仕舞わずに北門に向かっててくてく。歩き出して間も無く、再開のアナウンス。ほらやっぱりこうなるんだ。サンライズからやり直しですか。要所要所だけ立ち止まりながら撮影したり、諦めが悪いね私は。

海浜公園まで出てから、クルマには戻らずに一応終りまで見ておきましょう。曇り空背景のキューピッドとか。残念にも程がある。
動画。

さて、終ってクルマに戻ってさくさく撤収。この段取りですと渋滞にはまらずにスムーズに帰る事が出来ます。お疲れさまでした。

2018年10月13日土曜日

平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト

航空祭前日のフライト、いつも通りに海浜公園から見るのも手ですがそればっかりでも芸がないよなあ。何にせよ朝から飛ぶので早朝に出るか、それもくたびれるからハイウェイホテルに泊まるか。調べてみたら直前だったけれど壇ノ浦PAのホテルが空いてたので予約してしまいました。

内陸側、山から撮るとすると新立山がちょっと距離があるけど眺望は良いとな。6時に壇ノ浦を出て登山口駐車場に7時過ぎ。最初右側のルートを取ろうとしたら途中で薮かきが必要な状況に。これはあかんと諦めて撤退、もう一方のルートへ。こちらはきちんと整備されていて、登りに体力消耗する以外は問題なく山頂へ到達したのが9時。うむ、確かに眺めが良いぞ。芦屋基地方面以外は。そっちだけ木立がこんもりと。

これは如何ともしがたいぞな、すぐに移動すればブルーのフライトには間に合うか。さくさく下山して城山へ向かいます。教育大裏の駐車スペースにクルマを停めて、さて登るかの。低山とは言え午前中に2連続はきついぞ。

それでも11時過ぎには頂上へ。

全周が開けている訳ではありませんが、芦屋基地の方向は見通しが効きます。これならなんとかなりそうだ。

あ、赤いT-4が飛んでる。飛んでるけど、小さい…。


450mmの望遠端でも、K-1IIの意味がないなあ。テレコン付けてK-3IIか。

この編隊はイルミネーションか。


ブレイク。

赤イルカのフライトが終り、ブルーの展示飛行まで少し時間があるので買ってきたコンビニ弁当でお昼ご飯。かいた汗でカラダが冷えてきたので、食後はお日様の当たるところへ移動して日向ぼっこなど。

さてそろそろ青イルカ(とは言わない)のお時間です。基地内とかフェンス際にいる人には例の音楽が聴こえているのでしょうか。

列線にてウォークダウンが終ったかな。6機が揃って滑走路端まで移動。スモークチェックの後、離陸は単機の連続で。

ちょっと距離があるし、単機の機動は低い事もあって見えにくい。進入してきたのが分かんないよーっと。編隊の科目は少し高度があって空背景海背景なので何とかなるんですが。




チェンジオーバーターン。



さんらーいず。

レターエイトの直前にソロ機が編隊の前を横切ったのはこちらから見てたから。





バックトゥバック。

スラントキューピッド。


雲多めだけれど機体に陽射しが当たると奇麗です。






たっくくろす。


ろりこん。


スラントキューピッドとサクラだったから3区分かな。科目を全部確認できないけど多分。

最後、ローリングコンバットピッチのあとコークスクリューを待ってたけどいつまでたってもやんないよー、なんか着陸してるよー。基地内にいるフォロワーさんのつぶやきによると、ロリコンでストップミッションですとな。あらまあ。
動画。

沖ノ島が見えました。

機材を仕舞って、てくてくと下山。海浜公園まで一度行ってみてパンフレット入手。今宵のお宿まで移動して今日のミッションは終了です。

晩ご飯はホテルの近くの餃子屋さんで。



2018年10月7日日曜日

ブルーインパルス展示飛行 山口ゆめ花博

本番当日、自分のポリシーとしてはメイン会場から見たいと言う思いもありました。ありはしましたがしかし、朝6時から会場入場待ちの行列が出来てるとか、いやそれは勘弁してください。10時に宿をチェックアウトした頃には周辺道路から大渋滞だとか。いや、午後から編隊航過飛行を20分あまりするだけですよ。何だろうねこの人気ぶりは。

と言う訳で昨日同様兜山古墳から見る事にしましょう。この時間だとまだ誰も来てません。

海岸線からでも見られますが、ここは少しだけ高いし地元に方が伐採してくれているので見晴らしが良いのです。

聞いたところでは、会場西側の日の山からでも見えるそうですが後の祭り。

なんかぽつりぽつり来たなあ。いやそんなにひどくはならないだろう。なんて思っていたら結構な本降りに。カッパを着込んでカメラバッグにはカバーをかけて。

それでも小一時間もせずに雨足は去った模様。ばさばさ雨具を振って水滴を落として、と。
おや今日は対岸の九州側は見えませんね。

この時間だと潮は引いてるのか。

自転車で会場からこちらまで走ってきた人とお話してたり、途中のコンビニで買い込んだ食料をお腹に入れたりしてるといつの間にか結構な人が。ざっと30人くらいですかね。会場に向かうクルマはなんだか大渋滞らしく、とんでもない事になってるみたいです。

さてそろそろ予定時刻。あ、左手に編隊が見えます。あれでも5機しかいない?てことは5番機が天候偵察するのか?いたいたいた。左手、南西方面からスモークを引きながらソロで進入してきます。

1355、左手から5機によるデルタローパスで展示飛行の開始。


次いで右後方からリーダーズベネフィット。


更に6機が左側後方へ回り込んで、ポイントスターで航過。



編隊を組み替えて、5機のデルタで360。




再び左後方から回り込んできた隊形はフェニックス。



左手からの進入が2機、と言う事はハートですね、スラントのキューピッド。上空の雲が白くて見えにくいのが残念。


ソロが描く8の字、720。


左から5機で入ってきておおきく散開、レベルサンライズ。

最後は右から全機で再びデルタで〆。


なるほどあの辺から見てる人も。

動画。

お疲れさまでした。この辺りは道は狭いけれど、それでもまあ来ている人が会場側に較べれば少ないので、撤収もそれほど混まず。防府まで旧道を抜けてから山陽道で帰宅。