最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2016年7月31日日曜日

呉海自カレー2016 その2

引き続き、昨年度行ったお店に。

4月22日、ハ剣伝 呉市役所前店、まきしおチキンカレー。
昨年はイベントに出店した屋台で頂いたメニュー。お店で頂いても同じ印象を受けます。野菜ごろごろは嬉しいけれど、塩が強め。チキンカレーだけどチキンどこー?去年のお皿には大きめのお肉がごろんと入っていたけれど、今回食べたものは鶏肉はかなりほぐれててお肉として認識するのが難しい。

5月14日、グリーンピアせとうち レストラン瀬戸内、いなづまカレー。
ソテーしたシメジは美味いし素揚げしたジャガイモのモチモチ感も良い。でもルーは熱くないと言うより冷めてるし、辛いと言うよりしょっぱい。去年と同じ感想と言うことは、いなずまのカレーってほんとにこうなのか?

カレーと直接関係ないけれど、駐車場が4月から無料になりました。そりゃこんな辺鄙な場所にあって有料駐車場はないよなあ。

6月11日、りゅう、潜水艦けんりゅうの「ソードドラゴンカレー」。
意外にシーフードカレーってここだけなんですね。イカ、エビ、アワビなど海の幸がごろごろ。シーフードだと塩気が強めの味付けでも合うのね。

6月18日、呉阪急ホテルコーヒーハウス「イルマーレ」、護衛艦うみぎり海自カレー。
フルーツと炒めたタマネギの甘味、スパイスのホットさが良いバランス。具材も手抜きなく仕込まれてる味わい。ご飯の炊き方もちょうど良い具合だなあ。


7月2日、シーサイドカフェ BEACON、さみだれカレー。
小さめのナン二つと併せて提供される。サラダとソーセージとゆで卵がセット。割ととろみのあるルーはビーフかと思ったら牛豚鶏三種のお肉を使ってるとのこと。スパイシーでホット。


7月23日、日招きの里「呉ハイカラ食堂」、潜水艦「そうりゅう」テッパンカレー。
昨年度のコンプリート景品になっていたテッパンで供されるカレー。最初はフルーティな甘さが。しかし食べ進むにつれてスパイスが効いてくる。サラダ、ゆで卵、鯨カツ、肉ジャガに牛乳まで付いてくるボリューム充分なセット。

何故か甘口と辛口が選べてどちらもそうりゅうのテッパンカレーとして注文出来るが、本来のそうりゅうカレーは甘口。シールがもらえるのも甘口のみだが、注文時に説明がないこともあるので注意。写真は辛口。

7月24日、呉森沢ホテル「ボア・マレー」、訓練支援艦くろべカレー。
こってり系のルー。味も濃いめで旨みあり。じっくり煮込んだと言う香味野菜の風味は残念ながら感じられず。サラダとデザートとドリンクがついてくるセット。

7月30日、カレー専門店 カレーのマスター、いずしまカレー。
トマト他、野菜の酸味と甘味とうま味がたっぷり。でもしっかりスパイシーなチキンカレー。今回はメンチカツを乗せてみました。

これで2/3の20皿。
翌31日、情報プラザに出かけて引き換えのプレゼントを入手してきました。缶バッジ、ピンバッジは潜水艦隊、クリアファイル、帽子は迷った揚げ句そうりゅう型ネームシップのそうりゅうを選択。

その3に続く。

2016年7月17日日曜日

サマーコンファレンス2016 ブルーインパルス展示飛行

先日のライオンズクラブと言い今回の日本青年会議所と言い、民間団体のイベントでのブルーの展示飛行が続きます。これはJCのサマーコンファレンス2016(なんでカンファレンスじゃないんだ)。臨港パーク/カップヌードルミュージアムで飛ぶとな。最初行くつもりは無かったんだけれど、横浜のランドマークを入れた写真が撮れたら面白いかなと思って交通手段を確認。夜行バスの席も空いてたけれど、値段考えたらANAの旅作の方が良いか。ホテルでちゃんと寝られるし。

金曜、仕事を終えてから広島空港へ。最終便で移動して1泊。メイン会場は混むだろうなあと思って事前に地図とにらめっこ。夜景スポットとしてみなとランドマークタワーを眺めることの出来る「黒船見物の丘」へ行ってみることに。

展示飛行の1時間ほど前に現着。誰もいませんね。まあさして広い場所でもないですからこの方が都合が良いんですが。さて会場方向を眺めてみまするに、確かによく見えます。霞んでさえいなければ。まっしろです、空。

予定時刻は1130。1100の時点で天候偵察があった様ですが、結果は保留。1140に再度確認の予定って、それ開始時刻より後なんですが。どうやら展示飛行の時間も15分ほどずらされるようです。

さて1145。あ、来た。しかしほとんど見えない。スモークが背景の雲なのか霞なのか、溶け込んで。これはとても辛い。しかもどうやら演技の時間中に他の航空機の空域進入が2回ほどあったらしく、中断。科目を減らしての展示となりました。
写真。






動画。

この後、メイン会場へ移動して誰か知ってる人おらんかなーとうろうろしてたら。ビンゴで某T氏始め何人ものtwitterフォロワーさんに遭遇。そのまたフォロワーさんもいっぱい。だったんですが、帰りの便の都合で途中で離脱。皆さんにきちんとご挨拶出来なかったのがちと心残り。まあ、いずれ次の機会もありましょうて。

2016年7月10日日曜日

Royal International Air Tattoo(RIAT) 2016 二日目

二日目、前日同様某氏の車にて移動。ありがたい限りです。運転全部お任せは気が引けるのですが、レンタカーの契約時に登録してないと万が一の時にまずいので流石にそれはパス。しかし日曜は金曜土曜より空いていて、30分あまりで到着してしまいました。先日より早く出たのもありますが、こう言うものなのですね。

FRIATのレフトバゲッジにキャリーバッグを預けて今日のプログラムをもらって離脱のタイミングを思案。帰国便の時間を考えると某T氏が一番早く、私が次に、某U氏が最後に会場を出ることになるようです。朝食がまだのお二方を置いて、地上展示を見に行くことにしましょう。空自のKC-767と他一部は昨日見ていますがそれ以外は何にも見ていないので、さくさくと。

それでもほんの一部しか見られてないなあ。生ビールのスタンドを見つけたので1杯購入してMach1のシートに移動。

あー、ソロタークは天候不良でキャンセルか。残念。

次いで昨日のトリを務めたパトルイユ・スイス登場。滑走路を右から左、左から右と編隊の隊形を変換しながら滑走。これまた展示飛行はなし。
動画。

ポーランド空軍のファイティング・ファルコン、F-16C。今度は離陸してくれました。天候は若干回復傾向か。
動画。

米空軍のCV-22B、オスプレイ。MVは何回か見たけれど、空軍仕様は初めて。
動画。

そしてご存知ラプター。勢い良く青空に駆け上がってハイショーを!と思ったらあれ、降りちゃった。不具合か。
動画。

F-35とP-51のヘリティジフライト。本来ならF-22も含めて3機で実施のはずだったのが。
動画。

チームOrlik。見るのは一昨年のRIATに続いて2度目です。ポーランド空軍の練習機PZL-130TC-2×7機によるアクロチーム。
動画。

軽々とくるくる回るは上るは。おフランス空軍、ラファール。
動画。

岩国でも飛行展示をしてくれた、ブライトリングのウイングウォーカー。次は福島に来てくれると言う噂もちらほら。
動画。

クロアチア空軍の、練習機PC-9によるアクロ展示チーム。
動画。

あ、ラプターが上がる。
動画。

午後2時半、ポーランドのMiG-29のフライトを見たところで離脱。
動画。

さてSwindon行きのバスに乗れるイエローゲートまでてくてくと。歩き出したところでおっと忘れ物。預けたキャリーバッグを出さなきゃ。FRIATエリアに戻って10分ほどロスです。イエローゲートは東の端っこなので歩いて30分ほど。途中でレッドアローズのウォークダウンをちらっと見たり。そうか、ここでやってるんだ。

片道£3.5を払って車中の人に。ほっと一息ですが、ある程度乗客が乗らないと発車しません。それでも5分ほどでエンジンがかかりました。この時間帯ですと空いているので35分程で目的地に到着です。駅まで歩いて窓口でヒースローまでチケット購入。Paddington行きの列車は1612発、ぎりぎり無理だなあと思ったら5分遅延で乗れてしまえそうです。んが、直前にプラットフォーム変更だよーとか言われてバタバタ移動したり。

英国の列車は席の事前指定もあって、予約済みの席は前席の背もたれに紙が挟んであります。Readingから予約が入ってる席を見つけて取りあえず着席。と、次のDidcot Parkwayで隣の席の人が降車。Paddingtonまで空席になったようで、そちらに移動。座って移動出来ると大助かりです。

そう言えばSwindonnで何にも考えずに空港までの切符買ったけど、これってヒースローエクスプレス乗れるのか知らん。一応「どのルートでもおけ」とか券面に書いてあるけど。Paddington駅でヒースローエクスプレスのホームに立ってた駅員さんに確認すると、大丈夫よとのこと。ヒースローコネクションでもそれほど時間は変わらないけれど、席も快適だし混まないしね、エクスプレス。

空港到着して2タミに移動、出国審査を通過したところで某T氏に再び補足されました。氏の搭乗時刻直前ですからタイミング良いですな。お見送りしてから、有料のラウンジでシャワー浴びてちょっとさっぱり。機上の人となって帰国です。

2016年7月9日土曜日

Royal International Air Tattoo(RIAT) 2016 初日

2年ぶりのRIAT。今年はFUK発着のアシアナで10万円を切るチケットが買えたのでラッキー。LHR着は定刻通りなれど、BUSの表示に従ってバス停に行ったらコーチはここじゃないよ、Central Bus Stationだよと言われて慌てて移動。ヒースローエクスプレスより早いよなと自販機でチケットを買ったSwindon行きのコーチ。案内表示がいつまでたっても待合室で待てのまま結局出発は40分遅れでアンラッキー。市内渋滞で遅れたらしく。今回のお宿に入ったのが22時を過ぎた辺り。B&Bだけど個室シャワー付き。ただし朝食はなし。ちょっと意外。

レンタカーを借りてる某氏にお誘い頂いて、同乗させてもらうことに。当日の朝、途中のスタンドでミートパイとリンゴジュースを購入して待ち合わせの場所まで移動。今回の足はベンツのCLA。ディーゼルエンジンの馬鹿力を発揮する高級車です。英国でATを借りようとすると苦労するんですよね。twitterのフォロワーさんをもうお一人ピックアップして、いざFairfordへ。1時間ちょっとかかって会場入りです。例年ですとSwindonからのシャトルバスは専用路を確保するのですが、今年は何故か一般車両と混走。そのせいもあってかそこそこ渋滞していました。

9時過ぎに車を停めて会場入り。FRIATスペースに入ってパンフレットと今日のフライト予定表をもらいます。

で、指定されたシートを探して、と。…ありません。シート番号はL43。ですが42と46の間は通路になっています。



どういうことか知らん。受付に行って訊ねてみますと、どうやら発券のミスのようです。マネージャに来てもらって、空席に変更と言う事で。元の番号の近くに替えてもらって一段落。

プログラムを確認しますと、えーっと、展示飛行が18時まで、しかも気合いを抜ける時間帯がほとんどないんですけど。これはかなりしんどいことになりそうです。

展示飛行のトップバッターはポーランド空軍のF-16。
写真。




動画。

スペイン空軍のユーロファイターF-2000。
写真。





動画。

イタリアから、ご存知フレッチェ・トリコローリ。
写真。



















動画。

再びのF-16、今度はギリシャ空軍。
写真。




動画。

相変わらず巨体を振り回す暴れっぷり、英空軍HC4チヌーク。
写真。



動画。

BAE Typhoon。
写真。






動画。

なんかアパッチが通過。

ベルギー空軍のF-16。
写真。






動画。

オランダ空軍のAH-64。この人はヘリなのにロールしたりループしたり。アパッチってここまで出来るのね。
写真。



動画。

お昼前後に大戦機のフライトが前倒しになって、少しだけ抜けられそうかな。トイレとコーヒータイムはこの時だけでした。

ヨルダニアン・ファルコン。
写真。









メリケンから大西洋を越えて飛来した第5世代戦闘機が2機種、フライトを披露。















えーっと。クロアチア空軍だっけ。















写真撮影中。

グリペン。これも軽快ですなあ。
写真。





チーム・オーリック。
写真。





















ブライトリング・ウイングウォーカー。
写真。



ポーランドから、MiG-29。
写真。





エアバスのデモ、A-400M。
写真。





ソロ・タークのF-16。
写真。





フライトのために順次の離陸。



レッドブルのヘリが。

そして編隊飛行を披露。

F-35Bがソロで変態的なフライトを。いや、ハリアーよりやかましいのですね。
写真。







レッドアローズ。
写真。





































もっかいユーロファイター。
写真。






フランス空軍、ラファール。
写真。






動画。

オスプレイ、しかし空軍仕様のCV-22のデモは初めてです。
写真。




タイフーンですよっと。
写真。






スーパーリンクスのデモチーム、ブラックキャッツ。
写真。










ラメックス・デルタ。今年が最後。
写真。













動画。

太陽が斜めになった頃、ボーイングがスーパーホーネットのデモを。
写真。







動画。

しかも最後の最後に、パトルイユ・スイスが4機で離陸。予定に無い展示飛行を実施してくれました。もう勘弁してくれと言いたくなるようなありがたい限りのサプライズです。
写真。















地上展示機も、航空自衛隊のKC-767だけは見ようと言うことでてくてく。しかしここまで来ればタイフーンの列線も見たくなったりギリシャのF-4も気になったり。


いまだ現役、トーネード。この角張ったスタイルは大好きです。

ユーロファイターの列線。

もはや数少ない現役稼働のF-4。

帰りも多少の渋滞に合いながらも1時間足らずでSwindonへ到着。3人で近くのパブにて夕食、本日の行程は終了と相成りました。




しかし、128GBのSDカード2枚で終わらない撮影量、ビデオもカメラもそれぞれバッテリを2度以上交換と、やはりRIATは毎度毎度記録を更新するエアショーです。データの吸い出しは終わったものの、カメラのバッテリーは充電が終わらず。まあ翌日はフル参戦でないから多分何とかなるだろうと。