最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2012年5月27日日曜日

大村航空基地 開隊55周年記念行事

海上自衛隊、大村航空基地にて。開隊記念行事が開催されました。動画と写真は最後に。

第22航空群が所属するこの基地は哨戒ヘリ・SH-60J/Kと海自レスキューのUH-60Jを見たいところ。加えて、長崎空港を挟んだ海域がUS-1/2の離着水海域として指定されており、今回は岩国からUS-2の五番機が飛来している為こいつの離水を何とかものにしたいものです。

9時過ぎに基地に入って、ぶらぶらと地上展示機を。まずは一番奥に鎮座するUS-2。パイロットの方がおられて色々お話を伺いました。残念ながら今日の飛行展示はありませんが、RTBでは海域から離水するそうで。

他には、SH-60Jの55周年の記念塗装機がいました。海自の記念塗装機を見たのはあんまり記憶にありません。もしかして初めてかも。基地所属全部隊のマークを入れて、かつ55の数字が奇麗にマーキングされています。結構良いかも。

道路を一本はさんで陸の竹松駐屯地が隣接している事からか、陸自の展示もあります。各種車両やCH-47にOH-1。OH-1は増槽の外側のパイロンに対空ミサイルポッドを攣っていました。そう言えば対空兵装も積めるんだっけ。

昼前には小月基地の航空学生によるドリル展示。それに続いて基地所属航空機の展示飛行です。SH-60J/K混成編隊と、UH-60Jの編隊飛行。続いてUHによるレスキューの展示です。先の東日本大震災で海自レスキューも活躍した事を思い出させてくれます。この基地の第72航空隊も宮城県で災害派遣活動に従事されていたそうです。感謝。

そう言えば自衛隊って、世界で唯一『殺した命より救った命の方が多い軍隊』と言われているそうですね。

午後からの体験飛行で離着陸を繰り返すヘリを眺めながらのんびり過ごし、3時過ぎた頃に移動。対岸の長崎空港にクルマを停めて離水海域を臨む場所に腰を据えます。既に数名のご同類がちらほら。US-2が姿を現すまでに更に何名かが。

基地内から見たいとも思うのですが、予定されている帰投の時間は基地の開放が終わる時間を越えてしまいますので、撤収する隊員さんの迷惑になっても嬉しくないし。OH-1もRTB時に結構派手な飛びっぷりを見せてくれたので、近くで見たくもありましたが。

海域にはYF-2125が出てきてマーカーの白煙を焚いています。

お目当ての両生類は、意外に早く姿を見せてくれました。僅かな待機の後ランプウェイから海上にドブン。ざぶざぶと泳いでからばしゃーんと大きな水しぶきを上げて離水。空を飛ぶ船、格好良いです。ゆっくりと回って一度基地上空をパスしてから岩国へと帰途につきました。


海自航空学生によるドリル展示

SH-60Jローターブレード展張・格納展示

展示飛行に向けてエンジンスタート・タキシング

US-2 RTB 離水

US-2 地上展示


MH-53E

SH-60J 55周年記念塗装機

記念塗装機 ローターブレード展張展示

SH-60K 展示飛行 救難物資投下

UH-60J 救難展示 

SH-60J/K 編隊飛行 

UH-60J 編隊飛行 

OH-1 RTB時のご挨拶 

US-2 RTB 

US-2 RTB 海面に入ります 

US-2 海上移動 

US-2 離水の為の滑走 

US-2 離水 


スモークを曳航する工作船 




2012年5月26日土曜日

大分市制誕生100年記念事業

動画と写真は最後に。

大分市制誕生100周年記念行事の一環として、別府湾上空、田ノ浦ビーチでブルーインパルスの展示飛行が実施されました編隊連携機動飛行を実施。

クルマを高崎山、うみたまごの駐車場においてまずは高崎山自然公園へ。会場から1.5km程度なので、視界が開けさえすれば良いロケーションなのですが。残念ながらちょっと無理そうです。

シャトルバスで会場へ移動。イベントを冷やかしつつ屋台のB級グルメを摘みつつ。自衛隊テントではパンフレットの配付とポスターへのサイン会も実施してました。欲しいと思いながらも、ポスターは持ち帰るまでに潰してしまいそうなので、これは手を出さず。

ビーチから出島に移動して、そこで時間まで待機。空は雲に覆われているけれど、視程はそれなりに確保された状態。やがてアナウンスがあって、飛行は確定。芦屋基地からの離陸が告げられます。開始時間12:55にブルーのいつもの音楽が流れ、飛行展示開始の放送。無線からは、5分前、2分前、1分前のコール。そして正面から編隊が進入。

  1. ワイドデルタローパス
  2. デルタ360
  3. スワン
  4. さくら
  5. レベルキューピッド
  6. コンバットピッチ
  7. ダブルナイフエッジ
  8. ダブルクローバーリーフターン
  9. 5番機 720ターン
  10. チェンジオーバーターン
  11. 5番機 単機ローパス
  12. レベルサンライズ
白い雲が背景なので、スモークも映えず。それでも周りからは課目毎に歓声が上がります。いいなあ、この雰囲気。

ブルーの展示が終わって、駐車場まで撤収。臨時駐車場はうみたまごのみ有料ですが、そのせいでシャトルバスの行列は殆どなし。さくさく移動して、明日の海自大村航空基地のイベントに備えて長崎まで。









2012年5月21日月曜日

静浜基地航空祭 2012

3年ぶりに開催された、航空自衛隊静浜基地航空祭。今年は基地内の駐車場を廃止して藤枝駅からシャトルバスの運行。故に駅近くのホテルに泊まって、クルマはホテルに置かせてもらう事に。
因に広島からですと600kmをちょっと越えるので、RX-8では1タンクのガソリンでは到達困難な距離だったりします。

今年はブルーインパルスの展示飛行はありませんが、基地所属のT-7 が3回、小松からF-15、百里からRF-4、小牧からC-130、浜松からUH-60J、そしてT-4と岐阜からのF-2。結構盛り沢山です。

T-7は航過飛行から普段の訓練を見せてくれたり大編隊やらかしたり。イーグルは2機の機動飛行がばっちり。ファントムもご老体と言うのが憚られるくらいの元気っぷり。ハークは迷彩塗装の2機が。救難は低空でトンでも無い機動を披露。T-4も丁寧な機動。F-2は高度はちと高いものの実にテクニカルな展示を。プログラムに記載はありませんが、前回同様県警のヘリも飛んでくれました。

今年は南側が開放されたので、機動飛行はアタマの上をガンガン飛んでくれました。BORGだとフレームに収まらないくらい。なんだかんだで満足度の高い航空祭でした。

写真と動画を以下に。



イーグルさん2態。



ファントム爺さん。

救難ヘリ、低過ぎ。

T-7も伸びやかに。

県警ヘリ、脚が引っ込むんですね。


イーグル機動飛行。

百里のファントム。

浜松救難隊、救難展示。

浜松救難隊 UH-60 機動飛行。

2012年5月13日日曜日

呉詣で

知人からチケットを頂いて、ヤマトミュージアムの企画展を見てきました。「海軍記録画」、自分に絵心がないのがもったいないなあと。それでも「夜間商船臨検」なんてぞくっとしますねえ。
ミュージアム併設のレストラン、ビーコンは初めて寄ってみました。少々割高感はありますが、味はまずまず。しかしテーブルにペーパーナプキンとか楊枝とか置いてないの?

そのまま海自呉基地に足を伸ばして、午後の護衛艦一般公開に参加。今日は輸送艦しもきた。でかいです。

そのでかさを買われて海外にも何度も派遣されています。乗り組んでる隊員の方に話を伺うと、14ヶ国に行って来たとか。派遣中は休みも取れず、大変な勤務を経験されているとのこと。それを誇るでもなく、淡々とユーモラスに語る。頭が下ります。

艦内をくるっと案内してもらいます。圧巻は後部のLCAC格納庫。2機が奇麗に収まってます。あんまりきちんとはまりこんでいるので、ぱっと見ただけでは何処にいるのか分かりませんでした。

LCACの出入りは後部のスターン・ゲートから。前部にゲートがある場合はバウ・ゲートと呼ぶそうです。俯角10°程度まで下るそうですが、それだけではなくバラストタンクに注水して艦自体の角度も後ろを下げ、格納庫が波に打たれる状態にしてしまうとの事。一度見てみたいものです。



しもきたの見学はあっさり終わってしまいましたが、何故か今回は桟橋を更に案内していただきました。輸送艦「ゆら」って、どっかで見たなと思ったら2月に阪神基地公開で見てるのね。そりゃ見覚えがあるはずだ。小さいけど砂浜に直接揚陸可能な艦艇。

その後は潜水艦の舫ってる桟橋まで。えーと、良いんでしょうか。最新の「そうりゅう」型、その2番艦「うんりゅう」がいましたよ。こんな間近で見られるなんて。

X型潜舵を備え、スターリング機関で長期の潜航を可能にした、おそらく通常型潜水艦としては世界最高峰。ええもん見せてもらいました。

2012年5月9日水曜日

予定

一部仮も含めて、今年の予定。
ホントに全部行けるかどうかは不明ですが。

  • 05/20 静浜基地航空祭
  • 05/26 大分市誕生100周年記念行事
  • 05/27 美保基地航空祭 or 大村基地開隊記念行事
  • 06/02 台湾 新竹基地開放
  • 07/07-08 RIAT
  • 07/29 丘珠航空ページェント
  • 08/11-12 100th Anniversary of the Russian Air Force
  • 09/23 小松基地航空祭
  • 10/04-07 Fleet Week
  • 10/12-14 国際航空宇宙展
  • 10/21 10/28 小月基地スウェルフェスタ
  • 10/28 築城基地航空祭
  • 11/10-11 Nellis Air Force Base Air Show
  • 11/18 浜松基地航空祭
  • 11/24 芦屋基地航空祭
  • 12/02 新田原基地航空祭
岐阜と築城が重なってるとか、新竹と経ケ岬が同じ週末とか、悲し過ぎる。小月のスウェルも変更されて築城とダブった…。

2012年5月6日日曜日

岩国基地フレンドシップデイ 2012

毎年5月5日に実施される、海兵隊岩国基地のフレンドシップデイ。昨年は東日本大震災の支援活動で休止になり、二年ぶりの開催。有料席のチケットも発売当日午前中に完売するなど、例年以上の人出が予想されました。事前予約でチケットは何とか確保。
前日、アメリカ遠征から帰ってきたのが2230頃、就寝が0030頃で起床は0600。何とか起き出して7時前にはスクータで出発。渋滞の横をゆっくり抜けながら基地到着は0830。ゲートに入る時に身分証明書のチェックは事前の予告通り。駐輪場にスクータを置いてから並んだ列がなかなか進まない。どうやら手荷物検査がボトルネックになっている模様。ところが係の人が、こっちが進みが早いから、と誘導してくれた列に移るとあっという間に。身分証明書の再チェックとカバンを開いて中身を見せて。
別途入場した友人と観覧エリア内で合流。取り敢えず生ビールで乾杯。有料席の位置は前年までと同様、旧滑走路に面しています。飛行展示は旧滑走路上のようです。離着陸は新滑走路が使われるので、そこは見られないのが残念。
オープニングは日米国旗のパラシュート降下から。ウイスキーパパ、WWのF-16、海自のUSー2,ジェイソンのF-4、陸自のUH-1降下、天狗のイーグル、同じく築城のF-2、レッドブル仕様の室屋、ハリアーで午前のフライト終了。
ステーキサンドは意外にまともな肉で美味し。
午後からはウイスキーパパ、室屋、F-16、国旗ジャンパー、そしてブルーインパルスで〆。
ブルーはやや高度が高く、風が強い為変則的な一区分。4シップインバートがローパスになっちゃいました。
1530にブルーの演技終了。1600に駐輪場に戻って、渋滞の2号線を自宅までぼちぼち移動。GWのイベントは終了。

F-16 WW。

海自 US-2。

ジェイソンのファントム。

天狗のイーグル。

同じく、背面をちらりと。

築城から続いてF-2。

地元岩国のハリアー。

今度は背中を。

日米国旗をひいてのパラシュート降下。アメリカのエアショーでもお馴染ですが、日米二国の国旗をはためかせるのは日本の基地なればこそ。


F-16、午後から二度目のフライト。

今度はお腹を。

そして室屋はRed Bull機で。

もちろん背中も。

トリはBlue Impulse。
ダイヤモンド・テイクオフからダーティターンで真正面。

サンライズ。

バーティカル・キューピッド。

会場後方から進入。

そのまま前方に抜けて、ワイド・トゥ・デルタ・ループ。

デルタ・ループ。

スター・クロス。

ローリング・コンバット・ピッチに入るところを少しアップで。


動画を撮影したファイルをうっかり消失すると言う大失敗を後日やらかしてしまいました。悔しいので、ハリアーの撮影データを過去のファイルから発掘してみました。2011年、海兵隊ミラマー基地での撮影です。


備忘

有料エリア外は大混雑。ニュースによると28万人の人出。
有料エリア内からでも新滑走路は遠いが、外よりゆったり見られる。ひな壇は揺れるので撮影には不向き。折畳み椅子持参が吉。但し今回は、エリア内もトイレが少なくて待ち時間が結構あり。