最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2015年12月20日日曜日

航空自衛隊土佐清水分屯基地開庁20周年記念行事

いつも航空祭に行く時は早起きが前提。ですが、昨日の予行の人出を見る限りそれほど混まないかなあとか甘い予想を立ててみたり。いや、泊まった宿の朝食が0730からなのでがんばっても出立が8時ごろになってしまうと。そこから1時間はかからないものの、パーク&ライドの駐車場のひとつ、道の駅「めじかの里」到着は0840。シャトルバスの始発に間に合ったかなと思ったけれど、残念ながら満員で次のバスに乗ってくれと言われてしまいました。次のバスって、0940? そんなに待つのか…。

実際はそれほど待つことも無く、0910頃に2台のマイクロバスが到着。0930には会場入りできました。そこから徒歩で移動開始。前日ロケハンを済ませた会場近くの高台に登ります。歩いて20分かからないくらいで標高は50mほど。会場に正対して見通しの効く場所なので、これなら海を絡めて撮れるかなと。逆光なのは変わりませんが。

会場内から見るより少し距離と高さがあるので、海を背景に入れた写真が撮れます。逆光なのは如何ともしがたいのですが。会場から海を挟んで南側にも山はあるのですが、見たところ全面木が茂っていて撮影できそうなポイントは見当たりませんし、第一歩いてあそこまで行くのは無理。贅沢は言いますまい。
こんな感じ。

距離が近いせいか風向きのせいか、会場のアナウンスが良く聞こえるのは想定外。これは助かります。

予定通り、10時に新田原救難隊のU-125Aが飛来。ちょっと大人し目の展示で2回の航過を実施。
最初の航過。
2パス目の進入。

動画。

ここから約1時間の待機。その間に地元の人がぼちぼち上ってきます。なるほど土地の人には知られてる場所なのね。海に面したところの後ろ側はかなりの広さがあるので、皆さんバイクや車で来てます。そうか、直接乗りつければ良かったのか。

見下ろすと、おや海保のフネが。

11時からはT-4の展示。土佐清水は福岡県に所在する春日基地の分屯基地で、その春日基地の西部航空方面隊司令部支援飛行隊に所属する機体によるフライトです。ただし春日基地には飛行場はなく、飛行隊は福岡空港の板付地区にあると。そこから飛来した2機が姿を現します。
基本の編隊で1パス。


旋回して再進入、脚を出しての2パス。



これで終わりかなと思ったら、ハイスピードでの3パス目も披露してくれました。

動画。

会場の人混みはこんな感じ。航空祭に較べるとのんびりしてますね。ブルーインパルスのサイン会は結構な人が集中したらしいですが。

再びの待機。そろそろお腹も空いてきたお昼時、正午にブルーインパルスのフライト開始です。科目は昨日と同じかな?
まずは5番機がソロで進入。

5機のワイドローパス。


デルタ360。


ポイントスターローパス。


さくら。

レベルキューピッド。

ダブルクローバーリーフターン。
トレイルで進入。
ダイヤモンドへ。
前半の旋回。

アローヘッドに変換して後半。

キューバンエイト。
右半分を描いてターン。
更に左側も。
離脱。

チェンジオーバーターン。
トレイルからワイドデルタへ。
水平旋回しつつ間隔を絞り込む。
海上でのこの科目、中々に新鮮です。

5番機のナイフエッジ。

レベルサンライズ。
両端の2機が散開を開始。
大きく広がります。

クリスマスツリー。


最後に上空でバイバイ。これは昨日とは違う見せ方です。

動画。

ブルーの展示飛行が終わったところで、てくてくと会場まで戻ります。屋台を見渡してみますと地元の食材が結構出てますね。お腹も空いたところですし、暖かいつみれ汁とバッテラ何ぞ頂きます。お腹も満足したところで退出しましょうか。

ここで難題。駐車場は複数あるのですが、複数あるシャトルバス待ちの列はどれに並べばいいの?案内表示はなし、行列の誘導もなし。お巡りさんに訊ねても、情報が入ってないので分からないとのこと。取りあえずどれでも並んで、来たバスを確認してくれってまた適当。しかしそれくらいしかなさそうです。バスが来てから行き先を確認して列の後ろに付いたら、そこには何故か次は違うバスが到着したり、もう何だか大混乱。行き先別にバス待ち行列を作らせてそこにバスを誘導して行列の先頭と最後尾に看板で表示してくれれば済むのに、イベント慣れしてないのかなあ。結局行列を2回移動して何とか目的のバスに乗ることが出来ました。いやまあ、色々あるものです。

それでも人出の絶対数はさほど多くなかったのでしょう。車に戻っての移動は渋滞も無く。スムーズに帰路につくことが出来ました。今年最後の航空イベント、これにて終了。

2015年12月19日土曜日

航空自衛隊土佐清水分屯基地開庁20周年記念行事前日予行 ブルーインパルス展示飛行

今年のブルーインパルス最後の飛行展示は、自衛隊高知地方協力本部主催のイベント、航空自衛隊土佐清水分屯基地開庁20周年記念行事でのフライトです。前日に予行があるらしいので、また先日の夜に出て車中泊で見に行こうかと思ってたら金曜日は職場の忘年会。しかも自分で幹事やってるから逃げられない。仕方がないのでアルコールはごく控えめに。定刻通りに終わらせてとっとと引き上げてさくっと就寝。0430に自宅を出る段取り。会場入りは0930頃。当日は一般客の駐車不可ですが、流石に前日は大丈夫。と言いますか、予行を見に来ている人あんまりいませんね。まあちょっと遠いか。

事故の責任は自己責任。

NOTAMによればブルーインパルスの予行は1040−1130、おそらく予備に1340-1430。堤防にもたれてカメラをセット、定刻を待ちます。地上のコントロールは「ジョン万次郎資料館」の海側のテラスにセットされているようです。

twitterを見ていると、明日は展望台に設置される予定だとか。そう言えば立ち入り禁止の表示が出てました。気象班もアンテナや風向計を立てて観測中。こちらは新田原から来ているようです。

予定時刻、まだ来ないなあと思ってましたが新田原はすでに離陸した模様。まだかなーと待ちわびるところに1050、5番機か。スモークを曳いて頭上を通過。正面、海側からの進入でした。90度方向を変えて左からソロで再度の航過。


そして正面の海から5機が水平に並んで進入。編隊を維持してワイドローパス。

次は合流して6機のデルタ。フォーメーションで水平360の旋回を披露。


正面から、ポイントスターローパス。

上空に散開。ばらばらの場所からスモークの航跡を描き始めて、さくら。

描きものを続けてキューピッドも大きい。

会場後方から4機のトレイルで進入してダイヤモンドに隊形変換、水平旋回。その後更にアローヘッドに移行してもう一度旋回を。ダブルクローバーリーフターン。




次いでソロ機が水平に8の字。これは手持ちの広角でも画角に入りませんってば。5番機はそのまま会場上空を通過。



後方から今度は5機のトレイル。見慣れたこれはチェンジオーバーターンをここでやるのか。海の上でのこの演目は新鮮です。



左手から5番機がナイフエッジ。

正面からまっすぐ5機で進入して大きく水平展開。レベルサンライズ。

さてこれで終わりか?いやこのシーズンならもう一つ。そう、真っ正面から6機のクリスマスツリーローパス。これで〆。


お疲れさまでした。新田原へ帰投です。

動画。

編隊連携機動飛行、いやあ結構な見応え。しかし、会場からだと近すぎる。描きもの以外海と絡めることができないって。どうしたもんかなあ。

万次郎資料館のレストランで昼食。清水鯖のマスタードソース、あら舐めてたら美味しいわこれ。いや、青魚好きなんですけどね、元々。

翌日に備えてちっと撮影場所のロケハンして、本日のお宿に移動。さて明日はどっちだ。