最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2015年9月21日月曜日

'15航空祭 in KOMATSU

今年の小松基地航空祭は敬老の日の月曜日。会社のカレンダーは出勤日だけれど、有給をもぎ取って出陣です。幸い天気予報は良さそう。前日の日本原駐屯地の記念行事、訓練展示だけ見てから移動して宿に入って備えます。しかしtwitterの流れを見ていると、例年以上の混雑になりそうな予感。困ったもんで。

当日、0530に宿を出て、半時間ほどで小松駅から少し離れた駐車場に到着。昨年ならこの時間でも充分空きがあったのに、ここも既に満車。しかし待ちはいなかったので、他の駐車場を探すよりはましかとゲートの前で待機。7時前に一台出庫があって何とか停める事が出来ました。

駅でシャトルバスを待っても1時間以上かかるはず。基地に向かって歩き出したところで空車のタクシーの補足に成功。基地東門の手前で渋滞が始まったのでそこまでで降車。0730には入場者列の最後尾に付きました。ゲートに入って手荷物検査を抜けて、エプロン地区に到達すると0745からオープニングフライトのイーグル離陸のアナウンス。てこずった割には間に合ってしまいました。例年、鉄工団地に停めてシャトルバスだと絶対見られなかったんですが。

オープニングのブレイク、はあれだ。会場内のここからだとかなり後ろから見る事に。いや、見られただけでもラッキーですが。編隊を組み直して、2機での航過、4機でのダイヤモンド、コンバットブレイクで着陸。
動画。

次の展示飛行まで少し時間があるので、屋台にて昼飯の調達。んー、弁当系が見当たらないなあ。前は駅弁があったような気がするんだけど。ちゃんと袋に入れてくれるようなので、佐世保バーガーを選択。カメラバッグにぶら下げておけば良いでしょう。

0855の予定より少し早めて、機動飛行の離陸開始。何と言いますか、えらく低いところでブレイクしてくれやがりました。低過ぎてどう撮ればいいんだか。2機上がった片方はロービジのドラゴン特別塗装機です。交互にアフターバーナー全開でぶん回し。気持ちの良い飛びっぷりです。
動画。

次いでゴールデンイーグルの2機が上がります。こちらも1機は特別塗装ですが、ちょっとカラフル。やっぱり轟音とともにオレンジの炎を吐きながらの豪快な機動を披露。923のスペマ機、ゴーアラウンドのローパスが低すぎです。前列の人のアタマが被ってる。これだと最前列でも展示機に隠れるから見えるのは一瞬だし、どうやったら撮れるんだ。
動画。

救難展示のUH-60JとU-125Aが離陸。プログラムの時間が被っていますが、編隊飛行のF-15が2機×4編隊で順次離陸します。

救難展示はU-125の要救助者発見と救難物資の投下から。UH-60Jはかなりの高空からパラシュートで2名のメディックを降下させます。上空で、くるくると結構派手に振り回しますなあ。

ホイストで要救助者と降りたメディックを回収して、救難展示終了。ここ数年、自衛隊レスキュー部隊の実働における活躍ぶりが報道される事も多く、皆さん熱心に見入ってます。
動画。

1024から編隊飛行。一陣は4機のデルタ、二陣はダイヤモンドで航過します。編隊を組み直して、1039に4機のエシェロンとラインアブレスト。
動画。

次の科目はF-2訓練展示の名目で模擬地上攻撃と、VADSの対空射撃展示。リモートかと思ってましたが、岐阜から502が来てたんですね。離陸シーンから見せてくれました。軽々と、切れの良い飛びっぷりです。流石テストパイロット。
動画。

F-2が降りたところで腹ごしらえを済ませて、地上展示を。毎年、隊員さんの手作りと思われるてるてる坊主は段々手が込んできています。「航空祭と航空祭をつなぐかがやいテル」だそうです。次が、岐阜築城百里の同日開催かと思ったら、その前に飽きた分屯基地ですか。ちょっと遠い。

消防車もかなりごつい。大型破壊機救難消防車、ですか。モリタのエンブレムがついてましたが、国産でもこんなごついのがあるんだ。

C-130は機内公開が人気で大行列ができています。あれ、この機体番号、一昨日徳島に来てた機体だ。あちこちご苦労様です。

U-4も美保からですね。

イーグルの特別塗装機は2機とも人だかりがすごい。写真撮るのも一苦労です。大人気なのはモデル撮影のせいだけではないでしょう。

F-4は岐阜からとウッドペッカーが来ていました。

T-400も美保から。

陸自からはOH-6、コブラ、そしてアパッチ。

T-7とT-4も端っこに並べられています。ブルーと同じ機体ですが地味な扱いです。


ところで、機体回収車の名目でウニモグなんて持ってるんですね。これもマニアックな車両ですなあ。トランスファーの搭載位置がフレームより上だったり、地上高を稼ぐためのハブリダクションとか、軍用車にしても凝った構造。これだけでご飯三杯くらいいけそうな。

さてここでブルーの離陸まで1時間ほど。思案のしどころですが、明日は仕事だし今ならまだ道路の混雑も避けられるはず。早めの撤収を決意。車を停めた駐車場まで約3kmを40分、そこから北陸道舞鶴若狭道、通行止めの神戸ジャンクションを避けて中国道、渋滞の岡山道を回避して中国道を更に回り込んでの帰投と相成りました。

2015年9月20日日曜日

「繋ぐ」日本原駐屯地創設50周年記念行事

日本原駐屯地の記念行事、例年かなり派手な訓練展示を見せてくれるので楽しみにしている駐屯地行事です。前日岡山に泊まったのでちょっと油断して出遅れてしまいました。現着が0830、展示場の最前列はほぼいっぱい。辛うじて奥の方に陣取ることが出来ました。場内放送のスピーカーが遠いので、アナウンスが聞き取れないのが惜しい。

1000から式典開始ですが、その前に海田市駐屯地所属の第13音楽隊が入場。その演奏に合わせて部隊が入場、整列します。特科、戦車、高射特科、後方支援、そして業務。戦車や大砲扱う部隊は確かに見栄えがしますが、支援部隊や業務諸隊なくして機能しないものであることも忘れてはいけません。

しかし、陸の記念行事は来賓挨拶が長いですね、いつもながら。安保法案通した直後の参議院議員の方の挨拶、聞き取れないのが辛いなあ。ちゃんと聞けたらそれなりに面白いはずなんですが(色んな意味で)。

観閲式が終わって、訓練展示準備の前に音楽演奏。お馴染みのポピュラーな楽曲も悪くは無いですが、チャイコフスキーの序曲1812年はやっぱり聞き応えがあります。譜面通りの「大砲」ぶっ放せるのはやはり陸自の面目躍如。FH−70はともかく、105mm榴弾砲なんてほとんどこの曲の演奏のためだけに保有してるんでなかろうか。演奏始めてから自走のFH−70とトラックに牽引された105mmが入場してきましたが、3台のトラックが演奏に合わせて場内駆け回るのが無駄に格好良いんですけど(笑)。
動画。

訓練展示前にお湿り。消防車による散水展示です。放水銃でぶちまけるのかと思いきや、実は車上に立った隊員さんがホースで撒いてました。自由度が高いせいか結構派手な散水。
動画。

さて訓練展示。基本パターンは例年通りかな。敵戦車および大砲に対し、偵察から。バイク部隊と偵察警戒車。その情報に基づいて、レンジャーがUH-1から降下。特科の砲撃による援護のもと、戦車部隊と普通科が進撃。敵航空部隊は高射特科が撃退。最後に全力投射で敵は白旗。戦力比からは弱いものいじめに見えなくも無いけれど、やるからには勝てる戦いをするべきで、そのためには彼我の力関係を圧倒的な状態で始めるのが定石。弱者の大逆転劇はそれこそフィクションの中でこそ。あ、最近は枷を外された自衛隊が全力で異世界の軍勢を叩くファンタジーもありましたか。

模擬店でカレーが200円とか音楽隊の午後からの演奏とか装備品展示とか後ろ髪引かれるものはいっぱいあるのですが、明日は小松の航空祭。今日中に現地入りしておきたいので涙を呑んで撤収、移動開始です。前日の徳島航空基地祭と併せるとこの週末で海陸空、三自衛隊のイベントにお出かけ。

2015年9月19日土曜日

海上自衛隊徳島航空基地公開・基地祭

徳島教育航空群を擁する、海上自衛隊基地。少し前まで徳島救難飛行隊がありましたが、組織改編により大村の第22航空群に編入されました。所属する航空機は教育航空群のTC-90と、航空分遣隊のUH-60J。陸自の北徳島分屯地もここにあって、OH-6とUH-1を保有しています。

0830頃にサンスター駐車場到着。シャトルバスは0850からとのことでしたが少し早く運行が始まりました。今年は、去年のようなガイドさんの解説サービスはなし。

人出の少ない内に、地上展示機を。お馴染み小月のT-5、当基地のTC-90、U-36Aは岩国からですか。空自から、飛行点検機としてのU-125。徳島県防災ヘリは川崎製のBK-117C-1。訓練機TH-135は鹿児島は鹿屋から。今年はP-1は不在で、P-3Cが。もう一機、空自から空色のC-130H。

ファンシードリルを順光で見られる場所にまず移動して、式典開始を待ちます。予定通り、0950開始。祝賀編隊飛行の航過です。先頭は陸自のOH-6とUH-1が2機。この基地の航空祭は陸自の協力を得て実施されています。続いてSH-60Jが3機。更にT-5が3機。そしてTC-90が3機で〆。

式典は、国旗と海上自衛隊旗の入場から。群司令の挨拶と、来賓の挨拶。そして一日群司令の任命は阿波踊り大使の吉崎佳奈子さん。国旗と海上自衛隊旗が退場して、式典は終了です。

間も無く海自航空学生の航空学生によるファンシードリル。シー・イーグレット、若鷲と呼ばれています。空自のドリルとはちょっと違う演技です。来賓に対する挨拶が栄誉礼ではなくて捧げ銃(ささげつつ)の敬礼なので演奏がないとか、円を描いての行進が一重だけだとか、銃の送りが2回逆方向で行うとか。特に今年は、演奏は海自の方が豪華ですね。
動画。

さて次は飛行展示。陸自のOH-6が軽快に機動飛行。続いてUH-1が4名の隊員をラペリングで降ろして展開展示。
動画。

午前の部はここまで。売店隣の食堂に移動して昼食を。販売されているのはお弁当と、食堂でエビフライカレー500円也。

ところで売店には島田フミカネ氏デザインの自衛隊三人娘グッズがありましたが。これって岡山地本のキャラでなかったっけ。いや海を挟んでお向かいですが。

ここで、財布の中の現金が意外に少なくなっていることを発見。普段の買い物はクレジットカードと電子マネーばっかりなのでうっかりしてました。が、売店の向かい側にゆうちょのATMが。週末だけど使えるのかな?試してみたらちゃんと引き出し出来ました。やれ助かった。

午後のプログラムは、再びファンシードリルから。今度はお日さまの位置も変わっているので反対側に回り込んでみます。あ、午前中来賓が座ってた席、午後は一般客使っていいのか。あっこなら真正面からだったのに。
動画。

次いで陸自展示飛行。今度は最前列に出られたので、OH-6の低空飛行もしっかり見られました。
動画。

そして県防災ヘリ。の前に、外来機RTBの準備が始まるようで、見学エリアのロープが下げられ始めました。ここの基地祭、帰投が早いのはありがたいのですがエプロンがあまり広くないので機体の移動にはこういう措置があるのはやむなしか。

消防車から移送された放水用の水をたっぷり飲み込んで、防災ヘリの離陸。何度か観客の前を往復してから、ばしゃー。チヌークやUH-1 のバケツ放水ほど大量ではありませんが、上から一気に降らせる水ってのは効果的な消火手段なんでしょうねえ。
動画。

そろそろ帰投のフライト開始。U-125、T-5、U-36Aが連続して離陸。残念ながら、全機スムーズにまっすぐ行ってしまいました。更にTH−135が鹿屋に向けて飛んだ時点で、自分も撤収。