最近の更新

最近の更新

2019/05/16 Whisky Papa 航空ショー 第2回okasyo春祭り  写真追加。 2019/05/13 Whisky Papa アクロバットショー さかいで塩まつり  動画追加、写真追加。 2019/05/12 Whisky Papa 航空ショー 第2回o...

2011年12月10日土曜日

LIMA11 三日目

この日はゲートオープンが少し早まったようで、列の進行もスムーズでフライト開始前に入場。朝からSu-30のフライトが見られました。しかし最前列の位置が昨日から少し後退し、地上展示機が撮影の邪魔に。一番右にいた空中給油機は、なんだか見慣れない機体だと思ったら豪州空軍のエアバス機でした。パンフレットをもらってごそごそしていたら、某T氏に発見されてしまいました。立ち話をしていると、現地の女の子から写真を撮らせてくれと話しかけられてしまった…。トルコでは多かったけれど、それ以外では初めて。



会場端のテントのスタンドでは生ビールも提供していたので、ここでビール飲みながらハンバーガーでお腹を満たします。気温は高いはずですが日陰で風に吹かれていると結構過ごしやすい。

冷房の効いたホールに移動してぶらぶらしていると再びT氏に遭遇。野良無線LANを捕まえてさっそく動画をアップする氏と雑談しながら時間をつぶし、午後のフライト開始前に再び会場へ。待機する列線の見られる会場左端最前列。T氏の知り合いも合流して午後のフライトを鑑賞。

SU-30、動画。


ユーロコプター・タイガー、動画。



T氏の移動便は少し早いので、最後のSmoky Banditsが終わるとバイバイです(LIMAのせいで結局離陸は1時間半遅れたそうですが)。私も一度ホテルに戻って荷物を取ってこないといけないので、MiG-29が着陸する前に移動開始。カメラをしまったおかげで最後の5機編隊のローパスを撮り損ねてしまいました。

ランカウイの空港は荷物預かりがないのが難点。ホテルに移動して預けていた荷物を受け取って再びタクシーで空港に。帰りの便にチェックインしてからラウンジを探しますが、見つからない。インフォメーションで聞いてようやく発見。出国手続き後のセキュリティ前という微妙な場所でした。

クアラルンプール空港ならカードラウンジが無料で使えるけれど、乗り換え時間がやっぱり短いので、有料だけどこちらでラウンジに入ってシャワーを浴びます。冷たい水と冷たくない水しか出ないのは閉口しましたが。温かいお湯が出てほしかった。

軽食も、アルデンテと言うより火が通ってなくて硬いままのパスタなんでのも並んでましたが、頼めばビールは出してくれるし係りの人はすぐにリクエストに対応してくれるしで、トータルの印象は悪くないラウンジです。

時間が近くなったので搭乗ゲートに移動すると、ここでもフライトが遅延。クアラルンプールで成田行きに乗り換える人が10人以上いたので、クアラルンプールではマレーシア航空の人が待ち受けていて走らされました。まあ間に合ったから良しと。

教訓:乗り換えは余裕を持って予約すべし。

2011年12月9日金曜日

LIMA11 二日目

LIMAの一般向け開場は10時。少し遅いかと思いながら9時にホテルを出てタクシーで会場へ。運転手は話好きの若いおにーちゃん。

会場入りして並んでいる間にフライトが始まって、30分ほどかかってチケット購入とセキュリティのゲートを通った時はすでにSu-30の午前のフライトは終了。カメラを用意しながら最前列へ移動。しかし柵もロープも何にもない。プログラムが進むたびにみんな少しずつ前へ移動。コンクリートのエプロンから芝生のエリアまで進出すると、さすがに警備の軍人さんが大声で(多分)下がれ下がれと注意。ぞろぞろとコンクリートの領域まで後退。

他にもロールやループするヘリは見ているけれど、ユーロコプターの機動飛行はすごい。ホバリングからバックフリップは初めて(OH-1も試験飛行の時にやらかしたらしいけれど)。米軍のF/A-18、シンガポール(?)のF-16、ペナンからリモートの英空軍ユーロファイター。更にMiG-29 5機の Smoky Banditsで午前のフライトは終了。

ユーロコプターの動画。


ホール内のスタンドでサンドイッチと飲み物を頼んで昼食。ブースをひやかしてから地上展示を見つつ、エリア内案内の看板を発見。じっくり見ていると入り口と離れたところにもゲートがある。空港ホテル方面とあるので、空港に行くならこちらを使った方が便利そう。

午後からは基本的に午前と同じプログラム。しかしユーロコプターのフライト時は軽いにわか雨が。雨の中それでもくるくる回るユーロコプター。で、朝見損なったSu-30のとんでもないフライトも堪能。朝は飛ばなかった仏空軍のラファールも機動飛行を展示。日本では見られないロシアと欧州の戦闘機をじっくりと見ることができました。太陽も右手に移動して光線状態も悪くありませんでした。雨が降るくらいですので湿度が高く、各機ともベイパーが出ること出ること。

フライト終了後、空港に移動してタクシーに乗るまで30分ほど。一般道なのに100km/hで走るタクシーでホテルまで帰還。データをPCに移動してバッテリ類を充電セットして、食事にお出かけ。

歩道にイスとテーブルを出している中華料理屋で、ビールを頼むと出てきたのはサッポロ。食事のメニューにはSMLとあったのでSで3品ほど頼むと、私の感覚では少ないとはとても言えないたっぷりのチャーハンと野菜炒めとスープ。苦労しつつそれでも完食。なんだかんだ言ってもマレーシアの食は美味い。


LIMA11 初日(移動のみ)


マレーシア、ランカウイ島のランカウイ国際空港に隣接するMahsuri International Exhibition Centre (MIEC)で2年に一度開かれるトレードショー。オフィシャルサイトはこちら。2011年は12月6日から10日までで、8日までがトレードデイ、9・10日の最後の二日間が一般公開されるパブリックデイ。マレーシアの国教はイスラム教なので、週末にあたる金土に一般公開される模様。

木曜日に成田からクアラルンプール経由でランカウイに移動。マレーシア航空は乗り換え1時間でも何も言わずに発券してくれたので気にしていなかったけれど、よく考えたら入国手続きもあるので間に合うのか? しかも成田発の便が1時間近く遅れて離陸。日本人のCAが乗っていたので尋ねてみると、乗れなければ振替えるので、とのこと。預けた荷物もクアラルンプールで一度受け取る必要はないそうで。

クアラルンプールの国際線ターミナルに着陸後、急いで移動。ターミナル間をつなぐシャトルトレインで国内線ターミナルへ。ランカウイ行きのゲートへ向かう途中に入国審査。30分もかからずに到着して一安心。

待っていると、何やらマレーシア語でアナウンス。ゲート内待合室の人がぞろぞろ出て行ってしまう。何事かと係りの人に聞くと、離陸が遅れるとのこと。接続する便が遅れたせいかLIMAのせいかは不明なれど、小腹がすいていたのでゲートを出て軽食を探す。見つけたスタンドでよくわからないけれどメニューから適当なものを頼むと、青魚のカレーライス。辛いものは得意ではないけれど旨味も深くて意外に美味しくいただけました。


ゲートに戻ると既に搭乗中。クアラルンプールからランカウイまでは1時間余り。途中機内から見た雲海への日没は綺麗でした。


ランカウイの空港からホテルまではタクシーを利用。ここではタクシーは料金が事前交渉と聞いていたけれど、空港のタクシーカウンターで頼めば主要なホテルまでは料金が決まっています(ホテルのフロントで頼んでも同様)。ワンボックスのバン型タクシーは広い道路をすっ飛ばして半時間もかからずにホテルへ。
海外で夜にホテルに入るとたいていそのまま休むのだけれど、ホテルの目の前で何やら屋台がいっぱい出ていて夜市の雰囲気。楽しそうなので散策。
閉めかけてた小売店にお願いしてビールと水を買い込んでから、ぶらぶらと。香りに惹かれて屋台で麺を所望。言葉はよく分からないけれど、赤いスープにたっぷりの具が乗った麺は一杯3.5リンギットらしい。これも辛さより旨さが勝る美味しいものでした。しかもビールに合う。


2011年10月23日日曜日

小月航空基地 スウェルフェスタ2011

今年のスウェルフェスタは残念ながらT-5の体験搭乗なし。その分、航空学生のドリル展示とルーキーフライトの展示飛行が午前と午後の二回実施されました。


更に、おそらく自衛隊基地では初めてであろう試みとして「コスプレピクニック」なるイベントが。基地内をレイヤーさん達が闊歩しています。自衛隊のイベントにはずいぶん行っていますが、こんな雰囲気は他に例が無い。お祭りを「ハレ」のイベントとしてみるなら大いにありでしょう。


レイヤーさんの写真はなし。ルーキーフライトとドリルの動画。





2011年7月28日木曜日

ブルーインパルス 見島沖飛行訓練


東日本大震災以来、芦屋基地に留め置かれているブルーインパルスは、復興支援業務を終えて移動訓練に入りました。芦屋基地を拠点に、日本海山口県沖、見島近辺を訓練空域として。

検索してみますと、見島から訓練の様子が見えることがあると、とあるカメラマンのブログに。9月までは平日休みですし、一度出かけてみようかと7月末の見島の宿を予約。移動の足として宿に軽自動車を借りる手配も。7月発売の航空ファン誌にこのカメラマンの写真が掲載されて、ショーセンターが北灯台付近らしいと。

見島まで萩港から高速船「おにようず」にて約70分。うっかり前部船室に乗るとかなり揺れが激しく、いささか船酔いが厳しい。見島では本村船着き場から宿のクルマでピックアップしてもらいます。一度部屋に入って荷物を置いてから、予約しておいた軽自動車で出発。10万kmにならんとする三菱ミニキャブバン、しかも4WD。結果的に大正解。

村の商店で昼飯代わりにパンと飲み物を購入し、北灯台へ。多少迷いながら到着したのは11時過ぎ。クルマを停めた途端、背後から懐かしいT-4のエンジン音が。いきなりのレベルオープナー(或いはサンライズだったか?)。訓練海域は島の西側ですが、北灯台からは西側は山並みと電線が邪魔で必ずしもベストなロケーションではありません。が、贅沢を言える場合ではないので急いでカメラを構えます。しかし約4ヶ月ぶりのブルーの雄姿。少しばかり、感動。

第一区分の科目がメインのようです。4シップインバーテッド、バーチカルキューピッド、ラインアブレストループ(但し後方へは回らず)、360ターン&ループ、デルタループ、デルタロール、ボントンロール、バーチカルキューバンエイト、上方空中開花からスター&クロス、タッククロス、そして最後にコンバットピッチ(ローリング無し)。以上で午前の訓練は終了。

パンをかじり、水分補給しながら島の地図を眺めてロケーションを考えます。ショーセンターは北灯台よりもう少し南(分屯基地か?)。飛行空域は島の西側。西側に開けた場所が望ましいのですが、航空自衛隊見島分屯基地以外の集落や道路は島の東側に偏っています。観音平が候補に上がりますが東に過ぎる。後は走り回って探すしかありません。

北灯台から少し南に下った池の周辺、それなりに西側の空が開けているので何とかなるか?観音平まで足を伸ばすと、やはり西には山がありますし飛行空域からは遠い。再度北灯台までの道を戻りながら、枝道に入ってみます。横枝を伐採して轍にタイヤの跡があるところは何とかなるだろうと進むと、軽の四輪駆動であることに感謝せねばならない道に。何とかターンして二本目の枝道はもう少し慎重に、まずは歩いて探ってから。海沿いの斜面にある小さな田んぼに出ました。畔の手前なら、開けた空が臨めます。スイッチバックでクルマを停めるスペースもあるので機材を積んで持ち込み。(田んぼの周辺を荒らさないよう留意)

13時頃、無線に入感あり。エンジン音も聞こえて上空に機影を認めるも訓練開始の気配無し。上空の雲はあるけれど、それより海上の視程が悪いのが理由か。仕方がないので木陰に停めたクルマのドアを全開にして昼寝。風が通って涼しく、快適。

目を覚ましてぼーっとしていると14時半ごろ入感があったと思ったらまたレベルオープナーで進入されました。慌ててカメラ引っつかんで開けたスペースへ。

雲が低いせいかこの時間帯は第三区分の科目がメインのようです。ダイヤモンドローパス、4シップインバーテッド、ダイヤモンドでの360、ダブルロールバック、さくら、そしてコンバットピッチ等。

航空祭での展示より高度は高目。それでも再び航空祭などでの展示を目指して訓練を再開したブルーの飛行を見ることが出来て、満足した一日でした。













2011年5月29日日曜日

台湾空軍401聯隊(花蓮基地)

当初5/14に予定されていた基地公開ですが、台風の接近に伴い直前になって延期。台湾では良くある話ですがやっぱり辛い。ホテルは宿泊日変更、航空券は取り直し。花蓮は台北から自強号で2-3時間、松山空港からなら国内便で半時間の行程。台北泊で花蓮まで日帰りも出来ますが、花蓮に泊まってしまった方が楽。
花蓮のホテルで翌朝のタクシーを依頼し、基地開放の時間に合わせて移動。多少の混雑はありますが概ねスムーズに基地内へ。

小雨の降る中、日本の航空祭よりははるかにゆとりがあります。地上展示は空軍のみならず陸軍の装備もかなりのスペースを割いています。戦車に野砲、ヘリなど。また空の装備は戦闘機、輸送機から哨戒機、早期警戒機まで多彩に揃えています。ホークアイ2000がいるとは知りませんでした。
写真。
F-16。

F-CK-1 IDF 経国。

F-5Fも現役。

100周年記念塗装。

S-70C、増槽が二連。

35mm野戦防空快砲。

天兵射控系統。対空レーダーですか。

麻雀飛弾。スパローですか。

鷹式飛弾。てことはホーク。

等幅波捜索雷達。 ホーク運用に使われる連続波捕捉レーダー(CWAR)。

高功照明雷達。同じくイルミネーターレーダー。

脈波捜索雷達。同じくパルス捕捉レーダー。

S-2(T)反潜定翼機。対潜哨戒機ですな。

OH-58D偵捜直昇機。ベル製の観測ヘリ。


AH-1W 超級眼鏡蛇攻撃直昇機。スーパーコブラ。

E-2K 鷹眼空中預警機。ホークアイ。

CM-11戦車。台湾国産、勇虎(ヨンフー)の愛称。

地上展示機(予定)

  • T-34C教練機
  • AT-3教練機
  • RF-5E戰機
  • F-16戰機
  • IDF戰機
  • M-2000戰機
  • F-5F戰機
  • S-70C搜救直升機
  • C-130運輸機
  • E-2K預警機
  • S-2T
  • BH-1900行政專機
  • AH-1W
  • OH-58D
  • S-70C直升機
  • 35快砲
  • 麻雀飛彈
  • 鷹式飛彈
  • CM-11戰車
  • M105榴砲
  • M155榴砲
  • 渦輪發煙車
  • 多功能戰工車
  • 裝土機

プログラム(予定)

  1. 0900-0905 司令致歡迎詞
  2. 0905-0910 貴賓致詞
  3. 0910-0912 大會司儀活動説明
  4. 0912   F-16*5空中分列式(掲開序幕)
  5. 0912-0927 三軍儀隊/空軍樂隊表演
  6. 0927-0930 F-16*5空中分列式衝場落地
  7. 0930-0947 神龍小組操演
  8. 0952-1005 S-70C性能展示操演
  9. 1005-1100 雷虎小組地面?空中操演
  10. 1105-1120 IDF單機性能展示操演
  11. 1120-1135 M-2000單機性能展示操演
  12. 1135-1150 F-16單機性能展示操演
  13. 1150-1200 F-16戰機短場落地滑回展示區
  14. 1205   RF-5E空中照相
  15. 1205-1440 園遊會(簽名會)
  16. 1400   IDF*4空中分列式
  17. 1440-1455 三軍儀隊/空軍樂隊表演
  18. 1455-1515 海星高中喇叭隊表演
  19. 1500   M2000*4空中分列式
  20. 1515-1535 四維高中?(足編に台のつくり)拳團體表演
  21. 1535-1555 大漢技術學院舞蹈表演
  22. 1545   F-16*5空中分列式
  23. 1555   F-16*5空中分列式衝場落地

軍民共用空港なので民間機の着陸もあります。

予定時刻からやや遅れて展示飛行開始。神龍小組はパスされましたが午前の飛行はプログラム通りに。ローショーながら雷虎はカラースモークを使って白・赤・青の三色で航跡を描きました。

離陸は3機×2編隊とソロ。



編隊を組み替えながらのパス。






ソロのパス。

2機をセンターにコークスクリュー。


ボントンロールも。


展示飛行を終了してそろってタキシング。


かなり若いパイロットに見えます。

IDF経国も元気に。






ミラージュは雲底の低さをものともせず垂直系の飛行を展開し、何度も雲に消えていました。









F-16は昨年CCKと同様観客の頭上で旋回し、度肝を抜いてくれます。



コクピットに100周年のステッカーでしょうか。

RF-5の離陸。

展示機の列線。

やや肌寒くもあり、午後は航過飛行メインなので、地上展示を充分に見てから撤収。今回は雷虎の展示と初見のM2000に満足。次こそは晴天下の雷虎を見たいものです。秋の基地公開に期待。

動画。



花蓮の街中で見かけて、涙が出そうになりました。

たまたま宿から歩いて5分のところにあった液香扁食店と言うお店。ワンタンの超有名店だそうです。蒋経国も通ったとか。