最近の更新

最近の更新

2019/08/20 2019千歳基地航空祭  写真追加。 2019/08/10 RIAT2019(日曜日)  記事掲載・動画追加。 2019/08/05 2019千歳基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2019/07/30 RIAT2019(土曜日)  動画追加。 ...

2012年10月28日日曜日

築城基地航空祭 2012

春日から移動して前泊の宿へ。苅田の駅近くで泊まって、クルマはホテルに置かせてもらうよう依頼。普段は6時からの朝食が、この日は航空祭目当ての宿泊客が多いため5時から提供されるとの事。良い対応です。

朝は別のホテルに泊まった友人と待ち合わせて6時半に駅で合流。築城の駅には7時過ぎに到着。それでも開門ダッシュには間に合います。私が二人分の荷物を運んで、友人が最前線へ走り込み。ブルーの真ん前に陣取ります。

午前中は雲の多い天候でしたが、飛行展示には影響なし。

オープニングフライトは基地所属の全機種が。T-4を先頭に、F-15とF-2を従えてアローヘッド。

各機の航過飛行。これはT-4。

動画。
次いで救難展示はおなじみUH-60とU-125のコンビが。 UH-60離陸。
U-125が先行して要救助者の捜索。
UH-60、ホバリングからのラペリングでメディック進出。
UH-60の救助活動中、U-125は周囲を旋回しつつ周辺監視。
動画。
陸自からはロングボウ・アパッチ、AH-64。機体性能としては、宙返りすらこなすのですが、今回は大人しめ。ロングボウと呼ばれる上部のセンサー類が特徴。

教育隊からは、12教団T-7、13教団T-4がそれぞれ編隊飛行を。残念ながら、数年前12教団が見せた度肝を抜く低空のローパスはなし。 T-7のダイヤモンドローパス。
T-4のダイヤモンドとエシェロン。
動画。

5空団はカエルのマークのファントムが結構な暴れっぷり。 百里で聞いた話では、このご老体を飛ばすにはかなり手間がかかるとのことで、 整備部隊の苦労が偲ばれます。 お腹と背中を見せての機動飛行。
動画。
午後からは天候も回復して、青空のもとでのフライトです。 8空団からF-2の対地射爆撃とそれに続いてF-15での模擬スクランブル。 そのまま飛んでデモフライト、とは行かず。 F-2、編隊での離陸と機動。
動画。
スクランブル展示前の準備、模擬弾を搭載。
動画。
そしてブルーインパルス。 航空祭本番で一区分を見たのは今年初めて。 ウォークダウンを終えて、滑走路へ移動。
離陸前のスモークチェック。
1番機から4番機、ダイヤモンドでのダーティターン。
5番機、ローアングル・キューバン・テイクオフ。
5番機、インバーテッド・コンティニュアス・ロール。背面での進入。
サンライズ、デルタ隊形で降下して、展開の直前。
チェンジ・オーバー・ループ。 ダイヤモンドでのループのほぼ頂点。
4シップ・インバート。の一部。
バーチカル・キューピッド。 風が強くて、矢が貫いたシーンではハートが崩れてしまったのでその直前。
ワイド・トゥ・デルタ・ループ。
スター&クロス。
タック・クロス。
コーク・スクリュー。
展示終了後、スモーク用のオイルの補給のためドラム缶を移動中。
動画。
今年の築城は、ブルーの後に地元機の機動飛行が。 8空団のF-2、F-15それぞれに派手な機動飛行。 百里での暴れっぷりと甲乙付け難いフライトデモでした。 F-2が好天下で洋上迷彩の背中をばっちり見せつけてくれました。
F-15のローパスと360旋回。
動画。


帰りは混雑を避けるのに、東門からでて大回りして築城の駅へ。4時間ほどで帰宅。
殆ど高速だけで移動出来るので、築城は近いです。

2012年10月27日土曜日

春日基地開設記念行事 2012

小月から移動して、春日基地へ。時間的に式典やファンシードリルには間に合いませんが、一部で知られるレッドクラブの飛行展示が予定されています。
駐車場は用意されいないので、近傍のコインパーキングを探して駐車。駅近くに幾つかあるので不自由はありません。基地内厚生施設の食堂で昼食を摂って、レッドクラブの展示場へ。

司会役の紅図猥子(べにずわいこ)さんを発見。何やらお客さんの女性を口説いています。いや、レッドクラブのパイロットへの燃料補給役を依頼している様子。成程、こうやってその場でおねがいしているのですか。
午後の展示時間が来て、6台のレッドクラブの機体が展示場に進入してきます。以降の様子は、動画で。

小雨の中、無事に展示を終了。撤収して苅田に予約したホテルに移動。

小月航空基地 スウエルフェスタ2012(前日予行)

小月基地の基地公開、Swell Festa。いつもの年ですと教官の操縦によるT-5のアクロバット、ルーキーフライトを楽しみに行くのですが。今年は困った事に、
築城基地航空祭と岐阜基地航空祭と明野の駐屯地記念行事まで同日開催。twitter上では、土曜日に築城の予行を見て日曜本番は岐阜に行くと言う人が多かったようです。しかし事前の天気予報では全国的に日曜は雨。悩んだけれど、土曜に小月の予行を見て日曜は築城と言う予定を立てました。

しかし、先週の百里でお世話になったK先生は築城に行くとの事ですが、自称晴男。直前の天気予報では築城の天気は回復傾向を見せてしまいました。

でまあ、当初の予定通り土曜は朝から小月へ。いつも予行を見ている漁港手前のT字路では、古い橋が撤去されていてちょっと勝手が違います。まあ邪魔にならないようクルマを停めて、踏み台を準備。この日の天候は風が強く雲も多し。無線を聞いていると、どうやらルーキーフライトの展示飛行は無いようです。残念ですがお天道さまには敵いません。

それでも航過飛行は予定通り。
TH-135。

SH-60J。

UH-60J。

MH-53E。

TC-90。

US-2。

P-3C。

T-5。


各機が無事フライトを見せました。
動画。

無事航過が終ったところで、機材をしまって西へ移動開始。

2012年10月21日日曜日

百里基地航空祭2012

前夜は在茨城の友人宅に泊めてもらい、そのまま5時半起きで6時に出立。基地直前の駐車場待ちで多少滞ったくらいで渋滞無し。通用門から入場して用廃のファントムが置かれた横でゲートオープンを待ちます。0730の予定が少し早めて入場開始。それほど焦らずともほぼ最前列を確保出来ました。とは言え、離着陸とタッチ&ゴー以外は、最前列にこだわる事も無いのですが。人が混んでるとレンズを振り回すのも難儀ですし。

で、オープニングフライトの機体が着陸した辺りで後方へ下がります。ちょっと下がると人口密度も低くなるので一息。飛行展示のプログラムは昨日とほぼ同じで、パラシュートジャンプがキャンセルされるのまで一緒。風向きで上がりの方向が変わる時があったくらい。

そう言えば、ブルーでは無いT-4のエンジンスタートをちゃんと見たのは初めてか。大抵の航空祭ではT-4は何だか遠くでエンジンかけて、いつの間に離陸する印象が。今回は目の前で点検から初めてエンジンスタートまで見せてくれました。
写真。

動画。

オープニングの動画を機種別に。
F-4。
写真。



動画。

F-15。
写真。


動画。

RF-4。
写真。


動画。

U-125、写真。



前日の慰霊飛行ではうっかり撮りそびれた、F-4の慰霊飛行。編隊の中の一機が天高くハイレートクライムを行い、空に帰る魂を表すとされています。自衛隊機のミッシングマン・フォーメーションを見るのは私は初めてでした。
写真。

動画。

RF-4 2機による写真撮影。
写真。

動画。

F-4の機動飛行。
写真。


動画。

次のプログラムまでちょっと時間があるのでトイレにでも行こうかと思ったら。前日お世話になったK先生とばったり。一緒に来ている友人を紹介してしばし雑談。本職ではありませんが、仕事柄友人も詳しいので微妙に深い話題に。私は着いて行けませんとも。

RF-4の写真撮影とF-4機動飛行の間に、霞ヶ浦高校チアリーディング部の演技披露もありました。うっかり場所を間違えてうろうろしている間にあっと言う間の人だかりで、殆ど見えませんでしたが。霞ヶ浦高校って自衛隊と仲が良いんですかね。陸自の駐屯地行事や武器学校の行事でも演技の披露をしているようです。元気はつらつで格好良いです。



そしてF-15の機動飛行。
写真。


動画。

帰りの飛行機は夕刻ですが、最後まで見てると渋滞にはまるのが怖い。友人提案で池沢さとしの「サーキットの狼ミュージアム」に寄って空港まで行こうかと。個人所蔵のスーパーカー群が、たまたまサーキットの狼に登場する車両を網羅していると言う事で、池沢さとしが噛んできてイラストやら解説付きの展示になったそうです。建物は以前パチンコ屋だったものを使っている模様。解説付きで見ていると中々面白い。










で、更に成田まで送ってもらって今回の遠征は完。
天候にも恵まれた航空祭でした。