最近の更新

最近の更新

2018/08/11 空軍嘉義基地 107年國防知性之旅 營区開放  記事掲載、動画追加。 2018/08/05 航空フェスティバル2018 in 愛知  写真追加。 2018/08/04 航空フェスティバル2018 in 愛知  記事掲載、動画追加。 2018/07/2...

2008年2月23日土曜日

Singapore Airshow 2008/ シンガポール エアショー2008


写真は最後に。

公式サイトはこちら。アジア地区最大のエアショーであり、世界三大エアショーの一つとされています。2008年の会期は2月19日から24日までですが、初日から22日まではトレードデイとされているため参加費用は高めに設定されています。一般公開は週末に当たる23日と24日のみです。飛行展示は1215-1345の昼過ぎの時間にのみ実施。展示予定は以下の通り(23日分 24日もほぼ同様)。
Flying Display Program
TimeExhibitorAircraft TypePerformance
1215-1235RSAF Black KnightsF-16 D+Team Aerobatics
1235-1245USAFF/A-18Solo Aerobatics
1245-1255Alenia AermacciM-346Solo Aerobatics
1256-1305Korea Aerospace IndustiesT-50Solo Aerobatics
1305-1325USAFF-16 Fighting FalconSolo Aerobatics
1325-1333AirbusA380Solo Flight
1333-1345RAAF RoulettesPilatus PC-9Team Aerobatics
開場は930から1700まで。会場はChangi Exhibition Centreで、MRTのEXPO駅からシャトルバスで片道S$5、15分ほどの道程です。朝早い時間であれば往路はそれほど混みませんが、会場に入る直前に一度バスを止められて軍人さんが乗車、車内をチェックしてからバス降車場に入ります。バスを降りてからも入場までに一度セキュリティチェックを受ける必要があり、これは空港でのチェック並の厳しさです。ちなみに着ていた空調服は当然のごとく金属探知器に引っかかり、検査官には受けてました。
日本の航空祭とは違い、トレードショーとしての性格もあるためそちらの展示は大きな屋内展示場で実施されます。当然空調もしっかり効いているので酷暑からの避難場として最適。きれいなトイレも備わってますし。少し小さなプレハブの建屋がFeature Pavilionとして用意されており、シンガポール軍の装備展示やオフィシャルグッズの販売、なぜかSegwayの展示なども実施されていました。これは試乗もあり、乗ってみないかと誘われましたが一回$10と言われて丁寧にお断りしました。
屋外地上展示は陸海空軍の装備に民間機の展示も多数。民間機展示の目玉はやはりエアバス、A380でしょう。すでにシンガポール航空には2機引き渡されているらしくエアバスとしてもがんばってアピールしたいところでしょう。地上展示機がそのまま展示飛行も実施していました。特に柵などを設けていなかったので、展示場から移動するときと戻すときは人払いが大変です。またロッキードマーティンの屋外展示場にはF-35 JSFが展示されていました。当然実機ではなく実寸大モデルですが、よもやこんなものが見られるとは思っていなかったのでうれしい誤算の一つです。
米軍の展示としてGlobal HawkB-1B Lancerなど、日本ではなかなかお目にかかれない機体も間近に見ることができました。F-16のデモチームは三沢から来たようで、日本でもお馴染のEricさんも来ていました。この日は別のパイロットが飛ぶそうで本人は地上で観客の相手をするそうです。23日は機体周辺も解放されて、触り放題。B-1Bの内部も一部開放していました。24日はロープで規制されて周辺から見守るのみ。それにしても米軍さんはシンガポールでも人気があり、家族連れから子供と一緒に写真を撮らせて欲しいとのリクエストが引っ切りなしでした。軍というもの、軍人という存在への敬意と憧れが根付いている様で、日本における自衛隊の扱いを翻るとちょっと悲しく感じるものがあります。
展示飛行は上記の通り、昼過ぎの1時間半に集中して実施されます。目玉はやはり最初のBlack Knightsとオーストラリアから遠征してきたRoulettes。Black Knightsは2000年を最後にしばらく展示飛行が途絶えていましたが、今年のエアショーでF-16、6機編隊で見事復活を遂げたことになります。今後も継続的に活動して、出来得べくんば海外遠征も実現してくれるといち航空ファンとしては嬉しいところです。日本に来てBlue Impulseと競演なんて無理かなあ。
帰りのバスは大混雑。どの行列がどこ行きのバスなのかもはっきりしない。取りあえず最前列に行って「これEXPO行き?」と訊いてみると、「多分ね」だそうな。幸い正解だったけれど、別の駅行きのバス行列はバスが来ると割り込みや順番飛ばしが起きてブーイングが沸いたりと結構大変でした。
23日は4万人、好天に恵まれた24日は5万人の人出があったそうです。

 T-50 ゴールデンイーグル 地上展示

エアバスA380 地上展示

USAF PACAF F-16デモチームのEricさん

Black Knights デルタフライバイ

Black Knights ツイステッドループ

Black Knights スワンフライバイ

Black Knights ナイフエッジクロス

Black Knights

Black Knights ミラーパス

Black Knights スロー&ABクライム

Black Knights カーテン

Black Knights フレイミングハート

スーパーホーネット 機動飛行

スーパーホーネット ダーティ形態での機動飛行

スーパーホーネット 機動飛行

スーパーホーネット 背面飛行

M-346 機動飛行


M-346 背面飛行



M-346 機動飛行



M-346 機動飛行



M-346 機動飛行



T-50 機動飛行



T-50 機動飛行




F-16 機動飛行




F-16 機動飛行




F-16 機動飛行




A-380 展示飛行



A-380 展示飛行

A-380 展示飛行

Roulettes デルタループ

Roulettes デルタループ

Roulettes デルタループ

Roulettes


Roulettes リーダーズベネフィットローパス


Roulettes

Roulettes ダブルシェブロン

Roulettes シェブロン

Roulettes

Roulettes

Roulettes

Roulettes

Roulettes コークスクリュー

Roulettes

Roulettes


0 件のコメント:

コメントを投稿