最近の更新

最近の更新

2018/10/21 小月航空基地スウェルフェスタ2018  記事掲載。 2018/10/19 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  写真追加。 2018/10/16 平成30年度 芦屋基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2018/10/13 平成30年度 芦...

2012年9月23日日曜日

小松基地航空祭 2012

写真は最後に。

5時にホテルを出ようかと思っていたけれど、朝から雨。5時半にホテルで朝食をとって、6時過ぎに出立。7時前に鉄工団地の駐車場に入ると、雨は小降りになっていました。この時間だとバス待ちはかなり長い。会場に入ったのは8時40分頃。オープニングフライトには間に合いませんでしたが、306飛行隊の機動飛行にはなんとか。このタイミングですと最前列は無理。まあ上がってしまえば多少後ろから撮っても影響ありませんので。最前列でも、展示機が邪魔になって離着陸が綺麗に撮れない事も多いので、あまり無理して前に出なくても良いかなと最近は思うようになりました。

低空での機動性ではF-2に及ばないとは言われますが、いやいや馬鹿力を発揮して機体を振り回す様はやはり迫力があります。ゴールデンイーグルズのフライト。

小松救難隊による救難飛行展示は、例年通りUH-60JとU-125のコンビネーション。模擬救難後の展示飛行が大人しめなのは残念ですがそれはそれ。機体の性能を発揮して多少の風があろうとピタリとホバリングで静止するヒーローと、民間機ベースのシンプルな機体形状ながら何故か頼もしく見えるアルテミス。今年のUH-60は空中給油用のブーム付き。

百里から来たウッドペッカー、偵察飛行隊によるRF-4飛行展示です。爺さん呼ばわりされる機体ですが、何の何の。元気な機動飛行を見せつけてくれます。世界的に見ても、F-4が現役で飛んでる空軍は数少なくなっています。後継機に置き換わるカウントダウンは既に始まっていますが、それまではこの特徴的な機体のフライトを見る機会は逃したくないです。

編隊飛行展示のF-15の離陸の合間を縫って、T-4が上がります。軽快な機動飛行。流石にブルー・インパルスでも使ってる機体。

イーグルの編隊機動飛行。ダイヤモンド、アローヘッド、シェブロン、デルタ、そしてコンバットブレイク。

次いでもう一つの飛行隊、303SQ、ファイティングドラゴンの機動飛行。306とは少し違うパターンでの展示を見せてくれました。


屋台で食べるとちょっと高いよなあと思う事もあるのですが、駅弁屋さんの出店はほぼ通常の値段通りなので、美味しそうな駅弁を買うのも悪くないかと。地元小松ではありませんが、飛騨高山は金亀館の駅弁を購入。

ブルーの飛行展示開始前に、駐車場近くまで移動。角度的に相当横から見る事になりますが、離陸が間近から撮れます。帰りが時間かかるので、撤収は早めにしたいと言う思案もあっての場所選択。
動画。

ブルーを撮り終えて、早々に撤収。

来年はもう一泊して、当日と翌日のRTBも狙ってみようか知らん。























0 件のコメント:

コメントを投稿