最近の更新

最近の更新

2018/08/11 空軍嘉義基地 107年國防知性之旅 營区開放  記事掲載、動画追加。 2018/08/05 航空フェスティバル2018 in 愛知  写真追加。 2018/08/04 航空フェスティバル2018 in 愛知  記事掲載、動画追加。 2018/07/2...

2014年12月14日日曜日

那覇基地 エアーフェスタ2014

当初は行くつもりがなかった今年の那覇基地航空祭。しかし良く考えると、ピーチのポイントが来年2月に期限切れ。フライト時間を調べると、関空から行って福岡に帰ってくればなんとかなりそうと言うことで急遽行ってみようかと。

土曜日に関空発那覇行き、満席より若干空いているくらいですね。昼前に出る便なので買い込んだ弁当で機内にてお昼ご飯。那覇空港到着で、LCCターミナルからバスで移動してから展望デッキへ。南側からなら空自基地エリアが見えます。フェンスが邪魔だけれどこれはやむなし。
写真。

ワイヤーをずらしてクリップで止めてる剛の者もいましたが、飛行中の機体を撮るにはあんまり使えなさそうな。ブルーの予行は午前中に終わっているので、体験飛行のチヌークが2機で上がっているようです。そう言えば今日はアラート出動も3組あったとか。
写真。

1日乗車券を買って、ゆいレールで市内へ移動。予約したホテルは県庁前駅から歩いて数分。安いだけあって部屋はすごく狭い。しかし新しくて小奇麗なのはありがたい。各種アメニティも有料ですが、冷蔵庫があって湯沸かしポットがあってネットが実用速度出れば充分。バスタブがないとかベッドがロフト形式で空間が狭苦しいのはまあ妥協の範囲。

夕刻、体験飛行に参加していた友人と待ち合わせてステーキ屋へ。そこそこ古いチェーン店。備え付けのステーキソースはなんとMade in England。いや、それは駄目だろう。エゲレス人の味覚は当てにならんぞ。

肉は普通。ニンニク醤油で頂くとまあまあ。オリオンビールと合わせてごちそうさま。

当日、エアショーは0800開始ですが開門は0730とのこと。空港の手荷物預かりを利用しようとしましたが、受付開始時間の0730になっても誰もいません。流石沖縄時間。幸いコインロッカーが空いていたのでそちらに撮影機材以外を放り込んで再びゆいレールで移動。しかしtwitterを見ていると開門待ちの行列がえらいことになっているようです。那覇の航空祭で開門行列って、あり得ない光景だったのになあ。空港から歩いた方が良いとも言われましたが既に乗ってるので後の祭り。

赤嶺駅から歩いて基地へ、入門の始まった列の最後尾について入場したのが8時過ぎ。エプロンに向かって歩いている途中でオープニングフライトが始まりましたが、まあ慌てずに。

パンフレットをもらってエプロン地区へ。地上展示機をつらつら眺めながら。
写真。



 陸自のUH-60、こんなディスプレイを。

チヌーク、機内公開していましたが、機内は写真撮らないでとの事でした。

流石に、以前のようにいつ行っても最前列が空いているなんてことはもう無いですねえ。それでも人垣が十重二十重になることはありません。少し下がって、展示されているP-3Cのしっぽ辺りに陣取ります。
見上げるとこう。

しかし、EP-3含むP-3Cが大量に駐機していたり、4機ものE-2Cが並んでいたり、F-15の増強のみならずこの地はいつの間にか最前線になっているのですね。左側の人たちが、今の日本は先の大戦前の雰囲気だと言ってますが、いやむしろそれは周辺国家のあり方がそうなっているのでは無いかと。自衛隊は専守防衛を謳う存在であり、抑止力のまま使われずに済んで欲しいものです。
写真。


待機していると、某T氏に補足されました。お会いするのは珠海のプラクティス以来ですか。いや、ここでも行列とか入場後に2回ほどすれ違ったらしい。気がつかずに失礼しました。別の友人も合流してしばし雑談。と、イーグルの機動飛行が開始されます。2機で演じますが、片方の記念塗装機は趣味がいいなあ。背中のロービジでのイーグルウィングが洒落てます。
写真。


某T氏はネタ探しに行きますと言うことで離脱。

次の演目は回転翼機の航過飛行。UH-60とC−47。
写真。


陸海空がいっせーのせで飛ばす固定翼機合同飛行に向けて、各機体が離陸準備を始めました。E-2Cの主翼展開シーンなんて久しぶり。以前はどこの航空祭でも展示されていて、エンジンかけるとやかましいよなあなんて思っていたのですが。このところ忙しくなって展示に回す余裕が無くなってるんですよねえ。
写真。








合同航過飛行、先頭は陸自のLR-2をアタマに空自T-4を4機従えた傘型隊形から。次いでU-125AとF-15によるデルタ。更にE-2CとF-15の三角隊形。更なる3機は海自P-3Cとイーグル。三軍合同の航過飛行は珍しい。同じ敷地内に住まう那覇基地ならでは。
写真。






ここで某O氏が登場。台湾軍のパッチばかりをまとうこの方、日本人に見えません。台湾の来年の基地公開の情報など色々教えてもらいました。外撮りのつもりで来年また台湾行こうかなあ。

午前の部、最後のフライトはT-4×4、F-15×6による混成航過飛行。まずはT-4 を前に置いたデルタで航過。隊形を変換して、次はT-4を後列に置いたデルタ。岐阜で見る異機種大編隊も良いけれど、こう言う異機種編隊も見応えがあります。
写真。


途中で何故かこの機体が離陸してました。

コンバットピッチまで見たところで、友人に挨拶して離脱。帰りの便が1550なので早めに空港まで移動。軽く昼食をとって、展望デッキへ。20人くらいはここで見ようと言う人が。
デッキからの眺め、ブルーが離陸の準備中。

1−4番機の離陸から、ブルーインパルス那覇スペシャルの展示飛行開始。斜め一線のエシェロンでのローパス。一番機のみ前へ、5機がその後ろに横に並ぶリーダーズベネフィット。白鳥を象ったスワンローパス。十字架のグランドクロス。デルタ360と、続けてデルタローパス。描きものはサクラとレベルキューピッド。〆はクリスマスツリー。
写真。










さて撤収。関空では素通りでしたが、那覇空港では持ち込み荷物の制限確認を全員に。カメラバッグをひとつ小さいのにしてレンズも減らしておいて正解。しかし今後LCCを使う時のことを考えると対策が必要かなあ。復路便はピーチにしては少し足下の広い最前列のシートで、撮影したデータを整理しながらの帰宅でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿