最近の更新

最近の更新

2018/12/17 美ら島エアーフェスタ 前日  写真掲載。 2018/12/16 美ら島エアーフェスタ 二日目  写真追加。 2018/12/15 美ら島エアーフェスタ 二日目  動画追加。 2018/12/14 美ら島エアーフェスタ 二日目  記事掲載。 2018...

2017年11月12日日曜日

大空と大地のカーニバル2017(かさおかポルダーフェスティバル関連行事)

前日の金曜日も行っときゃ良かったと思ったのは後の祭り。神戸に留め置かれていたフライアブルな零戦が飛来し、公開フライトを実施したって。ポルダーフェスのオフィシャルサイトで告知されたのが前日の10日で、流石に確認してませんでした。その後熊本に向かった模様。

それはそれとて本番当日。開演は9時とのことで、0830に現着。駐車場にクルマを停めて会場入り。

室屋さんのブース、朝からグッズ買った人は抽選でサインしてもらえるって。

取り敢えず屋台で腹ごしらえと思ったけれど、聞いたら出来ますと言いながらちょっと待ってと言われて段取りが出来てない屋台が複数あるってやめてよね。出来ないなら最初からそう言ってくれ。

放射冷却で冷え込んだ朝、笠岡ラーメンにありついてあったまったところで前進。最前列は既に埋まっているので、後ろに人がいない辺りまで下がったところで脚立をセット。9時を過ぎたところから滑走路を走り始めるのはスーパーカー。フェラーリとかアウディとか。更にはドリフトカーもタイヤから白煙を上げながらのパフォーマンスを見せたり。
写真は新旧ハチロク。


初めて見たのが、エクストリームバイク・スタント。バランス感覚とバイクコントロールの妙、とでも言いましょうか。更にはライダーの人だけでなく女性を載せて、タンデムでのパフォーマンスまで披露。
写真。



普通じゃないタンデム。


もっかいスーパーカーのデモランがあって、更にフェラーリ同士4台でのかけっこ。優勝が決まったところで遊覧飛行をやってたノエビアのヘリとの異種競技、のはずが急遽延期に。会場の対岸で見てる人が多くて危険だ、との主催者側の判断。てか、最初から立ち入り禁止にしてなかったのねそれはまずいんでないか。
写真。

仕切り直して、ノエビアとフェラーリの競争はフェラーリの圧勝でした。更にドリフトカーとの絡みも見せて、ノエビア退場。
写真。


遊覧ヘリの動き方じゃありません。








動画。

ここでお待ちかね、室屋選手の登場。ここでは毎年ブライトリングの機体を持ってきています。アナウンスによれば、レッドブル・エアレースでの年間総合優勝後最初のエアショーだよ、と。あ、そうか。
お手振り。

離陸直後のハイレートに始まり、相変わらず切れの良い演技をこなしてくれます。雲が多いせいか、描きものはなし。
写真。












動画。

ここでお昼休みにさせてもらいましょう。吹奏楽団や太鼓の演奏はありますが、BGMとして聞かせてもらうと言うことで。

トイレに並んだり屋台のカレーを食べたり、この時間になると室屋さんのブースも空いていたのでついブルーレイを買ってしまったり。数年前だとご本人が詰めていて、買い物したらほいほい気軽にサインしてくれてたんですが。人気出たものなあ抽選にでもしないとそりゃ収拾つかないでしょう。

あ、水陸両用機が来た。赤い塗装のせとうちシープレーンズのコディアック。ローパスと着陸。
写真。


動画。

ローパスを背景まで入れて撮ろうとするなら、むしろある程度下がった方が良いかも知れない。何しろここは滑走路が近過ぎる。と言う判断で、午前中より更に後退して位置取り。当然人も入ってしまうけれど、そこはそれ。

このイベントでは恒例となった風船割り。今年は成績的には今一つかな?
写真。
離陸直後のパフォーマンス。






派手な動きを見せてくれましたが風船は割れず。


動画。

コディアックが離陸して、ぐるーっと回ってきてから着陸。
写真。

動画。

先のフライト時より空も青く、絶好のコンディションで室屋選手の2回目のデモが始まります。基本的な科目の構成は1回目と同様ですが、今度は青空背景の"B"やニコニコマークもあり。模擬パイロン通過やローパスも披露して、終了です。
写真。


ブライトリングの"B"。


にこちゃんマーク、ちょっと口元がずれました。






動画。

さて、プログラムはまだありますが、そろそろ撤収。国道まで一本道なので、集中すると最後の信号で延々待たされてしまうのでちょっと早めに。お疲れさまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿