最近の更新

最近の更新

2018/08/11 空軍嘉義基地 107年國防知性之旅 營区開放  記事掲載、動画追加。 2018/08/05 航空フェスティバル2018 in 愛知  写真追加。 2018/08/04 航空フェスティバル2018 in 愛知  記事掲載、動画追加。 2018/07/2...

2012年5月13日日曜日

呉詣で

知人からチケットを頂いて、ヤマトミュージアムの企画展を見てきました。「海軍記録画」、自分に絵心がないのがもったいないなあと。それでも「夜間商船臨検」なんてぞくっとしますねえ。
ミュージアム併設のレストラン、ビーコンは初めて寄ってみました。少々割高感はありますが、味はまずまず。しかしテーブルにペーパーナプキンとか楊枝とか置いてないの?

そのまま海自呉基地に足を伸ばして、午後の護衛艦一般公開に参加。今日は輸送艦しもきた。でかいです。

そのでかさを買われて海外にも何度も派遣されています。乗り組んでる隊員の方に話を伺うと、14ヶ国に行って来たとか。派遣中は休みも取れず、大変な勤務を経験されているとのこと。それを誇るでもなく、淡々とユーモラスに語る。頭が下ります。

艦内をくるっと案内してもらいます。圧巻は後部のLCAC格納庫。2機が奇麗に収まってます。あんまりきちんとはまりこんでいるので、ぱっと見ただけでは何処にいるのか分かりませんでした。

LCACの出入りは後部のスターン・ゲートから。前部にゲートがある場合はバウ・ゲートと呼ぶそうです。俯角10°程度まで下るそうですが、それだけではなくバラストタンクに注水して艦自体の角度も後ろを下げ、格納庫が波に打たれる状態にしてしまうとの事。一度見てみたいものです。



しもきたの見学はあっさり終わってしまいましたが、何故か今回は桟橋を更に案内していただきました。輸送艦「ゆら」って、どっかで見たなと思ったら2月に阪神基地公開で見てるのね。そりゃ見覚えがあるはずだ。小さいけど砂浜に直接揚陸可能な艦艇。

その後は潜水艦の舫ってる桟橋まで。えーと、良いんでしょうか。最新の「そうりゅう」型、その2番艦「うんりゅう」がいましたよ。こんな間近で見られるなんて。

X型潜舵を備え、スターリング機関で長期の潜航を可能にした、おそらく通常型潜水艦としては世界最高峰。ええもん見せてもらいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿