最近の更新

最近の更新

2018/10/13 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  記事掲載、動画追加。 2018/10/07 ブルーインパルス展示飛行 山口ゆめ花博  写真追加。 2018/10/07 ブルーインパルス展示飛行 山口ゆめ花博 前日経路確認フライト  写真追加。 20...

2016年7月10日日曜日

Royal International Air Tattoo(RIAT) 2016 二日目

二日目、前日同様某氏の車にて移動。ありがたい限りです。運転全部お任せは気が引けるのですが、レンタカーの契約時に登録してないと万が一の時にまずいので流石にそれはパス。しかし日曜は金曜土曜より空いていて、30分あまりで到着してしまいました。先日より早く出たのもありますが、こう言うものなのですね。

FRIATのレフトバゲッジにキャリーバッグを預けて今日のプログラムをもらって離脱のタイミングを思案。帰国便の時間を考えると某T氏が一番早く、私が次に、某U氏が最後に会場を出ることになるようです。朝食がまだのお二方を置いて、地上展示を見に行くことにしましょう。空自のKC-767と他一部は昨日見ていますがそれ以外は何にも見ていないので、さくさくと。

それでもほんの一部しか見られてないなあ。生ビールのスタンドを見つけたので1杯購入してMach1のシートに移動。

あー、ソロタークは天候不良でキャンセルか。残念。

次いで昨日のトリを務めたパトルイユ・スイス登場。滑走路を右から左、左から右と編隊の隊形を変換しながら滑走。これまた展示飛行はなし。
動画。

ポーランド空軍のファイティング・ファルコン、F-16C。今度は離陸してくれました。天候は若干回復傾向か。
動画。

米空軍のCV-22B、オスプレイ。MVは何回か見たけれど、空軍仕様は初めて。
動画。

そしてご存知ラプター。勢い良く青空に駆け上がってハイショーを!と思ったらあれ、降りちゃった。不具合か。
動画。

F-35とP-51のヘリティジフライト。本来ならF-22も含めて3機で実施のはずだったのが。
動画。

チームOrlik。見るのは一昨年のRIATに続いて2度目です。ポーランド空軍の練習機PZL-130TC-2×7機によるアクロチーム。
動画。

軽々とくるくる回るは上るは。おフランス空軍、ラファール。
動画。

岩国でも飛行展示をしてくれた、ブライトリングのウイングウォーカー。次は福島に来てくれると言う噂もちらほら。
動画。

クロアチア空軍の、練習機PC-9によるアクロ展示チーム。
動画。

あ、ラプターが上がる。
動画。

午後2時半、ポーランドのMiG-29のフライトを見たところで離脱。
動画。

さてSwindon行きのバスに乗れるイエローゲートまでてくてくと。歩き出したところでおっと忘れ物。預けたキャリーバッグを出さなきゃ。FRIATエリアに戻って10分ほどロスです。イエローゲートは東の端っこなので歩いて30分ほど。途中でレッドアローズのウォークダウンをちらっと見たり。そうか、ここでやってるんだ。

片道£3.5を払って車中の人に。ほっと一息ですが、ある程度乗客が乗らないと発車しません。それでも5分ほどでエンジンがかかりました。この時間帯ですと空いているので35分程で目的地に到着です。駅まで歩いて窓口でヒースローまでチケット購入。Paddington行きの列車は1612発、ぎりぎり無理だなあと思ったら5分遅延で乗れてしまえそうです。んが、直前にプラットフォーム変更だよーとか言われてバタバタ移動したり。

英国の列車は席の事前指定もあって、予約済みの席は前席の背もたれに紙が挟んであります。Readingから予約が入ってる席を見つけて取りあえず着席。と、次のDidcot Parkwayで隣の席の人が降車。Paddingtonまで空席になったようで、そちらに移動。座って移動出来ると大助かりです。

そう言えばSwindonnで何にも考えずに空港までの切符買ったけど、これってヒースローエクスプレス乗れるのか知らん。一応「どのルートでもおけ」とか券面に書いてあるけど。Paddington駅でヒースローエクスプレスのホームに立ってた駅員さんに確認すると、大丈夫よとのこと。ヒースローコネクションでもそれほど時間は変わらないけれど、席も快適だし混まないしね、エクスプレス。

空港到着して2タミに移動、出国審査を通過したところで某T氏に再び補足されました。氏の搭乗時刻直前ですからタイミング良いですな。お見送りしてから、有料のラウンジでシャワー浴びてちょっとさっぱり。機上の人となって帰国です。

0 件のコメント:

コメントを投稿