最近の更新

最近の更新

2018/08/11 空軍嘉義基地 107年國防知性之旅 營区開放  記事掲載、動画追加。 2018/08/05 航空フェスティバル2018 in 愛知  写真追加。 2018/08/04 航空フェスティバル2018 in 愛知  記事掲載、動画追加。 2018/07/2...

2017年7月16日日曜日

Royal International Air Tattoo(RIAT) 2017 二日目

二日目はちょっと早起き。と言ってもせいぜい6時ですが。宿の朝ご飯、土日は9時からと言う事ですので食べてる時間はなし。前日co-opで買っておいたサンドイッチで朝食。ドルゲラウでも思ったけど、co-opのサンドイッチは割りとまともな気がする。

荷物を全部パッキングして車に放り込んで、チェックアウト。7時過ぎに会場へ向かいます。この日はさして混んでおらず、8時前には会場入り。まずは当日のプログラムをもらってさらっと目を通します。あれ、フライトは9時からになってる。いつもより1時間早いの?

1時間で見られるだけ地上展示を見ておきましょうか。昨日西のエリアは大体見たから、反対側へ。入り口すぐのB-52とか。

BACの軽攻撃機とか、斜め双尾翼のScorpionってなんだか格好いいんですけどとか。

ヘレニックファントムって尾翼のSpookが素敵とか。


ピンクトーネードとようやく会えたとか。


ホークはT1とT2を展示機として両方出してるのねとか。


そろそろ席に戻りましょうか。FRIATのエリアに戻って、そう言えば今回の訪英でまだアルコール全然飲んでなかったなあとバーの屋台で生ビールなど。控えめにハーフパイントねって頼んだら、おいちゃんになんだとハーフだとと言われてしまいました。いやエゲレスのビールが美味いのは知ってるけどあんましアルコールに強くないんだからさ、勘弁してくれ。

今年のメエメエ谷訪問時にお会いしたお二人に再会。ヒースローだと入国審査に時間かかるからバーミンガムとかの方がいいよーなんて話を聞いたり。

9時過ぎても民間機がぼちぼち離陸していくくらいで、何だか始まらないねえ。某T氏とそんな話を。もしかしてプログラム、1時間間違えてないか。そんな雰囲気ですね。某T氏はそれなら地上展示を見てきますとの事で一時離脱。10時開始っぽいけど確証ないしなあと思ってたら、アナウンスが。やっぱり展示飛行は10時からですと。

順番は一応プログラム通りなのかな。Solo Turkが上ります。翼端からスモークを曳きつつ離陸。専用塗装を施されたこの機体、オフィシャルサイトによればBlock30だそうですが、80年代に導入した機体なのですね。作戦能力は後に購入したBlock40/50より低いので、デモ用にはそういう機体が回されたと言う事でしょうか。いやそれにしては飛びっぷりが弾けてますが。水平飛行を維持しながら機体を上下に振ったり、えらく小さな回転半径でバレルロール的挙動を見せたり。初めて見たのはトルコ空軍100周年の記念行事でしたが、相変わらず見せつけてくれるF-16です。
写真。






動画。

次はフランス空軍から、ミラージュ2000Dが2機で。昨年で活動を終えたRamex Deltaは2000Nを使用していたのが、後継機と言うのか派生型と見るべきか、D型によるデモチームCouteau Deltaに交代したと言う理解で良いのか知らん。
写真。










動画。

スウェーデンから来たグリペン、展示飛行を実施するのはC型。細い機体に大きなカナードが目を引きます。高速道路で離発着が出来る運用性の高さとか滑走路上でくるり360度ターンして見せる小回りとか運用費の低さとか整備性の高さとか導入の容易な機体と言う事で、アジア圏でもタイ空軍が導入してますね確か。
写真。






動画。

イタリア空軍からT-346A。あれ、プログラム上は午後遅めの出番になってますがなんか変わったのね。M-346として覚えちゃってたけどイタリア空軍の正式な呼称はT-346であると。ポーランド、シンガポール、イスラエルが導入するのか。
写真。





動画。

ベルギー空軍、Sea King Mk.48 ヘリによる救難展示。シコルスキーのS-61を英国のウエストランド・エアクラフトがライセンス生産した機体をベルギー空軍が導入したと言う事ですか。複雑ですな。いや結構な派生型が作られてあちこち輸出されてるのね。
写真。




動画。

Royal Jordanian Falcons。運営母体は民間会社だけどヨルダン空軍が出資しててヨルダン政府の公式なアクロチームであるとな。色々背景がるんだろうなあと思うけれどややこしい出自です。

エクストラ300は日本国内でも室谷さんや内海さんがアクロバットに使用している機体ですが、4機チームで飛ばすのも中々に見応えがあります。





そしてマカロニトーネード。イタリア空軍が持ってきた派手な塗装の機体が飛びます。A-200AってのはいわゆるIDSですか。この角張った可変翼機、好きだなあ。
写真。










動画。

F-5E×6機による編成のアクロチーム、スイスのPatrouille Swiss。昨年6月に事故で1機が失われましたが、見事復活しています。超音速戦闘機によるアクロチームって、欧州では珍しい存在ですね。
写真。















鉛直面に沿ったデルタ編隊の真ん中を。
ソロ機が正面から通過する。



動画。

Red Arrows が、離陸だけ。


英陸軍航空隊から、アパッチ。対地攻撃を模したデモ。地上ではどっかんどっかん派手に爆発をやらかしてくれます。あーでも、フライトは以前ほどやらかしてはくれないのですね。上昇して頂点付近でくるりんと横に回って見せてはくれますが、ロールやループは…。
写真。




動画。

4機のホークが離陸、フィンランド空軍のMidnight Hawks。本家Red Arrows、Saudi Hawks、Surya Kiranなど、HAWKを使うチームは結構あるんですね。一応4つとも見てはいるのか。しかしこのチーム、いずれ本国の深夜のエアショーで見てみたいなあ。
写真。
密集した編隊離陸。






ローリングコンバットピッチ…?


編隊を維持したまま着陸。


動画。

お待ちかねの変態輸送機、イタリア空軍C-27Jスパルタン。輸送機になんでこんな機動性が必要なのかさっぱり分かりませんが見る分にはとてもたまりません。元気いっぱいの展示飛行を披露してくれました。
写真。

とーいよなーと油断してると、結構な角度でひねってくれたり。







カーゴドアを開けて。


背中の見える急角度での降下。




動画。

Red Arrowsが着陸。


ここで、ちょっと抜け出して地上展示機をもう少し見てきましょう。少なくともあれだけは見ておきたい。イスラエルからのハーク。

ダビデの星を配したイスラエル空軍旗を並べて、その中に鎮座するイスラエルのC-130J-30スーパーハーク、胴体延長型。空軍では無く正確には「航空宇宙軍」ですか。
「どっから来たの?」
「日本だよ」
「えー、わざわざ?すげーな」
「すげーエアショーだもん」
イスラエルの軍人さん、気さくです。何に使うのかよく分かりませんが空軍のゴムバンドをもらいました。

陸軍さんの、初期型ジープ。ウィリスMBなのかフォードGPWなのか区別は出来ず。

ん?

なんかマスコットがいました。

ぼちぼち他の地上展示も眺めつつ席に戻ると、飛んでるのはB-17ですか。大戦機も元気に飛ばせるよなー英国人は。羨ましい限り。

予告は全くなかったのだけれどプログラムにしれっと記載されてたB-2A。しかも×3ってなんだそれ。いやいやいや、MAKSでイーグルでないF-15にだまされた経験からすると期待しすぎてはいけない。でも一応"US AF Global Strike Command"ってあるんだよなあ。ホントに来るのかなあ。

あー、来やがった。2機のF-15にエスコートされて、はるばるミズーリから飛来した機番は1087、"Spirit of Pennsylvania"。何度見ても、何故これが空を飛ぶのか理解できない形状の大型機。




往復後は、昨日同様米軍機のパレード。そうか米空軍70周年なのね。編隊パスとか高速パスとか、本家のイーグルとファイティングファルコン、機動飛行では無いですがパワフルな展示を披露してくれました。
写真。





長いリボンを曳いて。



動画。

ラプター登場。天候のせいかちょっと大人し目ではありましたが、機動飛行を展示。そしてP-51とのヘリテイジフライトも。
写真。











動画。

来た来た来た、サンダーバーズが来ました。欧州スタイルとは方向性が全然違う、パワーで見せるアメリカンスタイルアクロの真骨頂。残念ながら昨日に続いて雲底は低いですが、フラットショーでもがっつりやるのがバーズ。力いっぱいの展示飛行を見せてもらいました。満足。
写真。




















動画。

まだまだA-400とかスパニッシュホーネットとかSu-27とか見たいものはいっぱいあるのですが、ヒースローまでの道のりは夕方は混みますしリスクは避けたい。のでここまでで撤収です。某T氏に挨拶だけさせてもらって、レンタカーに戻ります。こう言う広い駐車場ではiPhoneの純正地図アプリは便利。BTで接続しておくと、切れた瞬間の場所を記憶してくれるので車の場所に迷う事がありません。

M4の途中で事故渋滞があってレンタカー返却まで2時間余り。出国したのはフライトの2時間前を切る辺りでまあまあ良い時間か。ラウンジのシャワーがちょっと混んでて、さっぱりしたらぼちぼちゲートに向かう頃合い。

今回はアシアナでしたが、いつぞやのようにトイレが壊れている事も無くまずまず快適。しかし、ヒースロー発便では、奥さんと席が離れちゃったんで代わってくれないかと言われて了解したら、隣が空席でちょっとのんびり。仁川発便では何故かアップグレードでビジネス席に座れたり。仁川福岡便でもビジネスだと飯はがっつり食わせてくれるのね。

ところが仁川発便は1時間程遅れて予約した新幹線には乗れず。早めに並んで自由席で座れたけれど。人生万事塞翁が馬。

0 件のコメント:

コメントを投稿