最近の更新

最近の更新

2018/08/11 空軍嘉義基地 107年國防知性之旅 營区開放  記事掲載、動画追加。 2018/08/05 航空フェスティバル2018 in 愛知  写真追加。 2018/08/04 航空フェスティバル2018 in 愛知  記事掲載、動画追加。 2018/07/2...

2017年7月15日土曜日

Royal International Air Tattoo(RIAT) 2017 初日

今年も行くぞとAir Tattoo。しかし今年はFRIATのMach1を買ったのにチケットが届かないと言う顛末。6月アタマにメールが来て、チケット送るのに8週間かかるから間に合わない、E-Ticket持ってきてくれとな。英国内のアドレスがあれば間に合うからそっちに送ると言うから一応ホテルの所在地を送ったけどそれには反応無し。大丈夫かいな。

今回は福岡空港からアシアナで。ヒースローに着いたのが1840、夕刻の到着便は多いようで、入国に結構な時間がかかります。てか、20時過ぎたところで外国人向けの入国審査、一斉に人がいなくなって10分以上そのままだったのはなんで? お茶の時間だったりするのかしらん。

レンタカーは今回もAvis/ Budgetで予約。
「前とおんなじA3でどうだい?」
「いやそれ高いからやめて。」
「じゃあメルセデスのCは?1日£20の追加で。」
「だからプレミアムでなくて普通のハッチバックで。」
「んじゃゴルフ?」
「おけ。」

5MTでパワー足りなくてエアコンもマニュアルで実用車の鑑ですな。このグレードだと足回りもこんなにふにゃふにゃだっけ。室内掃除が足りてなくてステアリングが何だか汚れたのはちょっと勘弁してほしいところ。手持ちのウェットティッシュで拭き拭き。

宿に入って、小腹が空いたのでなんかないかなと近所を探してケバブのお店でお持ち帰り。シャワーを浴びて、と思ったらカランとシャワーの切り替えがよく分からない。中々に難儀です。

それより、階下のパブでにぎやかに音楽をかけてるのがなんとも。12時を過ぎても低音が響いてくるんだよなあ。寝たいんだけど。

疲れてるのでそれでも寝つきは悪くなくて、そんなに早起きもせずぐっすり。昨夜のケバブのお店で買った残りで朝飯を済ませておでかけです。フェアフォードへの道、一本手前で入ってみようとしたら、こっちはパープルの駐車場だから駄目と言われて結局いつものルートへ。案の定渋滞してて、ブルーの駐車場に入ったのは10時前。FRIATのエリアに入る前に最初に飛んだグリペンとミッドナイトホークスには間に合わず。

入場は持参のE-Ticketで用は足りますが、FRIATのレセプションで正規のパスと引き換えてもらいます。送付用の封筒がそのまま出てきたのでやっぱり頼んだけど宿には送らなかったのね。引換券でポスターとかパンフレットとか当日のプログラムとかと交換してもらいます。

雨が降ってきましたねえ。自席に行く前に屋根のあるところで雨具を着込んでいたところ、声をかけてきたのは某T氏。あらおはようございます。今朝の便で到着してそのまま会場入りしたはずですがお元気ですな。

Mach1はスタンドの前2列。私の席は最前列で、前の席の人を気にしなくて良いのは実はありがたい。おまけに右隣が空席なのはスタンド前に陣取ってるのかな。これもレンズを振るには好都合です。早く来て場所を確保するならスタンド席にこだわらないのもありです。

フィンランドのミッドナイトホークス、これは初見です。今日は着陸と転がりだけしか見られませんでしたが、明日のお楽しみといたしましょう。

雨の中上ったのは、派手な紀念塗装のイタリア空軍トーネード。雨でも頑張って飛ぶなあ。ベイパーも派手に出るけど背景が暗いグレーなので写真にはなりませぬ。
写真。






動画。

ベルギー空軍、お楽しみのひとつであったベルジャン・ファルコンは顔見せだけでした。

次に上ったのはベルギー空軍のシーキング、かな。救難展示です。2人の救難員、一緒に吊って1人ずつ降ろして、周回してきて地上からの発煙筒で位置確認して再度吊り上げ。順次引っかけて2人とも吊ったところで、吊り下げた2人の高度は変わらないままヘリが垂直上昇で高度を上げるって中々に器用な事を。ある程度上がったところでホイストで引き上げて機内に収容。
写真。



動画。

さてタイフーンですよっと、出てきて転がりを展示してお終い。まあこの天気ですしね。

次のホーネットはスペイン空軍でしたっけ。こちらも離陸せず。まあ視程がないとねえ。

4機のエクストラが登場したのはロイヤルヨルダニアンファルコンズ。おお、この人たちはフライトを展示してくれます。嬉しいねえ。
写真。






動画。

次の展示は、某T氏の曰く暴走バス、英空軍のチヌーク。相変わらずこの巨体を振り回しますなあ。
写真。




巨大な赤い手のひらでのお手振りも健在。


2足歩行状態からの後退離陸も相変わらず。

動画。

次の機体は、これはチェコ空軍、L-159。2機で上って模擬地上攻撃デモを見せてくれました。離陸したのはチヌークの展示の前でした。
写真。









動画。

さて主役の登場、レッドアローズです。天気悪くても9機でがっつり飛ぶよ。なんか新しい科目も入ってます。
写真。

最初は隊形を組み換えながらの編隊航過。




7機をセンターに2機でコークスクリュー。





9機で上下二段で正面から、上下それぞれにブレイク。しかも下段は交差。


鉛直なデルタ隊形からセンターを後方から高速でぶち抜く、肝心のシーンを撮り逃す。

二重らせんのコークスクリュー。










正面からの6機を八の字に旋回。

最後にブレイク。

お疲れさまでした!

動画。

米空軍からCV-22の登場は昨年に続いて2度目か。何回見ても変な機体です。しかし日本の反対派の人が言ってるほどやかましい航空機ではありませんぞ。
写真。






動画。

お昼時、大戦機が飛ぶ時間帯はちょっと失礼して地上展示を見てみましょうか。E-8ポセイドンとか豪州から来た早期警戒機とかなんでマジェステール何ているのかとか。しかし米軍さん、F-15はC型とE型を並べたりF-16も複数展示したりB-1とかU-2まで持ってきたのね。力入ってるな。





あ、大戦機のデモ始まった。


B-1の向こうで編隊が。

U-2は昨年の韓国以来。

航空自衛隊のKC-767、機内公開は結構な行列が出来てるのは嬉しい限り。会場のかなり遠くまで音が響くのは、芦屋からの太鼓でした。おや女性もいるんですね。ジャパニーズドラムの体に響く演奏は現地の方々にも人気な様で、曲目ごとに拍手を浴びてました。



芦屋太鼓見てたらA-400のフライトまでに席まで戻れず。この機体もC-1並に振り回せる輸送機で、背中を見せての水平旋回もお手の物。




マスタング。


そのあとは、米空軍のパレード。タンカー、ハークに続いてイーグルとストライクイーグルの3機編隊、F-16の2機編隊。イーグル2機から続いてストライクイーグル単機の航過、F-16のパス等々。
写真。










動画。

次に上ったマスタングは先ほどとは違う機体。大戦機とは言え派手に振り回して見せてくれます。

ラプターさんが滑走路の端っこに出てきて派手な音楽もかかりました。んが、雲底が低いとかで残念ながらフライトはキャンセル。

今年の目玉のひとつ、サンダーバーズの登場。取り敢えず単機が上りました。天候偵察かな。ブルーインパルスなら5番機のお仕事ですね。2、3度上空を通過して、ゴーサインが出たのかな。各機が順次の離陸です。この天候ですからハイショーは望めませんが、それでも編隊航過に始まり交差やスニークパスまで含めた派手な飛びっぷり。フラットショーとは言えやっぱり米軍らしい力強い展示飛行でした。
写真。

















タイミング外しました。











動画。

アエルマッキM-346でしたっけ。いや正式な型式はT-346Aなの? 途中までロシアと共同開発した練習機・軽攻撃機。曇天のもと、軽快に飛びっぷりを披露。
写真。





動画。

ファイティングファルコンは各国が導入していますが、トップレベルのデモを見せてくれるのがソロターク。今年も、なんだこれはと言う動きを見せつけてくれました。えらく径の小さなバレルロール的な動きとか、直進しながら機体を上下にふりふりするCCVみたいな動作とか、なんだそれはどっかおかしいだろうと。
写真。






動画。

そしてグリペンですよ。ユーロファイター、ラファールと並んで欧州の三大デルタ翼機の一角を占める機体です。毎回言ってる気もしますが、実に軽快にクルクル回り回る。見てて楽しいです。
写真。






動画。

今や現役稼働するF-5そのものが珍しいのに、それでアクロチームを活動させてるスイス空軍って何者なんでしょうね。パトルイユスイス、今年もRIAT参戦です。右から進入するシャドウは初めて見た気がしますが、重なり具合が例年よりちょっと甘い様な気がしたのは残念。













みんな大好きスパルタン、C-27Jが登場。機動飛行をさせたら右に出るものはいない輸送機です。C-1やA-400Mも確かに輸送機としては派手な機動飛行が可能ですが、この機体はその上を行くとんでもない変態です。何処の輸送機がナイフエッジやロールをやらかしてくれるんですか。あ、今年はループはやりませんでしたね。着陸してからの後退での車庫入れも披露してくれましたが、後方確認はどうやってるんだろう。カーゴベイ開けてなかったからそっちで誘導してないよなあ。
写真。



背中見せるのはお手のもの。

バレルロールもなんのその。

ダーティ形態でカーゴベイオープン。




後退車庫入れしながら英伊国旗を。

動画。

仏空軍、ミラージュ2機によるコートデルタのデモ。えーっと、去年までのラメックスデルタとどう違うんだろう。いや、派手で見映えがするから楽しくて好きです。
写真。
離陸から。

いきなりのハイレート。

もいっちょ。

ハイレート2連発。








動画。

引き続きフランスから、ラファール。今年は派手派手な塗装の機体で魅せてくれました。
写真。




ソロタークや台湾の幻象2000Mもそうですが、お腹を見せる特別塗装って良いですねえ。



ウクライナからSu-27、フランカー。直前に参加が確定した、こいつもデモを見たかった機体です。うん、でかいよなあ。流石にこの天候では大人し目の展示ですがこのサイズだとそれだけでも見応えがあります。すっごーい、たーのしー。
写真。









動画。

最後はアパッチ。対地攻撃デモと言う事で、どっかんどっかん地上でいっぱい爆発させてくれます。音も衝撃波も熱も、観客席まで伝わるにぎやかさ。ヘリのくせに空中でクルクル回るアパッチの機動性も遺憾なく発揮してくれました。
写真。







動画。

すぐに出ても混んでるだけだろうなあと思って、もうちょっと地上展示を。なんかエンジン音がするなあと思って引き寄せられてみると、チャレンジャー戦車が砲塔の旋回デモをやってました。へええ、結構速いんですねえ。しかもぴたっと止まる。これは強そうだ。
写真。

動画。

アパッチ。

リンクスでしたっけ。

オスプレイも地上展示。

お茶の水博士(違

ペイブ・ホークはおヒゲが似合う?

さてぼちぼち良いかなと車に戻ってみますと、駐車場の出口に向けて結構な混雑です。まあ仕方なかろうと列に並んで、出口まではそれなりにかかりましたが駐車場を出てからは以外にスムーズ。宿までは思ったより早く帰り着く事が出来ました。

バッテリの充電とデータの吸い出しをセットしてから、さて晩飯をどうしようか。ちょっと遅めの時間になったせいか何処も混んでます。こう言う状態だと、待たされる事もあるから今一つ入りづらいのね。結局またケバブのお店で済ませました。宿のパブでは今夜もにぎやかに鳴らしてましたが、やっぱり疲れてたせいか無視して22時には就寝。翌日に備えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿