最近の更新

最近の更新

2018/10/19 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  写真追加。 2018/10/16 平成30年度 芦屋基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2018/10/13 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  記事掲載、動画追加。 2018/10/0...

2012年10月6日土曜日

Fleet Week SF 2012 二日目

フライトは昼から、ただしその前に艦船のパレードが11時から開始。有料席チケットを買っているので、それほど慌てずに10時前にホテルを出ます。昨日同様のルートでゆっくり歩いて15分ほど。この時期のサンフランシスコはかなり涼しく、カメラバッグを背負って歩くのに長袖のシャツ一枚で丁度良いくらい。

今日の観戦エリアは、昨日より少しショーセンター寄りです。エリア内で更に右の端、ショーセンターに近いところの最前列を選んで席を確保。持ってきた薄い上着を背もたれに結わえて目印にします。トイレを済ませて、用意されたビュッフェから適当に摘む物をピックアップ。アルコールは何故か11時からの提供との事で、しばし待て。

選んだ席は木陰になっていて、少し寒いくらい。陽が動いてお日さまに照らされれば良い塩梅ですが。

時間が来て、生ビールを一杯確保。ビールを飲みつつカメラのセットをした頃に、ゴールデンゲートブリッジ方面に消防船の放水アーチが見えます。船自体の動きはかなりゆっくり。そうか、「パレード」だからじっくり見せるのね。

動画。
写真。
パレードの次は、コーストガードのヘリによる救難展示。
そして、昨日のプラクティスにはなかったB2爆撃機の飛行展示が。このステルス爆撃機のフライトを見るのは確か3回目。何度見ても、けったいなカタチの飛行機だなあと。なんでこんな物が空を飛べるんだろう。
動画。
写真。
次は、昨日も飛んだハリアー2機編隊。
動画。
写真。
そしてオスプレイ。昨日同様、ナセルの角度可変を見せてくれました。
動画。ナセルの動きが良く分かると思います。
写真。このくらいまでナセルを上げました。
民間アクロやT-33が飛んでいる間に、スカイタイパーズが青空に広告宣伝を。これもアメリカでしか見られないと思いますが、編隊で高空を360°航過してスモークで文字を描くと言う、名前そのまんまのチームです。
これは動画が分かりやすいかと。
LUCAS OIL のピッツ。 これもやたらと低いところを写真で。
そしてカナダから、CF-18。記念塗装機でしょうか。雪の結晶をモチーフにした塗装です。垂直尾翼は右の外側がシロクマ、左の外側がイヌイットの狩人か。丁寧な塗装です。
こちらは動画と、背面の塗装が分かる写真を。
山の稜線にも見物してる人がいます。
そしてお待ちかねのF-22 ラプター。今年の米空軍は予算の削減で、バーズとラプター以外のデモチームは活動休止。太平洋空軍のF-16は別カウントのようですが。その貴重なデモチームのひとつによるフライトです。 動画。
写真、駆け降りてくるところ。
お腹ぱっくり。
駆け上がって行くところ。
引き続いて、ラプターはF-16とマスタングの編隊にジョインナップ。ヘリティジフライトです。ラプターとファイティングファルコンは機首を上げて低速飛行の体勢。対してマスタングは機首をやや下げて全力での飛行体勢です。大戦機と21世紀の現役機、それでも綺麗な3機編隊でのフライトを見せてくれました。 動画。
写真。
次は私は始めてみる民間のアクロチーム、ペトリオッツ。使ってる機体はL-39でしょうか。切れ目の無い見応えのある課目を演じてくれます。 動画。
以下写真。
編隊でのループ。
クロス。
カリプソでのパス。
ジェットのハンマーヘッドも幾つかのアクロチームで見せてくれますが、
ペトリオッツはこれにクロスを組み合わせ。
スモークが滞留しているので、ほぼ静止している事が分かります。
この直後にハンマーヘッドターン。
ローパスはやっぱりホントに低い。
ハートはちょっといびつ。
 ユナイテッドのボーイング747。旅客機でそんなデモするなってば。A380も結構見応えのあるフライトデモをしてくれますが、空席の空荷だと旅客機も結構頑張りますね。
写真。

かなり接近してくれます。
そしてスーパー・ホーネット、ライノの出番です。レガシーホーネットと較べてひらひら感は薄くなりましたが、パワーで押しまくるデモフライトです。 動画。
写真。
もう少し大きなコーンが出た瞬間は、失敗してました…。 
そしてショーン・タッカー。ピッツ使いとしてこれは素晴らしい演技を見せてくれます。数年前、シカゴで見た時より進化してるような。なんで固定翼機があんな風に機体を回す事が出来るんだか。絶対おかしい。
ありえないくるくるふらふらをハイレートの頂点で披露。降りてくると極低空をハイスピードでパス。メリハリのある、これもトンでも無い展示です。 動画。
写真は低空でのパスを。
上空から落ちてくるところ。
そして、おなじみファット・アルバート。これもまたこの図体で良くもまあ。 動画。
写真。ゴールデンゲートブリッジを背景に。
突っ込んできます。
ハイレートクライム。
最後を〆るのは、当然ブルー・エンジェルス。
写真、ダイヤモンド。
ゴールデンゲートブリッジを背景に。
この密集度は他に例を見ない。
5番機のローパスもブリッジをバックに。
真正面。
米海軍(海兵隊)のエアショー、堪能した2日間が終了。 ホテルに移動する途中、バス停はなかなか凄い人だかり。近場のホテルを取ったのは正解のようです。ホテルで翌日の空港までのタクシーを頼もうとすると、シャトルが使えるよとの事。ホテルとドライバーにそれぞれ$8、$9の支払い。タクシーの半額以下ですね。 夕飯兼翌日の朝飯にサンドイッチを買ってきて部屋で食べつつデータの整理。一緒に買ったサラダがやたらとしょっぱいのは、ピクルスのせいでしょうか。それなりの種類の野菜が入ってるのは良いんですが。 と言ったところで初サンフランシスコの遠征は暮れました。

0 件のコメント:

コメントを投稿