最近の更新

最近の更新

2018/06/19 the Finnish Air Force 100th Anniversary Airshow 初日  動画追加。 2018/06/18 the Finnish Air Force 100th Anniversary Airshow 初日  記事掲載。...

2016年11月6日日曜日

かさおかポルダーフェスティバル2016~大空と大地のカーニバル~

農道空港である笠岡ふれあい空港。ポルダーフェスティバルの一環として、大空と大地のカーニバルが開催されます。この日は近隣の海田市駐屯地の記念行事と、奈良市でのブルーインパルス展示飛行が開催されるので、さて何処に行こうか悩んだ揚げ句。室屋さんのアクロバットが間近で観られるここに行く事に。

9時前に現地到着。既に滑走路前は人垣が出来ています。まあそうだろうとは思っていたので今回は低い脚立を持参。多少後ろからでも何とかなるかと。

0920オープニングセレモニー開始。笠岡市長と地元の小学生がヘリコプターに乗って登場、開会を宣言します。

引き続いて、応神太鼓の演奏。

飛びものはこの次から。まずはラジコンの零戦が2機、滑走路から順次離陸します。32型と52型が1機ずつ。プロペラ機のラジコン、結構な機動飛行を見せてくれます。





次いで滑走路上をスーパーカーが力走。まあ直線を一気に駆け抜けるだけですが。最近のフェラーリやランボルギーニは見ても車種の区別出来ないんですが。




NOEVIR AVIATIONのヘリと、DROO-Pのドリフトの共演。





瀬戸内海の遊覧飛行を実施しているせとうちシープレーンズ、水陸両用機のKODIAK100による航過飛行。滑走路上空1mくらいの低い低いローパス。下駄履き機のフライトは、前に見た時は宍道湖を拠点にするセスナがやってくれましたが、これはもうちょっと大きいから更に迫力があります。
写真。



振り幅は小さいけれど、この高度で翼を振ってくれました。

動画。

いよいよ午前のメイン、室屋選手の曲技展示飛行。ブライトリングカラーの鮮やかな黄色をまとったエクストラ300。前回見た時とはちょっとパターンを変えてきました。離陸して低い高度を維持して速度エネルギーを貯めて、そこからハイレートクライム。あいっ変わらずメリハリの利いた切れのあるフライトです。上空ではブライトリングの"B"とかニコちゃんマークを描いてみたり。最後のローパスも滑走路上なのでホントに目の前。ここでのフライトはこの至近距離で飛ぶからたまりません。
写真。














動画。

降りてきた室屋さん、そのままトークショー。

屋台でエビ飯とか焼き鳥とかで昼飯にしてる間に、再び応神太鼓とかラジコン機のフライトとか。

室屋さんのブースも覗こうかと思ったのですが、えらい行列が出来てました。写真撮影とかサインもらうのは抽選なんですね。大人気。2年前だと、ブルーレイディスク買ったらさくっとサインしてくれて握手もしてもらえたけれど、もう無理だなあ。でも変わらず応援はします。

再びのドリフトチーム、白いタイヤスモークを上げながらのドリフト走行を披露。

バルーンシューティングは3機の小型機が順次、風船割りに挑戦です。強風の中、結構な割合で命中させてました。
写真。














動画。

岡山市消防航空隊によるレスキューヘリの展示飛行。小型のヘリでこの強風の中きっちりホバリングしながらの救難展示。2人がラペリングで降下して、要救助者をスリングして吊り上げます。その後、一端着陸して要救助者を降ろしてから展示飛行。アクロバットなんてやりませんよ?やりませんけど中々に派手なフライトを披露してくれますな。素敵です。
写真。















動画。

スーパーカー、午前中より台数を増やしての展示走行。いい音ですなあ。流し撮りの練習に挑戦しましたが、この距離では角速度が速すぎ。私の腕では駄目駄目。情けなや。


そしてもう一度室屋さんのフライト。ちょっと雲が出てきたのが残念ですが、午前と同様かっちりと見応えのあるフライトを展示してくれました。
写真。























動画。

さてイベントはまだ続きますが、帰り道が混まない内に撤収。今回も、室屋さんのフライト中心に見応えのあるお祭りでありました。

0 件のコメント:

コメントを投稿