最近の更新

最近の更新

2018/10/19 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  写真追加。 2018/10/16 平成30年度 芦屋基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2018/10/13 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  記事掲載、動画追加。 2018/10/0...

2015年5月16日土曜日

RED BULL AIR RACE CHIBA 2015 予選

21世紀のモータースポーツ、世界最速のイベントと言われるレッドブル・エアレース。各地の航空祭でアクロバットを披露してくれている室屋選手が活躍するこのレースがいよいよ日本でも開催されると。これは参加せずにおられようか。

プログラムの情報がなかなか出てこなかったので、金曜出発の前泊で幕張近辺に宿を確保。と言っても慌ててたので幕張本郷駅傍。まあ駅からシャトルバスが出たので問題はなかったのですが。

金曜日に広島から羽田、空港からリムジンバスで移動。そこからぐぐるまっぷさんは路線バスを使えと言うのですが、バス停がよく分からず。タクシーで宿まで移動。ビールを飲んで就寝。

当日、ゲートオープンは10時。さて何時に出るべきか。空模様は予報通りの雨。まあこれなら人の出足も良くなかろうと、9時前にホテルを出ます。シャトルバスも待たずに乗れて、会場まで。入場ゲートは席の種類ごとに分かれているので、係の人に訊ねてみると結構離れてるのね。てくてく歩いて入場待ち列に付いたのが0920頃。結構長い列になってますのね。そこそこの降りになっているのでこの辺りでポンチョを着用。風の谷でも岩国でも、そしてここでも役に立ってくれます。

予定された開場時間の10分ほど前に、列が前進を始めました。どうやらお高い席の人を先に扱うようです。それで待ちが短くなるのならむしろ歓迎。しかし、飲食物傘は駄目よと事前に案内があるのに使う人の多いこと。でかいクーラーボックスを持ち込もうとしてる人までいました。ゲートが複数になってていざ開門になると人がばらけたので、顛末までは確認できませんでしたが。

ゲートでチケットを確認してリストバンドを渡されます。これがそのまま二日間有効だとか。さくさく歩いて指定された室屋選手応援席エリアへ。結構な広さですが、最前列は着々と埋まりつつあります。それでも奥の方までいくと空きがあります。事前の案内ではスーペリアエリアと室屋選手応援席エリアは共通とのことでしたが、応援席は前の方10列程が指定されていました。これはありがたいけれど、スーペリア買った人は不満が出そう。

席を確保して、水を購入しようとテントに行くとまだ売れないとのこと。ナニそれ段取り悪くないかい? 値段表を見てまたびっくり。レッドブル500円、レッドブルのアルコールカクテル600円、ビール600円。水が500円。まあ、いち民間企業がなんにも無いところにこれだけの設備を設営してこれだけの規模のイベントをぶちかますのに、費用がかかる訳ですから。取れるところから利益を上げるのは必要か。室屋選手を応援すると言うことで、お布施のつもりで。しかしスーペリア/室屋エリアに食べ物の屋台がないのは残念。屋台は専用エリアまで行かないと買えないのね。

天気予報では昼過ぎまで雨。予定では1130からチャレンジャークラスの予選でしたが、天候を見てか延期。お昼を過ぎた頃に雨も止んで、トレーニングフライトが開始されました。座った席がスピーカーから遠かったので、アナウンスがきちんと聞き取れず。今誰が飛んでいるのかよく分かりません。

結局、チャレンジャークラスはプラクティスのみで予選なし。明日の本番は今日と同じ順序で飛ぶそうです。今年のLIMAでナショナルチームと一緒に飛んだパイロットもそう言えばいるはず。

しばし時間をおいて、マスタークラスのトレーニング。いやあ…。当たり前ですが、チャレンジャークラスのフライトとは全然違います。機体の動きがもう速い速い。速度もロールもターンも、なんだかとんでもないレベルです。室屋選手のデモフライトで、エアレースを想定したターンを見たこともありますが。リアルにパイロンがあると違いますね。風の影響かコースの難しさか。ペナルティを受けたりパイロンに接触する選手も結構います。このトレーニングでの室屋選手の順位は10位。ペナルティがなければ51秒台だったのに、惜しい。

そして始まる予選。この結果で、明日の決勝初戦の組合わせが決まります。上位につければ勝ち上がりやすくなる訳ですな。どの選手も激しく攻める攻める。

そして室屋選手、フライトを終えた時点で順位は7位。しかし流石に上位陣の攻めも厳しく、全選手が飛んだ結果、室屋選手は9位で予選を終えました。

明日の決勝に期待!



0 件のコメント:

コメントを投稿