最近の更新

最近の更新

2018/08/11 空軍嘉義基地 107年國防知性之旅 營区開放  記事掲載、動画追加。 2018/08/05 航空フェスティバル2018 in 愛知  写真追加。 2018/08/04 航空フェスティバル2018 in 愛知  記事掲載、動画追加。 2018/07/2...

2015年10月18日日曜日

明野駐屯地 駐屯地開設記念行事 及び 航空学校創立記念行事

何年ぶりかな、明野の記念行事。ここは「明野レインボー」と銘打ったヘリの編隊飛行を見せることで有名。私がこの趣味にはまる前は、他にも幾つかの陸自ヘリによる飛行展示チームがあったと聞いていますが、現役なのはここだけ。

前日の予科練からその日の内に松阪まで移動して一泊。ホテルで朝食を取って割とのんびり出かけます。しかしなんですと、開門前から200人位並んでるとか。これはまあチヌークの体験搭乗ははなからあきらめます。近鉄明野駅で降りると、シャトルバス待ちが出口階段を上る前まで延びてる始末。駐屯地まで2kmもないはずですからもうこれは歩いた方が早いでしょう。この時間ではどうやら駐車場も全て満車のようで、周辺道路は大渋滞。車で来るなら早朝に到着しないと無理ですねえ。

駐屯地に入って手荷物検査を通過。この時点で体験搭乗は締め切られていました。つまり開門前に並んでないと無理みたいです。フライトの開始まで時間があるのでトイレに行こうかと思ったら近いところはこれも結構な行列。もらったパンフレットを見ると会場内の端っこにもトイレはあるので、そちらまで歩いた方が早いかも。案の定、並ばずに用を済ませることが出来て、さて飛行展示はどこで見ようか。フライトゾーンの最前列はすっかり埋まってます。空自航空祭だと離着陸とタッチ&ゴー以外は後ろに下がっても良いんですが、ここのヘリはタキシングも結構見せてくれるから悩ましいところ。

そんなことを考えながら地上展示を撮りつつうろうろ。
TH-480は初めて見ました。

なんか特別塗装が多いなあとか。






オメガとコメガ可愛いなあとか。


結局会場の端の方に行き着いて仕舞いました。一応前方の視界はクリア。県の防災へりですかこれは。

オープニングは空自のT-4。2機で上空を航過します。一度はクリーンで。もう一度足を降ろした状態で。
写真。

動画。

大編隊フライトに備えて、全てのヘリのエンジンがかかります。ここの凄いところは、いっせーのせ、で全機同時に行動すること。タイミングを揃えてこのヘリもあのヘリも同期しているかのようにエンジンがかかります。凄いんだけどどう撮ればいいんだ。そのままずらーっと離陸していきます。編隊航過のために一度基地上空を離脱。
写真。




ん、なんか偉いさんを乗せた機体が移動。

と、遠方に多数機の機影が。来た来た、来ましたよ大編隊。全部で何機いるんだこれ。ヘリの航過は固定翼機より低いところを飛んでくれることが多いので、迫力あるのよね。
写真。


動画。

空挺降下はヘリから。第一空挺団の精鋭が3人、約1000mからのパラシュートジャンプを見せてくれます。片翼を抵抗にしてのスパイラルで奇麗に高度を落とすのよね。3人目の方が着地でちょっとミスったか?しかし何事も無くすぐ機体をまとめて終了。
写真。





動画。

先ほど編隊航過を見せたヘリが、順次着陸してきます。更にその間隙を縫うように、陸自迷彩の原チャリ部隊がショーセンター方面へ。ここからだと見えませんが、ハヤテジュニアですね。

更にその後、OH-1がトーイングされて行きます。燃料補給車や消防車がそれに続いて。これもここからだと駄目ですが、航空機支援車両等展示でしょう。あ、消防車の放水だけはばっちり。

動画。

ここで再び空自機の登場。F-2とF-15が編隊で進入し、イーグルがブレイク。そのまま展示飛行に移ります。陸自のイベントでええんかいなと思いつつアフターバーナーがっつりのF-15。
写真。




動画。

続いてF-2。こちらも結構派手です。えーと、エプロン上空に進入したように見えるのは気のせいですよねきっと。真上に来られると追いかけるのが辛いんですが。これって岐阜の飛実の機体ですよねえ。海洋迷彩とは違う青色の上面塗装はF-2Bの2号機ですか。もしかして写真に撮るの初めてかも。来週は築城に行くつもりにしてたけど間違えたかなあ…(百里、岐阜、築城同日開催)。
写真。





動画。

次は行動展示。ピンクのスモークを目標に、UH-1から2台の偵察バイクが出撃。
写真。


UH-60Jからはラペリング降下。
写真。

CH-47Jは無蓋の高機動車を吊り下げて登場。車両を降ろしてから着陸して、隊員を放出します。
写真。



更にUH-1がホイストで隊員を降ろし、要救助者らしき人物ごと吊り上げて状況終了。
写真。


使ってるところは見えなかったけれど、多分建物を模したのでしょうね。

動画。

OH-1の飛行展示は中止。当該機のエンジン不調と聞きましたがいささか残念。ですがまあ安全第一で、これはやむを得ず。

メインイベントは明野レインボー。こちらもOH-1の参加はありませんが、個人的にはTH-480Bのフライトを見るのは初めてなのでこれが楽しみだったりします。

まずは全6機で正面から進入。そして大きく散開。
写真。


ここでAH-64Dがターンして、急上昇して切り替えしての急降下。
写真。


次いでUH-60JAが右から入っての急旋回。


と、TH-480Bが左右と後方、三方向から進入して交差を見せます。残念ながらワンショットに三機を納め切れず。
写真。


更にAH-1S。これも急上昇から右に切って急降下。英空軍だとロールループまでやらかしてくれるんですが、そこまでは言いますまい。
写真。

もう一度コブラ。今度は少し多めに切り替えしてのターンと旋回を披露。
写真。





ここでUH-60Jが再進入(飛龍なんて呼び名があるんですね)。これも旋回や、後ろのランディングギヤのタッチとそのまま後方への離陸なんて技を見せてくれます。
写真。


さてTH-480B、3機で進入。トレイルからデルタ。そこから後方の2、3番機が上下に回り込みながら互いの位置を入れ替える何てことをしでかしてくれます。何とも小回りの利くことよ。
写真。


そして飛龍とコブラ、ヘリでの対進交差と来ましたか。3回やって、4回目は直交するコースで交差。芸達者だねえ。
写真。







TH-480Bがもう一度。今度は3機で進入してからの散開。
写真。

アパッチがまたも進入してきてがんがん振り回して見せます。ホバリングして、ガンナーのヘルメットと連動するガンの振り回しも展示。
写真。




前後席とも両手でお手振り。って、手放しでホバリングですか。

一通りの展示が終わって、各機が一列になってタキシングでご挨拶。お疲れさまでした。
写真。








動画。

午前の部はここまでで、撤収しても良いのですが昼過ぎからハヤテジュニアの展示がもう一度予定されています。午前の部では見損ねたので、こいつは見ておきたいなと。招待客用のパイプ椅子席は幸い全部畳まれてましたので、最前列でかぶりつきです。1220からの10分間。コミカルな展示飛行(?)を見させてもらいました。ナニ、ブルーインパルスJrに結構なライバル心持ってるのね、頼もしいです。
動画。

さて撤収。周辺道路は相変わらず大渋滞。この時間になって人満載でやって来る観光バスとか、それはないだろうと。同方向に向かう車両も、歩く速度と対して変わらない流れ。これはまあ、難儀な事です。

明野の駅裏の食堂で少し遅めの昼食をとって、帰路につきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿