最近の更新

最近の更新

2018/10/21 小月航空基地スウェルフェスタ2018  記事掲載。 2018/10/19 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  写真追加。 2018/10/16 平成30年度 芦屋基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2018/10/13 平成30年度 芦...

2015年10月25日日曜日

平成27年度 築城基地航空祭

F-2を擁する第6飛行隊と、F-15で編成される第304飛行隊。二つの部隊からなる第8航空団の築城基地。しかしながら、第304飛行隊は今年度中に那覇基地への移動が決まっています。今年が、ホームとしての築城基地最後の航空祭となる天狗印のイーグル部隊。その姿を見ておこうと、ここに来た訳です。

宿を0730に出て0800にはエプロン到着は上出来。昼飯のカシワ飯もちゃんと買ってます。嗚呼しかし、ドリル会場の最前列は取り損ねた。まあ万事に順調と言う訳にも行きますまい。エプロン最前列から少し下がって、オープニングフライトの開始を待ちましょう。

この基地に所属する3種類の固定翼機が航過するオープニング。T-4を先頭に、F-15とF-2のデルタ隊形。並ぶと大きさの違いが目立ちます。

一度会場を離脱して再度の航過。今度はF-15、F-2、T-4の並びでエシェロンからブレイク。

そのまま着陸かと思ったら、タッチ&ゴーを披露してくれました。なかなかサービスが良いです。



動画。

5分後には次のプログラムですが、目の前にイーグルの記念塗装機がいるのでちょっと見せてもらいます。360°周囲をぐるっと見られるように展示されているのは嬉しい気遣い。垂直尾翼に記された"Hasta la vista Monte HIKO"。「さらば英彦山」と言った意味合いでしょうか。部隊マークになっている天狗の住うと言うお山に別れを告げるマーキング。また増槽には、F-86F、F-4EJ、そしてF-15Jがシルエットで描かれています。惜別の思いを込めた隊員さんによるものでしょう。


続いての展示飛行は、防府から第12飛行教育団のT-7が4機でエシェロン。

もう一度回ってきて、今度はダイヤモンドを披露。

動画。

次いで、芦屋からT-4がやはり4機でエシェロン。

ダーティ形態でのダイヤモンド。

クリーンでのダイヤモンド隊形ハイスピードパス。

動画。

ここで、エンジンを暖めたイーグルが次々と滑走路から空へ。マスフライトに備えて9機が離陸します。







筑波のガマガエルを垂直尾翼に描いた伝統の301飛行隊、ファントムが飛来。今となっては貴重なF-4が機動飛行を展示します。ちょっと高いかな。まあご老体に無理をさせてはいけません。この機体は整備も大変だと聞いています。それでもがっつり背中を見せてくれたり、艦載機らしくフックまで下げた形態でのローパス、水平360等々結構な回数のパスをしてくれました。




動画。

ここで最初のマスフライト。9機のF-15による密集ダイヤモンド。機体が大きいだけに、「みっちり」と言った雰囲気です。ファインダいっぱいの編隊は迫力あります。

動画、離陸から最後まで。

第6飛行隊、海洋迷彩のF-2が離陸。1機ずつ2機、そして2機での編隊離陸。4機でエプロン上空を航過してブレイクすると、2編隊に分かれてのAGGを開始。入れ替わり立ち替わりでの対地攻撃、うっかりすると進入を見逃してしまいそうです。でかいタンクを2本もぶら下げているとは思えない飛びっぷり。良いですなあ。

編隊からのTACデパーチャ。

4機のエシェロンで進入、ブレイク。

ここからがんがんぶちかまします。





動画。

次は再びのF-15マスフライト。今度は8機で漢字の「八」を模した編隊。間隔の取り方が絶妙です。

そして天狗のイーグルが単機でテイクオフ。そのまま機動飛行を展示。雲ひとつない蒼空を背景にでかい機体を振り回してのフライトでした。





動画。

午前のプログラム最後は、マスフライト3本目。8機でのエシェロンです。4機くらいなら目にする機会はありますが、この機数では珍しい。奇麗に揃った直線、お見事です。上空で先頭からブレイクし、ぐるーっと旋回して着陸。お疲れさまでした。


さて、買い込んでいたカシワ飯でお昼ご飯。駅弁系は普段通りのお値段なので、こういう屋台で買う時は割高感がなくて良いです。これは美味いし。

トイレに行ってから、格納庫の展示機を眺めたり装備品を見て回ったり。
「緊急エンジン停止操作時」
F-2用ドラッグシュート。
 チャフとかフレアの弾倉。外寸ほぼ同等に見えますが、ちょっと違うのね。
F-2の兵装。
訓練用ディスペンサー。
 各種誘導弾など。

ん、何かやってますよ。F-15のエンジン降ろすんですか。それは是非見せてもらいましょう。マウントを外して専用の架台に載せて人力で(!)後ろにスライドさせるところまで。そうか、最後はマンパワーなんだ。


動画。

警備犬のベル君。子供たちに大人気で触られまくりでした。ちゃんと大人しくしてました、えらいえらい。翌々月に救助犬の試験を受けるそうです。現時点で救助犬の資格持ってる自衛隊の警備犬は呉にしかいないと聞いているので、活動範囲を広げるための一環でしょうか。

VADS。一枚に納めるのが難しいのですが、「築城基地航空祭2015」。

この消防車はオーストリア、ローゼンバウアー社製。

YS-11。
海自からP-3C。

F-15列線。

ブルーも、何とか一枚。

見慣れないのがいると思ったら、マリンコさんですか。聞いたところ、米軍さんに地上展示への協力を依頼したらこれが来たと。C-12、連絡・輸送機。

チヌークさん。

T-400。美保から。

陸自からOH-1。

同じくUH-1。

芦屋からの赤イルカ。ちゃんと地元航空祭のロゴ入り。

ペトリオット部隊は50周年記念ですか。

さて午後の展示はブルーインパルスから。珍しいねえ、トリを務めないのは。その方が帰りが分散するからありがたいのは確かだけど。4機の編隊離陸に始まって、きっちり一区分を演じてくれました。
ダーティターン。
2機のソロ機の離陸。
ファンブレイク。
フォーポイントロール。
チェンジオーバーターン。


インバーテッド&コンティニュアスロール。
スローロール。
 チェンジオーバーループ。

レターエイト。


 オポジットコンティニュアスロール。
バーティカルキューピッド。
ラインアブレストロール。
ワイドトゥデルタループ。
デルタロール。

デルタループ。
ボントンロール。ちょっとはみだした。
バーティカルエイト。
上方開花に続いて。
スタークロス。
タッククロス。
 ローリングコンバットピッチ。
コークスクリュー、終盤。

動画。

あ、ブルーが終わると何だか人がぞろぞろ帰り始めます。いやまだまだこれからですよー。こっからが本番ですよー。とは敢えて言わないけど。次が第6飛行隊のF-2機動飛行。低高度ではF-15をしのぐとされている機体です。しかもAGGとは違ってタンクレスの身軽な姿。良いねー、軽快にパワフルに。
Pさんお手振り。
離陸直後の急上昇から。





動画。

そして最後を締めるのは、第304飛行隊のF-15による機動飛行。天狗のイーグルが築城での航空祭、最後の飛行展示です。もうね、何も言うことはありません。
やっぱり離陸前のお手振り。
地上を離れるとこの高度でハイレート。






お疲れさまでした。

動画。

さて撤収。車はホテルに置かせてもらっているので、そこまで戻ってから自走、それほど遅くならずに帰宅出来ました。うん、良い航空祭であった。

ちなみにこの日の築城基地の入場者は5万人。百里は4万9千人、岐阜が6万人であったとのこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿