最近の更新

最近の更新

2018/10/21 小月航空基地スウェルフェスタ2018  記事掲載。 2018/10/19 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  写真追加。 2018/10/16 平成30年度 芦屋基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2018/10/13 平成30年度 芦...

2018年6月17日日曜日

the Finnish Air Force 100th Anniversary Airshow 二日目

二日目の朝も昨日とほぼ同じ時刻に出発。ただし空港に一度クルマを回して某T氏と某U氏を降ろし、某O氏のプレスの腕章確保をまず実施。ついでにプログラムのプリントアウトがあったので撮影しておきます。その上でプレスの駐車場にクルマを停めて、昨日出たゲート4から入れるかな?前を歩いてる家族連れも入っていったから大丈夫かな?うん、ちゃんと入れました。

朝の光線で撮れる地上展示をつらつらと。水も水道水を供給してくれているので空きボトルがあれば詰め放題。屋台で売ってるソフトクリームを味わってみたり。濃厚な味わいでいけますな。

企業ブース、昨日と違うグッズを配布しているところを回ってみたり(ボーイングのトートバッグとかペーパーウェイトとか)、英空軍のタイフーンデモチームのパンフはちゃんと飛行展示の科目が記載されてて助かるなあとか、タイミングが合わずでグリペンのキャップを入手し損ねたとか。

昨日目をつけていたスタンドに向かいます。最前列にほぼ近いので最上段を確保できれば撮影には最適でないかな。まだほとんど人がいないので大丈夫。午前中は昨日同様、オートジャイロとかラジコンのジェットとか複葉機のアクロチームとか。のんびりと見物。

某O氏と交代で昼飯。ケバブにも惹かれましたが、ローカルフィッシュだよと言われた小魚の揚げたの山盛りに野菜もりもりのプレートを選択。ああ、ビールが欲しくなる。

整地用の車両が複数台、念入りに滑走路を馴らしています。昨日の終了間際にミッドナイトホークスの機体がタイヤバーストしてしまいましたから、それを受けての事でしょうか。

パラシュート降下から、オープニングスタート。
動画。

予定されている科目は前日と一緒、のはず。赤白ホーク奇麗だよねとか思ってたら。
動画。

あれ、グリペン上るの?いきなりのソロディスプレイです。あー、フレアも撒いてくれるから良いねえ。着陸してから、お得意の滑走路上での信地旋回も見せてくれました。
動画。

続いてこちらもプログラムにはないホーネット。どちらも昨日キャンセルされた分の埋め合わせでしょうか。ありがたいですねえこの柔軟さ。んでまあ何ですかこの飛びっぷりは。ライノには負けねえぞとでも言いたげな派手な振り回し。もちろんフレアも要所要所で惜しみなく。いやそれ、撮る方は大変なんですいつぶちまけるのか分からなくて。
動画。

その後はプログラム通り、です。いや昨日同様ならMiG-15はキャンセルかな。
12:35 Fokker D.VII
12:45 Stieglitz
12:55 Viima
13:03 Gloster Gauntlet
13:25 Saab 91D Safir, Woikosken Safir and Valmet L-70 Vinka
14:20 Fouga Magister CM.170 couple + solo
14:45 MiG-15
14:55 Saab J35 Draken
15:05 Border Guard AW 119 Ke Koala
15:10 Armed forces NH90
15:30 Army Hughes MD500
15:40 Valmet L-70 Vinka solo
15:50 Pilatus PC-12 NG
15:55 Midnight Hawks Showcase + Hawk Solo
16:50 Hawk and F/A-18 C/D Hornet Performance Comparison and Air Combat
17:10 Boeing EA-18G Growler
17:20 Dassault Rafale Dynamic Duo
17:30 Eurofighter Typhoon
17:40 Saab JAS 39 Gripen C
17:50 F/A-18 C/D Hornet solo
18:05 Final decision

フォッカーにしてもシュティーグリッツにしてもヴィーマにしても、当時の複葉の戦闘機って実に小さな旋回半径でクルクル回りますねえ。なるほどこれなら格闘戦が文字通りの近接戦闘で、Dog Fightと言われたまさにそのままだったんだなあと思われます。
フォッカーの動画。

銀色のDC-3がこの日も何度か離陸しては着陸してくれます。

Saab 91D SafirとWoikosken SafirとValmet L-70 Vinka、三機種の編隊飛行があって、次はFuga。もう現役で運用してる国はないはずです。つまり飛べるところを見られるのは貴重な機会。
動画。

MiG-15はやっぱりキャンセルの模様。

そしてドラケン。エリア88の3巻で出てきた機体です。昨日に引き続いて元気なフライトを披露してくれます。飛んでる姿をみられる事があろうとは。はるばるフィンランドまで来た甲斐があったなあ(日本からは意外に近いけど)。
動画。

次は国境警備隊の放水展示。バケツからばしゃー。その後若干の展示飛行。
動画。

陸軍のNH90、今日は初っぱなの豪快なフレア散布に備えていたので何とかフレームに納める事が出来ました。
動画。

MD500、wikipediaによれば陸軍が8機運用しているそうです。昨日同様、ドアなしの形態で軽快なフライトを展示。

Pilatus PC-12 NG、単発のビジネス機ですが連絡機にでも使ってたのかしら。既にPiper Chieftainによって代替されたそうです。

そしてミッドナイトホークス+ホークソロ。まずは4機編隊で離陸して編隊航過。その間にソロ機が離陸準備をしています。昨日はこれに気がつきませんでした。4機が滑走路上をパスするのに合わせて離陸。コークスクリューやクロスで編隊+ソロの演技を披露します。

ミッドナイトホークスが終ると、帰る人もぼちぼち。展示飛行はまだ続きますが、流石に長丁場ですしね。

またDC3がお出まししたり赤白ホークが離陸したり。あ、ドラケンも上った。今日帰っちゃうのね。

さてお次はホークとホーネットの絡み。組み合わせを2編隊で、性能比較と模擬空戦。これも、2機の絡むところを撮りたいんだけど難しいねえ。

そしてグラウラー。ホーネットはレガホもスパホも何回かデモを見ていますが、グラウラーとなるとちょっと珍しい。てか、ボーイングさんなんでこれ持って来たんだろう?

ラファールのダイナミックデュオは、個別の離陸。かなり短い滑走で地上を離れてがっつりハイレートを見せてくれます。身軽だよなあ。2機の絡む瞬間になると焦ってブレちゃうとか、腕のなさがとても痛い。

そしてタイフーン。色々言われてますがフライトは見応えたっぷりの機体です。

欧州の烏賊さん三羽ガラスの最後はグリペン。午前のフライトに続いて飛んでくれます。離陸直後に脚を出したまま右にぐいっと捻って素敵な角度を見せつけるフライト、鮮やかです。

あ、ミッドナイトホークスが4機で上ります。続いてホーネットも。更にもう一機上ったホーネットが、ソロでの展示飛行。レガホって、アクロバティックなフライトではスパホ並かそれ以上に飛んでもない動き方見せるよなあ。しかもここでは遠慮会釈なしにフレアもばらまいてくれるので見てて楽しいったら。

正面からさっき上がったミッドナイトホークスとホーネットが進入。正面でブレイク!って写真間に合わず、情けなや。真ん中で上昇したホーネットがフレアぶちまけるところだけは押さえましたが、無念。

全機着陸して、終了。さて撤収です。
ゲートに向けててくてく歩いている途中で、牽引されるグリペンに遭遇。
動画。

4人集合してクルマを出して、あら昨日と違って結構な渋滞。それも駐車場からの合流までで、流れ出した道路を走って途中のサービスエリアで最後の晩餐。メニューのフィンランド語が分からんかったけれど英語を話せるおねーさんに助けてもらって何とか注文を済ませます。サラダとソフトドリンクはついてるのね。サラダ美味しい、コーヒーも意外と言っては何ですがちゃんと美味しい。子供用の食器としてムーミン柄のお皿はフォークなんかが用意されてるのがこのお国らしくて素敵。

さて明日は帰国です(帰れませんでした)。

0 件のコメント:

コメントを投稿