最近の更新

最近の更新

2018/10/21 小月航空基地スウェルフェスタ2018  記事掲載。 2018/10/19 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  写真追加。 2018/10/16 平成30年度 芦屋基地航空祭  記事掲載、動画追加。 2018/10/13 平成30年度 芦...

2017年5月28日日曜日

美保基地 2017航空祭

ブルーインパルスが来る、C-1の退役も近い、C-2が飛ぶらしい、そしてYS-11のラストフライト。どうにも話題になる内容が多過ぎる今年の美保基地航空祭。それでもそんなに焦らずマイペースで宿をでたのは6時過ぎ。第4ゲートに着いたのが0630頃ですが、ここは意外に車列が短い。並んで待っていると、地元バス会社の車両が続々と基地内に入っていきます。駐車場からエリア内へのシャトルバスですな。

0648に車列が動き出しました。どうやらゲートが開いたようです。車を停めて取り敢えずトイレで用を足して、手荷物検査場の列に並びます。それで先頭から5人目くらいって、なんだか随分前にいるのね。なんでだろう。

滑走路を挟んで向こうにエプロンが見えます。

あ、C-2がいる。

0712にバスが来ましたが、まだしばらくは待機。しばらくするとアナウンスがあって、手荷物検査開始は0745の予定。その後バスのチケットを買ってから乗って、ただしバスが動き出すのは基地から案内が出てからなのでそれまで車内で待ってくださいと。実際にバスに乗り込んだのが0748で、動き出したのが0755ですからそれほど待たされずに済みました。

今日は美保らしくなく(?)好天で気温も30℃近くまで上がりそうです。朝から暑いよなとつい氷を買ってみたり。昼飯用に駅弁の屋台でカニ飯を買い混んでエプロンへ移動。ここではファンシードリルとレッドクラブも逃したくないのでそちらの展示エリアに腰を据える事にしましょう。離着陸とタッチ&ゴー以外は、上ってしまえばここでも充分。いや、南から順光でと言う選択もあるのですが、基地内の雰囲気も好きなのです。

オープニングフライトに備えてC-1×2機、YS-11、そしてC-2×2機が離陸。あれ、T-400は先に上ってるのかな。
写真。



動画。

基地司令のご挨拶。

オープニングフライトは、先頭にT-400、左にYS-11、右にC-1、そこから少し離れてC-2の編隊航過。この機体が編隊を組んでの展示飛行は最初で最後。しっかり見ておきましょう。
写真。

動画。

T-400がもう一機上って、計3機で展示飛行を披露します。2機の編隊とソロで交互に。これも美保でしか見られない展示です。白い機体、奇麗ですなあ。
写真。





動画。

C-1が2機とYS-11が交互にフライトを見せます。C-1の輸送機と思えない飛びっぷりもさることながら、これで引退と思えないようなYSの元気なフライト。ダートエンジンを響かせて縦横無尽に美保の青い空を駆けってくれました。
写真。











物資投下。



空挺降下。




これだけ近接しての降下ができるのか。



動画、C-1。

YS-11。

C-2も2機で展示飛行。あれ、もしかしてC-2が飛ぶのを見るのは初めてじゃないか?しかも2機ですと。プログラムはには第3輸送航空隊所属機のフライトとしかなかったので、C-2が飛ぶのかどうかは予行を見た人の話を聞くまで分からなかったんですよね。いやあ、既に結構派手な飛びっぷりじゃないですか。最後は着陸後にリバースタクシーまでやらかしてくれました。お見事。
写真。
大山を背景に進入。




タッチ&ゴー。




動画。

美保基地には海上保安庁の第八管区海上保安本部の航空基地としての機能もあり、そこに所属する救難ヘリ、アグスタAW139が救難展示を実施。「海猿」で有名になった海難救助のプロフェッショナル。
写真。








動画。

この日唯一の戦闘機機動飛行は、築城からF-2が飛来。先週の防府に比べるとちょっとあっさり目かな。それでも流石の轟音を響かせて、青い海洋迷彩の機体を振り回してくれました。
写真。



動画。

お待ちかねの航空学生によるファンシードリル。先週とはちょっと角度を変えて見せてもらいます。あ、この陽気で冬服は辛くないのか学生諸君。防府では午後は夏服だったけど、まだ全部それで通す訳では無いのですね。
動画。

引き続いては高尾山レッドクラブ。あれ、今年は紅図猥子さんの司会では無いのね。使う機体が今年から更新されて、後部に回転灯を備えた新型機での展示飛行でした。
写真。

動画。

レッドクラブが終る頃には既にブルーインパルスのウォークダウンが始まってます。ちょっと忙しいのですがバスで南へ移動。ここからは帰りの事も考えて駐車場から見る事にします。結構ぎりぎりで、バスを降りる前にブルーの機体がタキシングを始めてました。

それでもバスを降りて撮影に備えるくらいの時間は何とか。一部省略はありましたが、この好天下なら文句なしの文句なしの一区分。ごちそうさまでした。
写真。
















動画。

皆さん、ここから帰り始めますがいやいやまだまだ。ここで退役するYS-11の最終展示飛行があります。式典を見るならエプロンに残っていた方が良かったのですが、ここは割り切ってフライトだけを。離陸して大きく旋回、そして正面からの進入でウイングウォーク。これが最後の展示となりました。お疲れさま、翌日は小牧に移動して、秋から博物館に展示される予定だそうです。
写真。



動画。

帰りは基地周辺に混雑がありましたが、大根島まで来るとスムーズに流れて4時間ほどで帰宅。この日の来場者は約4万人だそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿