最近の更新

最近の更新

2018/10/13 平成30年度 芦屋基地航空祭事前見学会フライト  記事掲載、動画追加。 2018/10/07 ブルーインパルス展示飛行 山口ゆめ花博  写真追加。 2018/10/07 ブルーインパルス展示飛行 山口ゆめ花博 前日経路確認フライト  写真追加。 20...

2014年5月2日金曜日

Mach Loop Spur (英国六日目)

(Mach Loopへの行き方などはこちらの記事を参照下さい。)

昨日は雨で坊主。今日は天候も回復したので、ゴスポートの潜水艦博物館に行く予定を変更して午前中だけでもリベンジを試みる。車でさくっと上がれるCad East に上がるべきか、まだ行ったことのないSpur に挑戦するか。思案の揚げ句、歩くけれどそれほど高度差のない後者にしようかと。

パーキングはBWLCH とBluebell の中間。ちょっと狭いけれどそれほどポピュラーではないので他に車両はなし。ちなみにこの時間、BWLCHは既にいっぱいでした。

ここも上がるルートは2本。斜めに上がってから斜面をトラバースするか、低いところを水平に移動して一気に最後に上がるか。前者を選択しましたが、上がるのはともかく斜面を水平移動するのは結構しんどいです。足首が、ふくらはぎが悲鳴をあげそう。目的のポジション到達までざっと25分。

左方向、Bluebell を巻いて左旋回で進入する機体を正面から見られそうです。そのまま右旋回すれば背中を。そこからBWLCH へ進む後ろ姿を拝めるか。機材を準備して座り込み。さてどうなりますか。
BWLCH側。

Bluebell側。


時折受信機に入感があり、上空で飛んでる音も聞こえます。が、一向に来ませんねえ。日が射す時もあるけれど風は冷たい。しかし雨具を着込むほどでも無いかなあと。でもちょっと指先にしびれが来るくらいの寒さ。

結局この日も前日に引き続き坊主。昼時に買ってきたサンドイッチお腹に納めて撤収です。ポイントから直接下って、道路脇のフェンスの内側を駐車スペースまで移動。上だと沢の部分は回避できたのですが、この高さだと沢を直接越えなきゃならないのがちょっと面倒。それでも20分足らずで車に戻れました。防寒具その他を仕舞って、預け入れ荷物と持ち込み荷物を整理し直して空港へ移動開始。今年のMach Loopはちょっとばかり消化不良でしたが、その分来年以降に期待して。

2 件のコメント:

  1. やっそ様
    はじめまして、てつてつと申します。マッハループの記事非常に素晴らしいと思い、私もここ数年行くチャンスを伺っておりますが、まだ行けておりません^^;
    もし可能でしたら、ヒースローからの移動や宿泊する場所、レンタカーの情報などなどお教えいただけませんでしょうか。
    またレンズは何mm位をみなさんお使いなのでしょうか?
    お手数をおかけいたしますが、ご返信頂けたら幸いです。宜しくお願いいたします。

    返信削除
  2. てつてつ様

    その内まとめようかと思ってますが、取り敢えず。
    ヒースローから私はレンタカーで行っています。
    ざっと200マイル、4時間半ほどの行程。
    レンタカーでナビをオプションで借りる事も出来ますが、私はiPad miniにナビアプリをインストールして使っています。
    事前にポイントを入力しておけるので。
    レンタカーはヒースロー空港周辺にいっぱいありますので事前にwebで予約可能です。
    http://www.arguscarhire.com
    ここで予約すると安いですが、どのレンタカー会社に当たるか分かりません。
    HertzやAvis等の大手で予約した方が安心かもしれません。
    詳細はそれぞれのレンタカー会社のサイトでどうぞ。
    宿泊は、google map で近くのホテルを検索して、適当に決めています。
    昨年はバーマス(現地まで車で30分ほど)、今年はドルゲラウ(同10分ほど)に泊まりました。
    もっと近くにもホテルはあるようですが、近くに買い物出来る店があるか、食事出来るところはあるかなど確認要です。
    私の持参したレンズは長いのが60-250のズームと480mm単焦点(Borg)です。
    接近する機影の正面は長い方が有利ですが、最接近したときは長すぎると不便です。
    以下のサイトに撮影ポイントごとの解説があるのでご参考まで。
    http://www.aircanon.co.uk/themachloop

    返信削除